積み立て・口座・貯金

家計の予算が余った時、お金は繰り越す?口座にお金を移す?

通帳、口座管理

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

予算が余った時の現金ですが、いまいち扱い方に困ってしまっていて、封筒にお金が入ったままの状態になりがちです。

一応、余剰金などは特別費の口座から引き出すのが面倒だから、余剰金を特別費に回して使ったりするかたちをとってますが、その場合は何か家計簿などに記載した方が良いですか?

予算が余った時の積立などの記載の仕方改めて教えて下さい。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計の予算が余った時」についてですね。

家計の予算の余りとは?

家計簿をつけていると、予算が余るということがあります。

毎月やりくりをし終わった後のお金の余り。
封筒積立をしたお金を使ったあとのおつり。

このようなものが家計の予算の余りとしてお財布の中やおうちのお金の保管場所に残ることがあります。

このようなお金をどのように処理するか?ということが今回のご質問内容かと思います。

家計の予算が余った時はどうする?

家計の予算が余った時の対応としてはいくつか考えられます。

まず、毎月やりくりをし終わった後のお金の余りについて考えてみましょう。

毎月やりくりをし終わった後のお金の余りは単純に貯金用口座や特別費口座などに入金しておくなど、お金を口座に移動してしまうのがオススメです。

口座に移すだけですので、家計簿の残高は減らしますが、支出として何も書く必要はありません。

よく赤字になる…という場合は、赤字用封筒を1つ作っておき、積立金の余りを赤字用封筒に積み立てておくと、何か急な出費の時に助かりますよ!

もちろん、やりくりをして余ったお金が大した金額でない時はそのまま繰り越して次月の残高に含めるのもOKです。

封筒積立の余りはどうする?

例えば毎月固定資産税を月1万円ずつ封筒に積み立てている。
積み立てた時に支出として記入している。

このような場合は、余りのお金は家計に戻すと計算が狂うことがあるので、家計管理外の貯金箱に入れたり、他の積み立て封筒に移してしまうのがオススメです。

この場合も、すでに支出としてつけたお金ですので、お金を移しても家計簿上何も書く必要はありません。

通常の家計簿ですと色々書くことを考えがちですが、あきの家計簿ではいかに書かないかを考えることで「家計簿の時短化」をはかります。

まとめ

・余ったお金は、口座に戻すか家計管理外にしてしまうと、家計簿に何も書かなくて済むのでラクです。

家計簿にいろいろと書くことを考えてしまうと管理が複雑になりやすいので、書かなくていいところは書かずに管理すると時短になりますね!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓積み立て・口座・貯金に関するご質問のまとめはこちら
積み立て・口座・貯金のご質問(まとめ)

お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。

・お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください