ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収600万円以上の家計

【手取り年収700万円台の家計簿公開】毎月黒字にしようと思うと苦しいのですが?

家計診断

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

あきさん

はじめまして。
思い切ってご相談させていただきます。

●家族構成●
夫(43)、妻(42)、子(小1)

1、収入(税抜き)
夫 年間755万円
妻 年間30万円
手当 年間6万円

合計 年間791万円

2、銀行支出
住宅ローン 年間120万円
管理費等  年間37万円
生命保険料 年間28万円
積立年金  年間60万円
学資積立  年間66万円←30万(年払い)と18万×2(半年払い)
固定資産税 年間11万円

電気代 年間12万円
ガス代 年間12万円
水道代 年間7万円
電話ネットCS放送 年間22万円
新聞代 年間4.8万円
給食費 年間6万円
子ども習い事や合宿 年間30万円
妻イデコ+投資信託 年間20万円
夫定期代 年間18万円
浄水器メンテ代 年間4万円

合計約 450 万円

3、現金支出
食費 年間72万円(月6万円)
日用品 年間12万円(月1万円)
夫小遣い 年間70万円(月5万+ボーナス10万)
妻小遣い 年間24万円
娯楽費  年間40万円(帰省含む)
特別費 年間50万円

合計約 270 万円

ざっとこんな感じになります。
恐らく抜けも多く、、申し訳ございません。

夫の収入(年俸制)は給与に比べてボーナスの割合が高いと感じます。
そのため、給与でやりくりしようと思うと月々赤字になってしまいます。
それをボーナスで補填するような形で、いつもキュウキュウに感じます。

長年どんぶり勘定でやってきたため、
子どもが生まれたと同時に年間120万は強制的に
貯金するようにしています。
昨年度まで子どもの幼稚園代金(年間60万)や私の歯科治療等
随分かかっていました。
これから立て直したいところです!

車は持っていません。

手取り月収は約38万円ですが
賞与が約260万円を年4回に分けて支給されます。

今回ご相談するにあたって1か月家計簿を利用させていただき、年間の収支を付けたのも初めてで、新しい視点を見つけた気がします。

できれば、給与だけでやりくりして賞与は大口の貯金や楽しみのためにとって置きたいのですが、どうしても毎月赤字になってしまいます。

自分の頭が固くなっている気もしますし、、、改善点など教えていただければ幸いです。

あきさんの家計簿のつけ方やメリハリの考え方等、とても参考になります!!
有難うございました。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。ブログへのご訪問もありがとうございます!

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入791万円
支出720万円

収支は年間約71万円の黒字の予定ということですね。


積立年金  年間60万円
学資積立  年間66万円←30万(年払い)と18万×2(半年払い)
妻イデコ+投資信託 年間20万円

こちらがありますので、貯蓄としては年間217万円あります。


生命保険料 年間28万円

もしかすると、こちらも掛け捨てだけにしては高いので、貯蓄性があるかもしれません。

気になるところは?

質問者様の家計は、全体的にかなりの貯蓄重視型と言えます。

生命保険、学資保険、年金、投資信託にさらに現金での貯金とかなりの金額を将来のために備えています。

それでもまだ月の赤字を解消するために節約しなくては…と考えている。

数字上は年間200万円以上の貯蓄をしていても、まだ家計を立て直さなくてはいけないと考えている。

おそらく、「お金にたいしてとても慎重なタイプ」なのでしょう。

ただし、ものすごくケチか?というと、それほどケチというほどではありません。

食費、日用品などの支出もある程度の金額がしっかり割けている点は素晴らしいと思います。

また、ご主人の小遣いも極端に少なくない、お子さんの習い事にもお金をかけているなど、全体のバランスをとるのも上手です。

収入が高いのにも関わらず、車もなく、お子さんも1人とお金のかかるような条件が少ない点も貯蓄をするには大きなメリットといえます。

どんぶり勘定だった…ということですが、どんぶり勘定でここまで上手に配分できるのは、充分にやりくりが上手な方のだと感じます。

ただ、気になるのは、特別費の内訳です。

特別費 年間50万円

と特別費の費用がありますが、こちらの費用にお楽しみにかける費用は含まれていますか?

もしもこの内訳が積立だけで、旅行などお楽しみはほとんどない…というような家計の場合は、ややケチと言えますが、こちらの支出がしっかりお楽しみにも配分されているようでしたら、全体的なバランスもとても素晴らしい家計と言えます。

それから、使ってはいけないお金と、使ってもいいお金は分けていますか?

数字上は年間217万円の黒字となりますが、”給与だけでやりくりして賞与は大口の貯金や楽しみのためにとって置きたい”ということなので、もしかしたら、この黒字から旅行などのお金を出している?という可能性もあります。

その場合は、年間217万円黒字があるように見えますが、実際は何かに使っていて、あまり貯金額が増えていないというような「見せかけだけの黒字」である可能性があります。

その辺が今回の内容からは読み取り切れません。

まず確認したいこと

質問者様の家計で、まず最初に確認してほしいのは、「累計の貯蓄額がいくらか?」ということです。

数字上年間200万円以上の貯蓄があれば、約5年で1000万円以上になります。

お子さんが小1なので、6歳と考えても、結婚されてから6年以上経過しているので、年間200万円以上の貯蓄ができていれば、1000万円以上貯まっているはずです。

現金では1000万円とまではいかないかもしれませんが、積立や学資や投資信託も含めるともしかしたらそれ以上あるかもしれません。

その場合は、きちんと貯蓄をそのまま残せているので全く問題ありません。

しかし、もしも年間200万円以上の貯蓄をしているつもりでも、残っている現金が400万円にも満たないという場合は、特別費の見積もりがかなり甘いと言えます。

なぜなら、貯まったと思ったら何らかの支出に使っていることになるからです。

抜けやモレがあるということなので、その支出の金額が大きい可能性もあります。

まずその点をはっきりと確認してみるといいでしょう。

月の支出を見直そう!

月の収入は38万円ということですが、その月の収入だけでやりくりしようと思うと、年間で456万円以下の支出にしなくていけません。

この支出の範囲内にどこまでの支出を含めるか?ということを考えていきましょう。

質問者様の家計で毎月必要になりそうな支出は以下の通りです。

住宅ローン 年間120万円
管理費等  年間37万円
生命保険料 年間28万円
電気代 年間12万円
ガス代 年間12万円
水道代 年間7万円
電話ネットCS放送 年間22万円
新聞代 年間4.8万円
給食費 年間6万円
子ども習い事や合宿 年間30万円
夫定期代 年間18万円
食費 年間72万円(月6万円)
日用品 年間12万円(月1万円)
夫小遣い 年間60万円(ボーナス10万を除く)
妻小遣い 年間24万円
娯楽費  年間40万円(帰省含む)
年間504.8万円(月42万円)

生命保険は貯蓄性があれば貯蓄になりますが、いったんここでは支出として計上してみましょう。

また、これ以外の支出は、月収の範囲に含めてやりくりしようと思うと、かなり無理のある家計設計になるので、ボーナスから出した方が家計も分かりやすくなると思います。

ひとまずこれらの支出を月収の範囲内にするのであれば、月4万円ほど支出を削減する必要があります。

住宅ローン 年間120万円
管理費等  年間37万円
生命保険料 年間28万円
電気代 年間12万円→7万円
ガス代 年間12万円→6万円
水道代 年間7万円→6万円
電話ネットCS放送 年間22万円→6万円
新聞代 年間4.8万円
給食費 年間6万円
子ども習い事や合宿 年間30万円
夫定期代 年間18万円
食費 年間72万円(月6万円)→66万円(月5万5千円)
日用品 年間12万円(月1万円)→10万円(月8千円)
夫小遣い 年間60万円(ボーナス10万を除く)
妻小遣い 年間24万円→18万円
娯楽費  年間40万円(帰省含む)→33万円(月2.75万円)
年間504.8万円(月42万円)→約456万円(月38万円)

ここまでの支出をこれくらいの範囲で収められると、ケチケチしすぎず、締めるところを締められる家計になります。

ただ実際には、これはこんなに減らせないなどがあると思います。できないところはゆるめ、できるところはもう少し厳しくなど、ご自分で調節は自由にしてください。

ここまでの支出を毎月これくらいで収められるようになると、ボーナスなどを補てんせずに月単位で黒字がでてくるようになります。

これ以外の支出はボーナスや手当から上手く配分しましょう。

年間収入が791万円ですので、上記の支出456万円をひくと、のこりは335万円となります。

特別費 年間50万円
浄水器メンテ代 年間4万円
学資積立  年間66万円
固定資産税 年間11万円
積立年金  年間60万円
夫小遣い 年間10万円(ボーナス分)
妻イデコ+投資信託 年間20万円
旅行などお楽しみ費に追加 年間0万円→年間14万円
現金での貯金 年間65.2万円→約100万円

(いただいていた計算内容が一部合わないところがありそうなのですが、多少なので気にせずに進めています)

現金での貯金をふやしましたが、月の支出を節約したのでその分お楽しみの費用を年間14万円追加しています。

現金での貯金100万円+学資積立、積立年金、イデコ、投資信託で合計年間246万円の貯蓄
ができます。

ボーナス分の260万円をどうしても残したいのであれば、追加したお楽しみ費用を削れば丁度年間260万円の貯蓄になります。

ただ、そこまでして貯蓄重視にしないといけないほど困っているか?ということと合わせてご検討いただければと思います。

年間での貯蓄額が大きいので、もう少し投資に回してもいいのでは?とも思いますが、そこはお好みでご判断ください。

ちなみにこの配分にできれば、月単位でも黒字(トントン)、ボーナスはほぼ全額貯蓄にできます。月単位がトントンなるので、ボーナスなどで補てんを考える必要がなくなり、やりくりもかなり簡単になると思います。

支出のモレがあるようでしたら現金分の貯金を減らすなど、自由に変更してください。

実際にはできるできないなどがあると思いますので、あくまで参考としてご検討くださいね!

まとめ

・月単位で赤字の場合は、本来「年単位で考えたい支出」まで月単位で考えている可能性があります

家計簿のご利用ありがとうございます!質問者様の家計は、黒字を出しやすい家計ですのであとは月単位と年単位で配分を整えると随分やりくりが簡単になると思います。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから
手取り年収600万円台以上の家計のまとめ

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。

・お問い合わせ

★皆様が本当に結果の出せる!ブログを目指しています。結果でお返しできるようにできる限り頑張ります(すべての方に結果を保証しているわけではありません)★

POSTED COMMENT

  1. くりこ より:

    あきさん

    このたびは大変お世話になりました。

    お忙しい中、貴重なアドバイスいただいたことに
    感謝しております。
    お盆の帰省などでお返事が遅くなりまして
    申し訳ございませんでした。

    大きな視点でとても分かりやすく教えていただけたので
    頭が整理できました。

    やりくり上手と言っていただけて
    嬉しくなりました!

    ただ、仰る通り、貯まっても使ってしまうことも多々…
    「見せかけの黒字」という言葉にその通りなんです(笑)
    保険や積立などの多くが満期まで手が付けられないので、
    手元の貯金がなかなか増えている実感がないことで、
    「貯金しなきゃ」という変な
    焦りもあったりして。

    月単位と年単位の支出をもう一度冷静に見直し、
    毎月のやり繰りを簡単にしていきたいと思います。

    今回のアドバイス、大きく役立てます!
    本当にどうも有難うございました!

    今後とも陰ながら応援しております。

    • あき より:

      くりこさんコメントありがとうございます!
      くりこさんは基本的にはよく家計を考えていらっしゃると思うので、
      あとは見せかけだけの黒字を本当の黒字に変えていくことですね^^
      だいたいこのパターンの方は、貯蓄と特別費を分けていない方が多いので、
      特別費の見積もりをもう少し頑張るとより安定した家計になると思います♡

      こちらこそこれからも応援させていただきます!ありがとうございます♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください