家計簿のつけ方

貯金は支出?家計簿のつけ方が分からないのですが…

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

ボーナスが入った月の年間の家計簿の付け方がイマイチ分かりません。

我が家はボーナスを…

1、半分を貯金へ
2、30,000円程を次の引っ越し又はアパート更新料の為の貯蓄へ
3、残りは毎月の生活費、引き落しの口座へ(ボーナスが入る口座です)

1、2は年間の家計簿のどこかに支出として記入した方が良いでしょうか?

どこにも記入しないで年間の家計簿の貯金の欄が増えると、現金支出の合計がよく分からないことになります。去年1年やってみて年間の収支がよく分からないことに…

年間50万円貯金しましたが、収支は約30万。この収支はどういうことですか?

プラスの収支分はそれだけ貯金出来たということになるのですか?

年間の家計簿の特別費などの欄に「貯金へ30万」などと記入しないと、最終的な合計収支が合わない様な気がして気持ちが悪いです。
でも、貯金した分を全て支出として記入すると、合計収支は0にならないとおかしいですよね?

とりあえず計算違いや、誤差はあっても貯金は出来ていれば大丈夫ってことで良いでしょうか?

分かりにくい質問で申し訳ありませんm(_ _)m

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「貯金をした時の家計簿のつけ方」についてですね。

貯金をした時

貯金は家計簿では支出としてつけるべきなのか分からないということがありますよね。

結論からお伝えすると、貯蓄や積立は支出としてつけるけれど、貯金は支出としてつける必要はないということです。

また、お金を口座に移しただけの時も支出としてつける必要はありません。

もちろんこれは、私の考えですので、どうしても貯金も支出としてつけなくては気持ちが悪いということでしたら支出としてつけてもかまいません。

基本的に家計簿は自分しか見ないものですので、自分が混乱しない方法でつけられていればどんな方法であっても正解と言えます。

ただ、根本的なつけ方を間違えると、つけても貯まらない家計簿になってしまいます。

私が特に注意しているのはこの根本的なつけ方の間違いです。

今回のご質問の内容はどのような書き方をしても根本的な間違いには当たらないと言えます。
(つまり書き方がアレンジされていても貯まる金額には差が出ない)

したがって、どのようにアレンジしていただいてもかまいませんが、ここでは私が推奨する基本的な考え方について紹介します。

貯蓄の家計簿のつけ方

例えば、学資保険や貯蓄性の生命保険、IDECO、NISAなどの投資に毎月または年に数回定額を支払っている場合。

学資保険や貯蓄性の生命保険やIDECOやNISAなどは増額されたりしてのちのち戻ってくるお金です。

これらのお金は、貯金とは言いませんが、貯蓄と言えます。

しかし、家計簿上はいったんは支出とみなした方が分かりやすい商品です。

いくらのちのち戻ってくるとはいえ、当面は手元には戻ってきません。

具体的な家計簿のつけ方としては、毎月払いの時は年間の家計簿に「学資保険」「生命保険」「IDECO」「NISA」などという費目を作り、口座から引き落とされる金額を毎月記入します。

あきの家計簿(年間の家計簿)記入例あきの家計簿(年間の家計簿)記入例

※クリックで拡大できます。

年払いの時は、特別費という欄を作成し、年払いの金額を書いていくといいでしょう。

■参考:IDECO,NISAなどの家計簿のつけ方
貯蓄とは?生命保険、NISA、ideco、投資などをどう扱う?

下段の銀行口座の残高を書く欄には貯蓄されいる額は含めず、年に1度くらい今ある銀行口座の残高と合算して確認するくらいで充分です。

特に投資の商品は、毎月貯蓄額が変動しますので、そちらを貯蓄額に含めると増えているのか減っているのかよく分からなくなる可能性があり混乱します。したがって別枠で計算したほうが良いということになります。

目的別の積立貯金の家計簿のつけ方

質問者さまの場合は「アパートの更新料」など、目的別に積み立て貯金をしているのですね。

アパートの更新料だけでなく、車検、固定資産税、ピアノ貯金や歯科矯正貯金をしている方もいます。

これらの目的別の積み立ては、口座間でお金を移動させただけの場合は支出として記入する必要はありません。

例えば、毎月3万円をアパートの更新料として専用口座に積み立てている。

このような時は給料口座から専用口座にお金を移しただけなので、家計簿に支出として記入する必要はありません。

毎月口座残高をかいている欄の金額が増えていくだけです。

しかし、毎月封筒などにお金を入れて積み立てている。

このような場合は封筒にお金を入れた時に支出として家計簿につけましょう。

なぜなら口座に入金しているわけでもなく、封筒にお金をいれているので、支出として記入しないとカウント漏れになりかねないからです。

また、毎月たくさんの封筒に積立をしているような方は、その封筒ごとにすべての積立額を把握しなくてはならず、手間がかかります。

貯金専用口座に貯金を移した時の家計簿のつけ方

質問者様のように、ボーナスのうち30万円を貯金専用口座に移した場合。

このような場合も給料口座から貯金口座にお金を移しただけなので、家計簿には支出として書く必要はありません。

口座残高を記入している欄の口座残高の金額が増えるだけということになります。

質問者様の場合は


1.貯金を貯金口座にを移動
2.目的別積み立て貯金を専用口座に移動
3.引き落とし口座に入金

全て口座間でのお金の移動ですので、家計簿に支出として記入する必要はありません。

収支が合わないということですが、

例えば、貯金口座に50万円を入金した場合。

貯金口座に50万円を入金したんだから貯金は50万円増えたということだよね?

と考えがちです。

しかし、実際には、家計管理ではたくさんの通帳を使う方多いです。

あっちの通帳にはいくら残っていて、こっちの通帳にはいくら残っている。

それらがちょっと何か支払うと増減し、貯金口座の金額は増えていても、他の通帳ではマイナスになっていることもあります。

おそらくそちらの貯金口座以外の他の通帳の残高の増減により、50万円貯金したはずなのに、収支上は30万円という計算になっているのではないかと推測します。

もしかしたら記入した時期のタイミングでおうちに残金が20万円あるのに記入し忘れてたりと記入漏れの可能性や、引き落としの時期や締め日のずれなどによる誤差と言う可能性もありますが、基本的には正確な貯金額として優先するのは収支で出た30万円の方となります。

そうではない、記入漏れやはっきりした誤差の理由も分からない。

そんな時は、あまり正確であることにこだわりすぎない方がいいでしょう。

だいたいあっていればOK。80点で満点。というくらいの気持ちで続ける方がいいですね。

質問者様が考えている方法でつければ収支が合うということならその方法にアレンジしてもらってもかまいません。

わが家の場合は?

ちなみに私の場合は、毎月計算が合わない時はむりやり精算してしまいます。

例えば今月の通帳口座残高と収支が8000円合わない。8000円お金が足りない。

そんな時は年間の家計簿の空いているところに8000円残高調整などと記入して支出として計上してしまい、その月の収支を「口座残高」の方に合わせてしまいます。

反対に8000円多いという時は、収入のその他の欄に「残高調整8000円」として収入としてみなして、金額を合わせます。

こうすることで、完全に正確な家計簿ではなくなりますし、経理でやったら違反ですが、個人的な家計簿のこれくらいの調整くらいは全く問題ないと考えています。

私も完全に正確であることより、だいたいあっていればいいというくらいで調整していますよ!

まとめ

・投資などの貯蓄や封筒に積み立てている目的別の貯金は支出として家計簿につけた方が分かりやすいです。

・口座間でお金を移しただけの時は、家計簿で支出として記入はしなくてOKです。

「その変更をした時に貯まる効果に差が出るか」という観点でみると、今回の内容は貯まる効果に差が出る内容ではありません。

したがって、上記の方法が基本にはなりますが、自分の分かりやすい方法にアレンジしても構わないということが言えます。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!家計簿のつけ方に関するご質問はこちらから
家計簿のつけ方の質問(まとめ)

お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
当ブログの書籍発売中です!

当ブログから以下の書籍が発売されています。よろしければご覧ください★

定価500円+税!でスタートできます!
書きこみ式!あきの家計簿

当ブログ3冊目の書籍です。実際に金額を書きこめる形式のあきの家計簿です!年度の途中など、いつからでも始められるようになっています。


あきの家計管理(年間予算の作り方)

当ブログ2冊目の書籍です。家計簿を始めようと思ったけど、年間予算の作り方が分からない・・・という方のためのあきの家計管理です!
家計簿をつけられない方のために、家計簿をつけなくてもできる家計管理も掲載しています。


あきの家計簿

当ブログ1冊目、はじめての書籍です。自作家計簿ノートを作ってあきの家計簿を始める方法のまとめ本です。画像や図が多くなっています。
実際の金額は書きこめませんが、写真や図が多いので文字が苦手な方でも読みやすくなっています。

★皆様が本当に結果の出せる!ブログを目指しています。結果でお返しできるようにできる限り頑張ります(すべての方に効果を保証するものではありません)★

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください