ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

通帳・口座を分けるテクニック

毎月給料が出たらやりたい!お金の分け方・整理法の3つのステップ!

通帳、口座管理

毎月給料が出たら、まずやりたいことは「お金の整理」です。

お金を「より明確に分かりやすく分ける」ことで「お金を貯めやすい家計」の土台を作ることができます。

難しいことは一切なし!家計簿が苦手な方にも取り組んでいただける「わが家のお金の整理法」を紹介します。

お金の整理は何故必要?

「毎月お給料が出たらお金をしっかりと分ける」という作業がどうして必要なのかについて考えてみましょう。

お金が貯められないと悩んでいる方の多くは「お金の流れが複雑でグチャグチャ。しかも適当」という特徴があります。

このカードの引き落としがこの口座で、このカードの引き落としはこの口座。というようにさまざまな引き落としもあちこちの口座から。

私はこれまでに1000件以上の家計相談にお答えさせていただきましたが、お金の貯められない方ほど「自分でも自分のお金がどこにいくらあるのか、どのようにお金を管理していけばいいかさっぱり分からない」という方がとても多いです。

そのため、毎月なんとかその場しのぎでお金を調達するようなことを繰り返してしまうのです。

家計簿をつけたりなど、具体的な家計管理を始める前にまずお金の流れを整理しないと効果が半減する可能性もあります。

そのために、まず「毎月のお金の分け方・整理法」をしっかりと身につけておくと「お金の流れの見える化」ができるようになります。

銀行口座を分けよう!

私のオススメは口座の役割を3つにわけることです。

引き落とし口座
特別費口座(1時保管口座)
貯金口座

3つです。

役割を3つに分けるという意味で、3冊にするということではありません。

新しい口座を作ることは必ずしも必要ではなく、すでに複数の口座を持っている場合はお手持ちの口座を上手く使うことをオススメします。

↓口座の役割の分け方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
貯金口座は生活費口座と分ける!銀行口座の使い分けで家計を管理する方法!

私のオススメは上記の記事のとおり役割を3つにわけるということなのですが、そのうち「毎月お給料が出たらまずやること」について紹介していきます。

お給料がでたらまずやること!その1

お給料がでたらまずやることは、お給料をまずは全額引き出すことです。

お給料の口座から引き落としがあって、全額引き出しても意味がないと思う場合でも、細かい計算が苦手な人ほどまず「全額引き出す」ことをオススメします。お給料の口座に引き落としがあるなら、全額を一度引き出してからまた戻すという作業を行った方が頭の中が整理されます。

ちなみに端数は引き出さずにそのまま残しておいてもかまいません。

お給料がでたらまずやること!その2

お給料をひとまず全額おろしたら、次にやることはお金の仕分けです。

例えば

月収 25万円

A銀行 引き落とし額 10万円
B銀行 引き落とし額 3万円

とA銀行とB銀行から毎月引き落としがあるなら各口座に引き落とされる金額を入金します。

この時、家計管理をラクにシンプルにするコツは、毎月入金する金額を一定にするということです。

そんなこと言っても

今月はエアコン代が高かったから電気代が高い
今月はカードの引き落としがあるからいつもより引き落とされる金額が多い
今月は学校の卒業対策費用が引かれるからお金が必要

だから、毎月入金する金額を一定額にするなんてムリ!このような事情が発生すると想定されます。

このうちカードの引き落としや学校の卒業対策費用など「今月だけの支出」については後述しますので今は省きますが、それ以外の「毎月必ず発生する支出」に関しては、多少の高い安いを見越して平均額を毎月入金します。

例えば、

A銀行の引き落とし
家賃 7万円
光熱費 1万円
携帯電話 1万円
生命保険 1万円
合計10万円

B銀行の引き落とし
幼稚園 3万円

なら、例えば光熱費の場合は、今月が光熱費が8000円だった、今月は12000円だったというような多少の波は見越して、月10000円で計算。

幼稚園代の場合は、今月は保育料+給食費のみで月25000円だった、今月は保育料+給食費+遠足代で月32000円だったというような多少の波を見越して、月30000円で計算。

このように「毎月必ずかかる支出」に関してはだいたいの平均額で入金額を固定します。

お給料がでたらまずやること!その3

給料25万円で、「毎月必ずかかる支出」が月13万円だったら、残りは25万円-13万円=12万円です。

この残った金額を「生活費」「貯金」「特別費」の3つに分けて家に持ち帰るかまたは各口座に入金しましょう。

例えば、毎月小遣いを含めて生活費は月10万円で足りるという場合は、まずは「生活費10万円」を確保し自宅に持ち帰ります。

自宅に持ち帰る金額は毎月同じ金額に固定します。月の途中で追加でおろさないように気をつけます。

そうはいっても今月は自動車税の支払いがあるからお金が必要で…という時は後述する特別費の支払いにあたりますので、特別費として対応します。生活費で対応はしませんので注意してください。あくまで特別費などが大きな支払いがない状態での生活費を固定するということになります。

残った12万円のうち、生活費に10万円として取り分けたら残りは2万円です。この残った金額を「貯金」と「特別費」の口座にそれぞれ入金しましょう。

いくらずつ入金すればいいかは各家庭によって違うので、一概にいくらとは言うことはできません。

しかし、一度「貯金」の口座に入れたお金は、車、マイホーム、老後、万が一の場合など人生の中でも大きな節目に当たるような支出以外には1円たりとも使ってはいけない貯金と考えます。

一度入金したらよほどのことがない限りおろさないということができる金額にしましょう。

一方「特別費」の口座に入金したお金は、「固定資産税」「車検」「旅行」など大きな「今月だけの支出」があった時に使うお金として入金しておきます。

人によっては、まず「貯金」「特別費」にかかるお金を入金してから残りを生活費にすべきという場合もあります。

この方法はそれで生活できるならOKですが、だいたい生活費が足りなくなって結局貯金したお金をまた崩して生活費を補てんするというサイクルになりやすいので、はじめのうちはまず生活費を確保してから貯金と特別費にお金を分配するという方法にした方が確実です。

なれてきて、生活費を追加でおろさないようになったら貯金や特別費にかかるお金から先に取り分けてもかまいません。

お給料がでたらやるべき3つのステップ!

このように、毎月お給料が出たらやるべきことは、

1.給料を全額おろす
2.毎月必ずかかる支出のお金を確保し入金する
3.残ったお金を「生活費」「貯金」「特別費」の3つに分配する

この3つのステップです。

夫婦で収入がある場合は夫婦それぞれにこのステップを繰り返します。

お金が貯めらない方は、この3つのステップがだいたいグチャグチャになっています。この3つのステップに要約したいと思っているけど、あっちのお金がたりないからこっちから持ってこないとならないなど、余計なステップが必ずと言っていいほど追加されています。

一方お金がスムーズに貯められる方は、だいたいこの3つのステップを毎月ラクラクこなします。毎月お金の管理でやることはたった3つなので時間もかかりません。毎月同じことを繰り返すだけなので、毎月電卓をたたいてお金の配分を計算をするというようなこともありません。

お給料がでたらやるべき3つのステップ!番外編

上記の3つのステップを崩す支出として、「今月だけの支出」というものがあります。

例えば、

今月は固定資産税の支払いがある
今月はカードで引き落とされる金額がいつもより多い

というような支出によって、毎月定額にしたいのに支出のデコボコが引き起こされます。

このような支払いがある場合は以下のように対応します。

カード払いの支出の対応の仕方

引き落とし月に対応するのではなく、購入した時に「生活費で持ち帰ったお金から使った金額を現金で取り分けておく」ようにします。

取り分けて置いたお金を引き落とし月に引き落とし月に口座に入金します。

カード払いが多く、カードの支払いを済ませると現金がなくなってしまうような悪循環になっている方はこの作業が難しいことがありますが、カードの支払いを極力やめるなどして、少しずつ正常なサイクルに戻していくと上手くいきます。

毎月の3つのステップは以下の4つに変えて対応します。

1.現金でとり置いたお金をカードでの支払いの引き落とし口座に入金する
2.給料を全額おろす
3.毎月必ずかかる支出のお金を確保し入金する
4.残ったお金を「生活費」「貯金」「特別費」の3つに分配する

特別費の対応の仕方

今月は固定資産税の支払いがあるし…など言う時は、あらかじめ「特別費口座」に入金しておいたお金をおろして対応します。

毎月の3つのステップは以下の4つに変えて対応します。

1.特別費口座に入金しておいたお金のうち引き落としの分は他の引き落とし口座に入金し、現金払いの分は家に持ち帰る
2.給料を全額おろす
3.毎月必ずかかる支出のお金を確保し入金する
4.残ったお金を「生活費」「貯金」「特別費」の3つに分配する

今月だけのカード払いと特別費が両方ある場合

両方の支払いがある場合は、3つのステップを5つに変えて対応します。

1.現金でとり置いたお金をカードでの支払いの引き落とし口座に入金する
2.特別費口座に入金しておいたお金のうち引き落としの分は他の引き落とし口座に入金し、現金払いの分は家に持ち帰る
3.給料を全額おろす
4.毎月必ずかかる支出のお金を確保し入金する
5.残ったお金を「生活費」「貯金」「特別費」の3つに分配する

4つめ、5つめのステップが出てくると、とたんに訳が分からなくなる方多いですよね。この辺は4つめ、5つめのステップが出てくると家計がとたんにややこしくなるので仕方がありません。

カード払いが多い方の家計がグチャグチャになる原因は、本来3つのステップで済むはずの過程が3つでは済まなくなって、自分でも訳が分からなくなるからではないかと思われます。

カード払いが複数の口座にあると、あっちこっちの口座に入金しないといけないので、さらに複雑になってしまいますよね。

ボーナスや手当が出たら?

ボーナスや手当がある時は、「貯金」または「特別費」にお金を振り分けます。

お金が貯まらない方は、だいたいボーナスも「生活費」になってしまいますが、「生活費への補てん」は極力少ない状態にしておきましょう。

わが家の場合は?

わが家の場合は、上記のようにカード払いや特別費といった支払いがあるとお金の入出金が複雑で面倒くさくなるため、少なくとも極力カードでの支払いをしないようにしています。

もちろん年に何回かはどうしても避けられませんが、それでもなるべくカードでの支払いを少なくすることで家計の混乱を防いでいます。

特別費の対応も面倒くさいので数ヵ月分をまとめて1回でやってしまうようにしたり、極力回数を減らしています。

毎月給料がでたら基本は上記の3つのステップを行うだけで終わりという状態の月をなるべく多くしておくことで、家計管理の手間を省いています。

毎月あっちこっちの口座にお金を入金したり、お金の計算をしたりする回数を極力減らす事がシンプルで分かりやすい家計を作るコツです。

まとめ

お金の流れをシンプルにしておくことで、分かりやすい家計を作ることができます。また、使えるお金の上限も明確になりますのでオススメです。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓正しい家計管理で家計を立て直しましょう!
正しい家計管理の仕方(まとめ)

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿
年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理
1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)

最新の記事はホーム画面からどうぞ★

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください