ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収300万円の家計

【みんなの家計簿公開】月収31万円。子ども二人。月4万円は確実に貯金してますが…

家計診断

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

はじめまして。
家計の相談にのってください!

私は31歳のパートです。

夫35歳会社員、長男(8歳)、長女(5歳)の4人家族

夫の両親と同居してます。

収入(月)
夫→23万
私→8万
児童手当(2.6.10)→8万

諸事情により、貯金を1からスタート!

今現在の貯金額
先取り貯金→77万
特別積み立て→4万

支出(月)
両親に渡す生活費→6万
夫お小遣い→4万(飲み会など)+2万(携帯)
私のお小遣い→1万
子供にかかる費用→4万(保育費、学資(長男のみ)、学年費、給食費、習い事(長男のみ)。
共済保険4人分→1万
*自分達の生活費→6万
計:23万

*内訳-食費(外食込)→3万
日用品→1万
娯楽費→1万
医療費→5千円
酒代→5千円

同居なので、主な食費は6万に含まれてます。
日用品も自分達で担当してる部分が多いです。

私の収入は月によって変動しますが、4万は確実に先取りで貯金に回して特別積み立てに5千円~1万を入れています。

児童手当は貯金です。

今はこんな感じでやってますけど
来年で下の子も入学するので、上の子と同じ習い事をやりたいって言ってるし、共済だけだと
夫にもしもの事あった時不安だから、夫だけ掛け捨ての生命保険(ネット保険)をと検討してます。

でも、今のままだとどうやっても厳しいから来年転職を考え中ですが、派遣か社員かで迷ってます。

今住んでる家も、夫の母名義で建て直したのでいずれはこっちがローンなどを引き継がなきゃいけないのでどうやってこれから家計をやりくりした方がいいですか?

長くなってしまってすみません。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。ブログへのご訪問もありがとうございます!

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入396万円
支出276万円

収支は年間約120万円の黒字の予定ということですね。

特別積み立てに5千円~1万

と特別費積立は一部あるようですが、その他特別費についての記載がありません。

黒字額120万円のうち、月4万円の貯金×12ヵ月+児童手当24万円の計72万円は確実に貯金できているようですが、残り48万円の使い道が不明となっています。

学資保険にも入られているようなので、貯蓄額はもう少し増えそうです。

同居世帯のメリットデメリットは?

質問者様は、ご主人のご両親と同居中ということで、基本的にかかる支出が少ないという点が大きなメリットになります。

生活費としてご主人のご両親に渡すお金はありますが、そちらに住宅ローン、家賃などもすべて含まれていると考えると、同居をしていない世帯よりもずっとかかる支出は少なく済みます。

また、食費も月3万円(外食費込み)とありますが、おそらく家族6人で食費3万円ということではなく、ご主人のご両親が基本的には負担してくれていて、プラスで負担する分がこれくらいということかと思います。

6人家族で食費が月3万円だったら栄養不足を心配するところですが、今回はご主人のご両親が基本的な食費は出してくれているという想定で考えるので、食費が少なすぎるのでは?という言及はいたしません。

このように考えると、同居世帯の場合は、基本的にはお金は貯めやすいと言えます。

しかし同時に「うちは住宅ローンも光熱費もないし、その代わりこれくらいの支出はいいよね」という油断が生まれやすいという欠点があります。

ついつい油断して使いすぎてしまい、気付いたら遊びすぎてしまっていた…というようなことが非常によく起こります。

お金の貯まり方の考え方は?

質問者様の場合は、最低限年間72万円の貯蓄はできているようです。貯蓄ゼロからスタートして、これだけの黒字が出せるようになっているのは大変立派です。

しかし、これからお子さんが大きくなること、いずれ住宅ローンなども引き継がなくてはいけないことなどから、これからの家計のやりくりが心配ということですね。

確かに今の家計の状況で、習い事を追加し、ローンが追加され、さらに保険も追加しようと考えると、家計の状況は一転して苦しくなる可能性があります。

大切なのは、その時期がいつ頃からなのかという点を確認しておくことです。

例えば、ローンなどの引継ぎが、お子さんが大学を卒業したあとになるなら、学費がかからない時期からのスタートになりますから、それほど心配はいらない可能性があります。

しかし、もしローンの引継ぎがお子さんが高校生、大学生の時期に重なると、ただでさえ学費がかかるのにその上に住宅ローンまで…という構造になりますので、今と同じ収入の場合はかなり家計は苦しくなるしょう。

その時までにいくらの貯蓄ができているのか、お子さんの進学先はどうなったかなどによって大きく家計が左右されると考えられます。

例えば、今確実に貯蓄ができている年間72万円+学資保険の貯蓄が10年間続けられるとすると、

72万円×12万円=864万円+学資保険の分の貯蓄ができます。

10年後は上のお子さんが大学生、下のお子さんが中学生か高校生になる頃ですので、学費のかかる時期に差し掛かっています。

おそらく全体的な支出も特にお子さんにかかる費用が今よりももっとかかるようになっていると思われますし、その時にさらに住宅ローンと考えると、上記の貯蓄だけでは少し足りない可能性もあります。

しかし、もしその頃にも住宅ローンの引継ぎがなく、大学の費用に貯蓄を使って払っても年間50万円くらいは貯蓄を続けられれば貯蓄は残る可能性もあります。

一番負担が大きくなると想定されるのは、大学進学と住宅ローンの引継ぎが重なり、さらにお子さんが1人暮らしをするなどで仕送りが必要になった場合です。

このような状況になると、おそらく現状の収入ではとても賄いきれないということにもなりかねません。

まさに今が貯め時

そう考えると、住宅ローンもなく、学費も大きくかからない今のうちが質問者様にとっては「まさに貯め時」と言えます。

今の時期にどれだけ油断をしすぎずにお金を残せるかということを考えておくと、万が一10年後に大学進学と住宅ローンが重なったとしてもなんとかなる可能性があります。

そのために、不明となっている48万円と、同居による油断で少し肥大している支出を今のうちから整理しておくことをオススメします。

(固定費・生活費)
夫お小遣い→4万(飲み会など)+2万(携帯)→4万(飲み会など)+携帯電話1.5万円
私のお小遣い→1万
子供にかかる費用→4万(保育費、学資(長男のみ)、学年費、給食費、習い事(長男のみ)。
共済保険4人分→1万
*自分達の生活費→6万→5.5万円
計:23万→22万円

*内訳-食費(外食込)→3万→1万円(外食なし)
日用品→1万
娯楽費→1万→2万5千円(外食費込み)
医療費→5千円
酒代→5千円

合計 276万円→年間264万円(12万円節約)

固定費と生活費については、携帯電話と生活費の食費を見直すくらいで良いかと思います。

食費については、基本的な食費がご主人のご両親の負担になっているなら、酒代も別で予算がありますし、本来はゼロでもいい支出だと思います。

ただ、外食などのお楽しみを継続されたいと思いますし、いきなりゼロにするのは難しいと思いますので、月1万円に減額にとどめました。そのぶん娯楽費を上げていますので、外食は継続できると思います。

(特別費と貯蓄)
特別費 月1万円→月3万円
不明金 年間48万円→年間0万円
貯金 月4万円→月6万円(年間72万円)
貯金(児童手当)24万円
合計貯金額 72万円→96万円(24万円アップ)

ひとまず貯金の配分を上げ、特別費の配分も多くしました。

特別費の内訳はお任せしますが、旅行などお楽しみに多めに配分できるようになるとメリハリのある家計になります。

これにプラス学資保険が追加されますので、貯蓄としては年間100万円以上になるでしょう。

この貯蓄は車、学費、マイホームなどの大きな支出以外には1円たりとも崩さずに10年間継続します。

10年後は1000万円になります。

住宅ローンの引継ぎの時期によってはこれでも足りない可能性はありますが、ひとまず貯蓄1000万円台にはのせられます。

ローンの引継ぎなどを考えると、これくらいの余裕資金は10年後に持っていた方が安全かもしれません。

習い事や保険など支出の追加を検討したいのであれば、せめて保育料の支払いが終わる来年以降、小学校の費用だけになり支出が減った時に検討したほうがラクに支払いを済ませられると思います。

保育料→小学校の費用になった時に減った支出の分だけ習い事や保険の追加を検討するくらいにとどめ、そこから金額的に足がでないようにすると今と同じ収入でも少なくともあと4年ほどは現状維持が可能ではないかと推測できます。

上のお子さんが中学校に入る頃、またさらに支出が増えるようになりますので、その時は収入をもう少し増やすことを検討するのもいいかもしれません。

まとめ

・両親と同居中の方はついつい油断しがちな支出が増えてしまいメリハリのない家計になりやすいので注意しましょう。

この度はご利用ありがとうございました!また今後家計の状況が変わった場合など、ご心配な時は何度でも再診断が可能ですので、いつでもご利用下さいね!

今回の診断結果
年間節約額 年間36万円
年間貯蓄額 年間72万円→年間96万円にアップ
今回の家計診断の結果を参考にするとこれくらいの結果が出ます。

今回は、家計にメリハリをつけ、確実に残せる貯金を年間24万円追加で用意できるプランをご提案させていただきました。変更は自由にしていただいて構いません。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから
手取り年収300万円台以上の家計のまとめ

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!

ご相談希望の方はお問い合わせからお気軽にどうぞ!

★皆様が本当に結果の出せる!ブログを目指しています。結果でお返しできるようにできる限り頑張ります(すべての方に結果を保証しているわけではありません)★

POSTED COMMENT

  1. よち より:

    相談にのっていただいてありがとうございました。
    とても参考になりました。
    書き忘れた部分もありましたが、それらも含めて改善していきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください