家計簿のつけ方

医療費の家計簿のつけ方。医療費は費目を作る?予算はどうする?

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

あきさん、こんにちは。

大人の病院代(歯医者など)は特別費になりますよね。

あらかじめ医療費として特別費に予算立てしておいたほうがいいということでしょうか?

子供の病院代は娯楽費にしています。

よろしくお願いします。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「医療費の家計簿の考え方」についてですね。

医療費について

家計簿をつけていると、医療費という費目が必要かどうか?必要ないならどこで管理すればいいのか?ということについて迷うことがありますよね。

医療費は毎月かかる方もいればほとんど病院には行かないという方までいるので、一概にこれが正解ということができません。

まず、家計簿に医療費という費目を作った方がいいのかどうかという点でいうと、

医療費は、持病などがあり毎月かかるという人以外は作る必要はない

ということです。

なぜなら、毎月必ずかかるという場合でない限り、医療費と言う費目を作ると、月によっては空白の欄ができてしまうためです。

家計簿をつけている時に空白になる費目ほどムダな費目はありません。

医療費が毎月かかるということはなく、時々たまーにかかるくらいなんだよね…という場合は、その他の費目で医療費をカバーしたほうが空白になる欄ができないので家計簿をつけるのがラクになります。

そんな時にどこでカバーするのか?ということですね。

たまにしかかからない医療費について

わが家の場合を例にしていうと、現在は子どもの医療費は無料なので、今のところかかるのは大人の医療費だけです。

医療費はたまに忘れた頃に大人分がかかるというくらいしか使いません。

そのため、基本的には「風邪など、数百円~1000円ちょっと程度の医療費で済むものは娯楽費(厳密には娯楽ではありませんがその分他の支出を減らすなどの調整がしやすく節約になるため)」「数千円などやや高額になる場合は特別費の臨時費」を使っています。

例えば…

急に歯が痛むようになって、緊急で月に4,5回ほど歯医者に行き、合計1万5千円かかった。

このような時は「特別費の臨時費」に計上しています。

急に入院することになり、一度に5万円など高額な医療費がかかった。

と言う場合も「特別費の臨時費」に計上します。

しかし、毎年かならずかかることがあらかじめ分かっている「歯医者の定期健診」「インフルエンザの予防接種」などは「特別費のイベント費」に毎年同じ時期にあらかじめ予算としていれてしまいます。

特別費の予算の立て方は、まずは特別費の予算表をご覧ください。

■特別費の予算表(記入例)

特別費予算表特別費予算表

※クリックで拡大できます。

↓参考:特別費予算表の作成方法についてはこちらにまとめてあります。
【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ)

わが家の場合はでいうと、高額な医療費はいつ何回かかるか予測できないので、あらかじめ毎月数千円ずつ積み立てている臨時費の積み立てから支払っています。積み立てから支払う場合は、家計簿には使ったというメモは残すことはありますが、基本的に家計簿には何も書かずに使います。

わが家の場合は定期健診以外は年に数回程度しか高額な医療費が必要ないので、このような対応で充分ということが言えます。

年間で何度も高額な医療費がかかり特別費予算表に医療費と言う費目を作ったほうが自分としては分かりやすいという場合は、医療費と言う費目を設定してもいいでしょう。

まとめ

・医療費は病院に通う頻度によって人それぞれ対応を変えた方がよい費目です。

必要な方は費目を作って対応し、必要ないという方は費目を作らずに対応すると、空欄のできない余計な手間のかからない家計簿にすることができます。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!家計のやりくりアドバイスに関するご質問はこちらから
家計簿のつけ方(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!

ご相談希望の方はお問い合わせからお気軽にどうぞ!

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください