ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

食費・日用品

食費が予算オーバー!毎月食費の予算を守るコツとは?

食費・日用品節約術

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

体調が悪かったり、残業で遅くなりコンビニやスーパーの惣菜・お弁当で夕飯を済ませたとき、食費からその代金を出すことで、月末カツカツになってしまいます。

外食費を食費とは別に儲けているのですが、こちらから出して赤字を防ぐのと、特別費で計上する方法とどちらがよいか検討中なのですが、そういった場合、あきさんはどのように対応されていますか?

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「食費が予算をオーバーしがちな時の考え方」についてですね。

食費がオーバーしがちな時に考えること

家計簿をつけていると、毎月の食費の予算が守れない…ということに悩むことがありますよね。

夏休みに入ると子ども達の昼食代もかかるようになり、さらに予算を守るのが厳しいというようなことにもなりがちです。

質問者様は、残業や体調不良などで自炊ができない日に、コンビニやスーパーの惣菜・お弁当で夕飯を済ませることがあり、それらの支出を含めると毎月食費の予算がカツカツになってしまうとということですね。

そんな時に考えてほしいのは「そのようなことは毎月よくあることなのか、めったにないことなのか」ということです。

そのようなことがめったにない時

例えば体調不良や残業で遅くなった時に、コンビニやお総菜やお弁当で食事を済ませるということが、めったにない場合。月に1、2回あるかないかというくらいの頻度の場合。

このような場合は、めったにないわけですから、それを食費に計上するとどうしても食費はキツキツになってしまいます。

そんな時は、例えば「普段の1日分の食費がだいたい1日2000円なのに、コンビニなどの利用で済ませた時に3000円になってしまった」という場合は、「食費に2000円、娯楽費に1000円」と適当に割り振って計上してしまうのもアリです。

これは予算を守るための裏ワザのひとつですが、娯楽費に計上しておけばその分他の支出を減らすなどして全体の調整がききますので、このようなちょろまかしを多少しても問題ありません。

外食費と言う費目はオススメしませんが、どうしても外食費のままにしたいなら、娯楽費ではなく外食費に計上しても良いでしょう。

しかし、これを特別費にするのは良くないと私は考えます。特別費にしてしまうと、年間であらかじめ予算を組んでいた方がいい支出ということになりますが、めったにない支出に予算を確保していてもうまく使うことができないと思います。

予算を組まずにその都度特別費にしていると、特別費の管理が破たんすると思われます。

そのようなことがよくある時

コンビニやお総菜で食事を済ませるということが、めったにない場合は、上記のように対応することで、予算が守りやすい状況を維持できると思いますが、そのようなことが頻繁である場合は少し対応を変えた方がいいでしょう。

例えば、月に1,2回程度ではなく、週に2,3回は必ずある。

このような時は、もはやお総菜やお弁当で食事を済ませるというのは日常的な範囲のことです。

でしたら、それをいちいち外食費や娯楽費に振り分けていても、肝心の外食費や娯楽費がどんどんカツカツになってしまい、上手に使えないという現象になると思います。

だったらあらかじめ「食費」として予算を計上したほうがいいでしょう。月に5000円くらいでも食費の予算を上げてみましょう。

節約主婦がはまる食費の落とし穴

節約を頑張っている節約主婦の方がよくはまりがちな落とし穴として「食費をとにかく安く見えるようにしておきたい」と考えてしまい「表面上の食費だけ少なく見えるようにごまかそう」という心理が働くことがあります。

例えば、

食費 月2万5千円。予算も実績も守れている。

このような時に、うちは食費が2万5千円なんだから相当節約頑張っているよね!なんて自分でも思ってしまいがちなんです。

しかし、ふたを開けてみると、生協が別に2万円あったり、米代や酒代5000円を別にしていたり、カードで何か別のものを買っていたり支出を細分化しているだけということがよくあります。

「うちの食費は、食費2万5千円ではなく、生協の2万円と米代酒代5000円を足した月5万円。それぞれ合算して月5万円以上にならないように気をつけながらやっていこう」など、全てを足した金額が食費だと自分で分かっていればいいのですが「うちの食費は2万5千円です。」なんて勘違いをしたままの人がいるので注意が必要です。

食費が月5万円とは自分ではみとめたくないという心理が働いてしまうと、食費という欄に書かれた2万5千円の数字しかみないという現象を引き起こしてしまうので気をつけましょう。

質問者様も、いつもの食費にお総菜などをのせてしまうと食費がカツカツになってしまうという現象が、めったにないからそうなってしまうならいいのですが、しょっちゅうあるのに別枠にしようとしているとしたら、「食費を高くしたくない」という心理が隠れていないか振り返ってみてくださいね。

↓何を食費として計上するのかはこちらで紹介していますので、よろしければあわせてご覧ください。
・食費とは?家計簿ではどこまでが食費か分け方を決めるのがコツ!

まとめ

・食費の予算がオーバーする時は、めったにないことなのかしょっちゅうあることなのかで対応を考えましょう。

お総菜やお弁当に時々頼ってしまうのが悪いわけではありませんので誤解しないようにしてくださいね!

疲れてしまった時や時間がない時は私もお総菜やお弁当に頼ることがあります。お総菜やお弁当にしても基本的には日常的な食費で記入できる範囲で買ってきますが、はみ出してしまった時ははみ出した分は私も娯楽費にしています。

無理のない食費の予算を維持できるようにしていきましょう!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!食費・日用品に関するご質問はこちらから
食費・日用品のご質問(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!

ご相談希望の方はお問い合わせからお気軽にどうぞ!

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿
年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理
1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)

最新の記事はホーム画面からどうぞ★

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください