ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収500万円の家計

【手取り年収500万円台の家計簿公開】住宅ローンの繰り上げ返済をすべきか迷います

家計診断

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

何度かお世話になっています。
家計診断をよろしくお願いします。

家族構成
夫(33)妻(32)子(小1)子(年中)

継続月数
10ヶ月目

実績 予定含む
収入手取り
夫 360万(平均月30万) ボーナスなし
妻 144万(平均月12万)
手当て 24万(月2万)すべて貯金
合計 528万

支出
食費 27.6万(月2.3万)
パルシステム別予算あり
日用品 4.8万(月4千)
ガソリン 6万(月5千)
娯楽費 27.6万(月2.3万)
夫小遣い 48万(月4万)
住宅ローン 56.4万(月4.7万)
電気 9.6万(月8千)
ガス 9.6万(月8千)
水道 7.2万(月6千)
スマホ2、ネット 21.6万(月1.8万)
保険2人分 164328(月13694)
60歳まで掛け捨て
保険車 76080(月6340)
学資2人 369744(月30812)
(2種類加入残り年数 1万:3年 1万:5年 5千:11年 5千:13年)
保育園 304800(月25400)
給食、学童 174096(月14508)
習い事 21.6万(月1.8万)
パルシステム(食) 20.4万(月1.7万)

繰り上げ返済 60万(月5万積立)
特別費 60万(月5万積立)
⇒内訳 美容費 4.6万
イベント費 8.7万
レジャー費 10万
車検 10万
自治会費 4200
固定資産税 11万
車税2台 5万
家電インテリア 2.5万
臨時費 7.6万

支出合計 490万

月により収入のばらつきがあるので大体の値ですが、子ども手当の他に14万の貯金ができることになります。

貯金が少ないような、、ですが繰り上げ返済をしなければ貯金が74万となります。繰り上げ返済をすべきか貯金額を増やすべきか、あきさんの意見をお聞かせください。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます!

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入528万円
支出490万円

収支は年間約38万円の黒字の予定ということですね。

学資2人 369744(月30812)

こちらがありますので、貯蓄としては約75万円。

繰り上げ返済 60万(月5万積立)

繰り上げ返済をしなければ年間で135万円の貯蓄ができることになります。

繰り上げ返済を足して貯蓄率は収入の20%以上となりますので、かなり頑張っているという印象です。

気になる支出は?

質問者様の家計で、まだもう少し落とせそうだなという支出は以下の通りです。

電気 9.6万(月8千)
ガス 9.6万(月8千)
水道 7.2万(月6千)
保険2人分 164328(月13694)
60歳まで掛け捨て

特に、保険については掛け捨てにしては高いと言う印象です。

光熱費もあと一回り、月数千円くらい落とせるとさらにスリムになります。

ただ、これらの支出は、もうこれ以上削れないという考えをお持ちの場合も多いので、もし出来るならという程度で検討するくらいで構わないかと思います。

その他の支出については、特別費のお楽しみにあたる支出がやや少ない、臨時費や積立などの方が優先で、どちらかと言えばお金を使いたくない、大きなお金を出すのは不安というややケチで臆病な印象はあります。

できればレジャー費、または家電・インテリアなど自分なりのお楽しみにあと10万円ほどお金が用意できると、かなりメリハリのついた家計という印象が出てきます。

ですが、習い事もあり、多少ではありますがお楽しみにもお金を確保できているので、大きく気になるというほどではありません。

繰り上げ返済をすべきか?現金を貯めるべきか?

質問者様は、現状では住宅ローンの繰り上げ返済を重視しているので「本来なら年間135万円の貯蓄ができるのに、現金で貯める分のお金が年間38万円になってしまっている」ということが気になるのですね。

繰り上げ返済を少し減らして現金を貯めた方がいいのではないか、など、繰り上げ返済と現金の割合に迷いがあるということかと思います。

この点については、安易にどちらが得、どちらが損、こう考えた方がいいということは一概にいうことができません。

例えば、住宅ローンには、団体信用生命保険というものがあり、いくら一生懸命繰り上げ返済をしても、債務者に万が一のことがあった場合は支払いがなくなります。

もし万が一の出来事が起こってしまうと、返済をたくさんしていた分だけ損になります。その分現金で貯めていた方が得だったということになってしまいます。

また、住宅ローン減税などの制度もありますし、選んだローンの種類が固定金利なのか変動金利なのか、元利均等返済なのか元金均等返済なのか、金利は何%なのか、完済の時期はいつなのかということもあり、考慮しなくてはいけないポイントがたくさんあります。

そのような点をしっかりと考慮した上で、メリットデメリットについて考慮したほうがいいでしょう。

有料になることが多いですが、より具体的な内容を開示して専門の方に対面でじっくりとコンサルしていただく方がより安心かと思います。

家計管理上の現金についてだけで考えると、手元に現金があまりにない状態というのはお勧めできません。

何かの折に現金が必要になった時に、借金をしなくては払えないというような状況は少し心配です。

「今手元にどれくらいの現金があるのか」「どれくらいの現金が手元にあればひとまず安心できるのか」などを考えながら配分を考えていくといいでしょう。

例えば、現金ですでに1000万円持っている方が「貯金はゼロ、繰り上げ返済を年間100万円する」という選択をする場合と、手元にある現金がほぼゼロなのに「貯金ゼロ、繰り上げ返済を年間100万円する」という選択をする場合では、状況が違うということはお分かりいただけると思います。

そのようなこともあわせて配分を考えていくというのが良いと思います。

全体的には

家計の現状としては、非常によく節約しているなという印象です。

食費 27.6万(月2.3万)
パルシステム(食) 20.4万(月1.7万)

食費もパルシステムを合わせて月4万円。

日用品 4.8万(月4千)

日用品もオムツ児なしで月4千円。

ガソリン 6万(月5千)

ガソリンも車2台で月5千円。

食費、日用品、ガソリン代も最低限を上手にキープされていると思います。

4人家族で、この3つの支出をこの金額におさめられる方はなかなかいないと思うので、大変節約上手な奥様という印象です。

かといって、

娯楽費 27.6万(月2.3万)

と、娯楽の費用が高すぎることもなく、安すぎることもないという点からも家計をよく考えて上手に予算を配分しているということがわかります。

特別費についても、

イベント費 8.7万
レジャー費 10万
家電インテリア 2.5万
年間21.2万円

と、お楽しみに年間21.2万円ほど確保しています。

この金額は多いとは言えませんが、少なすぎて一切レジャーがないという状況でもありません。先ほどお伝えしたように年間10万円ほど予算を追加できるとさらにメリハリがついてきますが、現状ではそこそこと言えます。

年間を通じてこれくらいのお楽しみで全くストレスがないということなら、ご家族もよく辛抱されているのだと思います。

もし、この金額で「実はちょっとキツイと思っている」ということならば、やや貯蓄に偏りすぎ、ストレスが溜まりやすい家計と言えます。

その他、住宅ローンも光熱費も高くないので、お金を貯めやすい状況といえます。

おそらくこの他にも幼稚園助成金などその他の収入もあり、実際にはもう少し収入が高いような気もするので、そちらもあわせて確認するといいでしょう。

まとめ

・メリハリ家計は、娯楽費はやや少な目、特別費がやや多めの家計です。

質問者様の家計は、やや特別費の予算が少ないように思いますが、ストレスなく家計を回せているなら問題ありません。

お子さんがまだ小さい今から5年ほどが一番の貯め時になりそうです。貯め時を逃さないという点では今は貯蓄重視というのも悪くないと思います。

ただ、お子さんがパパママ!一緒に遊んで!といってくれる時期も長くてあと5年くらいではないかと思われるので、もう少しレジャーとの割合も考えていかれるといいですね。

節約主婦にありがちなのは、年間貯金額の多さだけに目がくらんで、適切なレジャー費を確保できないということです。貯金を頑張っているうちに気付いたら子どもが大きくなっていて、家族で出かけた思い出がほとんどないというのはもったいないですよね。

本当に、子どもが大きくなるのはあっという間ですよ!私も自分の体験上そう思います。いつまでもパパママと手を絡ませてくれるわけではないですし、どんどん子供も忙しくなりますので、今だからこそについて考えるとさらにメリハリがついてくると思います。

もちろん「お金をかけてレジャーを楽しむこと=子どもとの思い出」というわけではありませんので、お金を必要以上にかけすぎるのも問題ですし、極端に解釈しないようにしてくださいね。

早10ヵ月も家計簿のご利用ありがとうございます!貯金か繰り上げ返済かどちらを優先するかは今の貯蓄額と合わせてきちんと考えてみてくださいね!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから
手取り年収500万円台以上の家計のまとめ

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!

ご相談希望の方はお問い合わせからお気軽にどうぞ!

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ

★皆様が本当に結果の出せる!ブログを目指しています。結果でお返しできるようにできる限り頑張ります(すべての方に結果を保証しているわけではありません)★

POSTED COMMENT

  1. ゆか より:

    家計診断ありがとうございました。私は自分で自覚があるくらいケチで臆病な考え方をしてしまっていて、主人も、実は同じような性格ゆえあまりきにしていなかったのですが、ちっちゃな支出が多く、貯金はそこまでできておらず、、あきさんの考え方に触れ度肝を抜かれました!特別費、娯楽費という項目でメリハリのある家計管理の方法を見て私もそうしたい!とあきさんの家計簿を使い始めました。
    やはりまだ特別費が少な目とのことで、繰り上げ返済の件も含め考え直したいと思います。
    ありがとうございました。これからもちょくちょくブログの方のぞかせて頂きます。

    • あき より:

      ゆかさんコメントありがとうございます!
      ゆかさんはすでに十分に節約は頑張っていると思います!
      まだまだ節約できていないということではないとおもいます。

      あとは現金の貯金の残金が少ないならばまずは現金の貯金に少し比重をかけて、
      現金が充分に貯まっていて住宅ローン控除などの様々な条件を考えても返済したほうがいいと思えば返済に比重をかけるというくらいで充分ではないかと思います。

      その配分を少し考えるくらいであとはそれほど大きくマズイのでは?という支出の少ない優秀な家計の方ですから自信を持ってくださいね!(#^^#)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください