手取り年収300万円の家計

【手取り年収300万円台の家計簿公開】30代のご夫婦。子ども1人。貯金100万円からスタートです。

家計診断

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

夫(31歳)、妻(31歳)、子(1歳)

収入
年間 夫 手取り年収 3200000円(月20万円、ボーナス年2回で80万円)
妻 0円
手当180000円

合計338万円

支出

住宅ローン合計840000円(月7万円)残り34年2400万円
電気代年間合計120000円(月1万円)
ガス代年間合計60000円(月5000円)
水道代年間合計60000円(月5000円)
通信費年間合計60000円(月5000円)
医療保険夫婦2人分48000円(月4000円)

あき計算補足 合計118.8万円

現金支出
食費年間合計600000円(月5万円)
日用品年間合計120000円(月1万円)
夫小遣い年間合計360000円(月3万円)

あき計算補足 合計108万円

貯金41000円(分けているので内訳あり)
・いつかの旅行代 年間60000円(月5000円)
・冠婚葬祭、家電など 年間60000円(月5000円)
・産まれた月から子供貯金年間12000円(月1000円)
・貯金年間36万円(月30000円)

あと児童手当年間180000円(月15000円)は全て貯金しています。

ボーナス支払い
年払い学資保険14万円
年払いガン保険夫婦33000円
年払い収入保障保険42000円
年間ふるさと納税30000円
年払いNHK14000円
固定資産税80000円
年払い車保険60000円
車検2年分12万円を年間60000円
自動車税35000円

あき計算補足 合計49.4万円

残りは2027年に車を買い替えるための費用を200万貯めたいのと、同じく2027年に火災保険地震保険を27万円支払いと住宅リフォーム代を100万円貯めたいのでそちらに当てたいです

扶養内でパートをしていましたが、産後からお休みを頂いており、収入がないため、貯金も崩れていき、現在100万円です。

毎月の30000円も足りなくて使ってしまう月もあります。今年2人目計画中で、私は本心では3人欲しいです。しかし無謀でしょうか。

袋分け、先取り貯金、細かい家計簿、大まかな家計簿、色々試しましたが何年もうまくいきません。もう疲れてしまいました。

固定費、年払いのものはクレジットカード払いで、貯めたポイントでガソリン、美容院代にしています。

宜しくお願いします。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます!

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入338万円
支出276万円

収支は年間約62万円の黒字の予定ということですね。

年払い学資保険14万円

こちらがあるので、貯蓄としては、年間76万円となります。

気になる支出は?

質問者様の家計は、今回送っていただいた通りの家計になっていれば毎年75万円の貯蓄ができます。

現金だけでも62万円なので、1年で62万円、2年で124万円、3年で186万円、10年間で620万円は貯まる予定の家計になります。

”扶養内でパートをしていましたが、産後からお休みを頂いており、収入がないため、貯金も崩れていき、現在100万円です。
毎月の30000円も足りなくて使ってしまう月もあります。”

しかし実際は、一度貯めた貯金を崩しているご様子で、この計算通りにいっていないということが推測されます。

貯める家計にするコツは?

確実に貯める家計にするコツのひとつは「見せかけだけの黒字を作らない」ということです。

「一応毎月これだけは貯金にしています」と、とりあえずで貯金をしていても、結果として崩しているならそれは貯金ではありません。

ですが「貯金ができていないということが不安で、気持ちだけでも私は毎月これだけ貯金していると思いたい」という心理から、「表面上だけでも貯金をしている事実を作って貯金ができていないという現実から目をそらそうとする」方が多いです。

例えば、赤字続きなのにむりやり学資保険をはじめたり、毎月定額を先取りで積み立て始めたりというようなことをし始めてしまうのです。

もともと赤字なのに、そのような事をしたところで、赤字は解消されません。

むしろますます生活は苦しくなるばかりということになりやすいのです。

家計を土台から立て直そう!

家計を土台から立て直すには、まず「月額給与」と「固定費」と「生活費」の割合をしっかり考えることからはじめましょう。

質問者様の月の給料は20万円です。

それに対して、固定費は以下の通りです。

(固定費)
住宅ローン合計840000円(月7万円)
電気代年間合計120000円(月1万円)
ガス代年間合計60000円(月5000円)
水道代年間合計60000円(月5000円)
通信費年間合計60000円(月5000円)
医療保険夫婦2人分48000円(月4000円)
合計118.8万円(9.9万円)

固定費については、電気代と水道代、保険(年払いの保険と合わせて)がやや高いと言えます。

ひとまず、電気代と水道代だけでも節約してみましょう。

(固定費)
住宅ローン合計840000円(月7万円)
電気代年間合計120000円(月1万円)→年間96000円(月8000円)
ガス代年間合計60000円(月5000円)
水道代年間合計60000円(月5000円)→年間48000円(月4000円)
通信費年間合計60000円(月5000円)
医療保険夫婦2人分48000円(月4000円)
合計118.8万円(9.9万円)→年間115.2万円(9.6万円)

水道代など、これ以上ムリ!と思われるかもしれませんが、わが家が4人家族だった時の水道代は年間44000円くらいでしたので、4人家族だった頃の我が家よりもゆるい予算となっております。

電気代も、5人家族のわが家が現在年間7万円前後ですから、5人家族のわが家よりもゆるい予算となっております。

続いて、生活費は以下の通りです。

(生活費)
食費年間合計600000円(月5万円)
日用品年間合計120000円(月1万円)
夫小遣い年間合計360000円(月3万円)
合計108万円(9万円)

食費は、家族3人(うち一人は赤ちゃん)にしてはやや高めと言えます。どうしても削るのが難しいということなら構いませんが、もう少し削れると家計がラクになります。

わが家も大食漢の夫がいまして、昔から食費は削れないのですが、それでも3人家族だった時は月45000円(当時は外食込み)くらいで足りていたので、ひとまず45000円くらいを目指してみてもよいかと思います。

その代わりに、今はない娯楽費を追加してみてはいかがでしょうか。

上記の支出だけでなんとかやりくりしようとすると、毎月かなりカツカツで全くゆとりがない生活になってしまいます。

そのため、貯金ができたとしてもちょっとしたことでくずしてしまいやすいものと考えられます。

(生活費)
食費年間合計600000円(月5万円)→年間54万円(4.5万円)
日用品年間合計120000円(月1万円)
夫小遣い年間合計360000円(月3万円)
娯楽費 年間18万円(1.5万円)
合計108万円(9万円)→年間120万円(10万円)

固定費と生活費でここまでで19.6万円です。

そこに、積立を毎月加えてもいいと思います。

ただし、積立は、月収の範囲内の方が効果的なので、旅行や家電などの積立額はやや控えめにした方がいいでしょう。

(積立)
いつかの旅行代 年間60000円(月5000円)→年間12000円(月1000円)
冠婚葬祭、家電など 年間60000円(月5000円)→年間24000円(月2000円)
産まれた月から子供貯金年間12000円(月1000円)
合計 13.2万円→年間48000円(月4000円)

毎月お給料がでたら、お給料の20万円全額おろし、固定費9.6万円、生活費10万円、積立4千円に分配します。

これを毎月繰り返していくことをオススメします。

今までは娯楽費がなかったので、毎月外食一ついくのにもためらいがあったと思いますが、月に15000円までなら外食をしてもいいし、お子さんの衣類を買ってもいいし、何をしてもかまいません。少し生活にゆとりができると思います。

また、今までしていた月3万円の貯金も結局崩していたものが、崩さなくても回るサイクルに変えることができるのではないかと思います。

貯金の計画は?

ボーナスと、手当を使って「特別費」と「貯金」をおもに考えていきましょう。

(特別費費)
年払い学資保険14万円
年払いガン保険夫婦33000円
年払い収入保障保険42000円
年間ふるさと納税30000円
年払いNHK14000円
固定資産税80000円
年払い車保険60000円
車検2年分12万円を年間60000円
自動車税35000円
合計49.4万円 

質問者様の家計は、本来あまり学資保険向きの家計ではありませんが、一度契約したものは解約してしまうと元割れしてしまうので、支払うとして、その他の保険については車の保険も含め一度見直してみた方がいいでしょう。

特に車の保険については、質問者様の家計にはガソリン代がポイントで支払っているとしか書いてありませんし、もしご主人の小遣いの中に多少含まれているとしても、大した金額ではないと思われるので、走行距離もそれほど多くないのではないかと思います。走行距離がたいしたことのない範囲でしたら、それにしては保険の金額が高いと感じます。

お住まいの地域の事情にもよりますが、手放せるならいっそ手放すことも視野に入れてもいいかもしれません。今のところ旅行や実家の帰省などで頻繁に車を使っている形跡もありませんし、ガソリン代もポイントで払える程度のようなので車の必然性が本当にあるのかがよくわかりません。車を手放してしまえば、車の買い替えもする必要がなくなります。

もちろん、車が必須の地域でしたら仕方がありませんので、今のところは車を持ち続けるという条件で計算していきます。

(特別費費)
年払い学資保険14万円
年払いガン保険夫婦33000円
年払い収入保障保険42000円
年間ふるさと納税30000円
年払いNHK14000円
固定資産税80000円
年払い車保険60000円→年間45000円
車検2年分12万円を年間60000円
自動車税35000円
合計49.4万円→年間47.9円 

ちなみに普段は車にあまりのらない、旅行や帰省の時の利用がおもになるわが家の場合の車の保険代は年間40000円以下です。

保険についてももう少し減らしたいところですが、今のところは変更しませんでした。

このようにすると、年間の貯金額は約50万円となります。積立4.8万円と学資保険14万円を合わせて約69万円の貯蓄ができます。

貯蓄額は減ってしまいますが、崩している現状を考えるとこれくらいの金額を目標に最大限の目標にされるくらいが無理のない範囲ではないかと思います。

貯蓄額を増やすより、家族のゆとりを考えるなら、もう少しレジャーなどに予算を取りたいところです。

(特別費費)
年払い学資保険14万円
年払いガン保険夫婦33000円
年払い収入保障保険42000円
年間ふるさと納税30000円
年払いNHK14000円
固定資産税80000円
年払い車保険60000円→年間45000円
車検2年分12万円を年間60000円
自動車税35000円
お楽しみ費 年間30万円
合計49.4万円→年間77.9円 

お楽しみに年間30万円ほど確保すると、小旅行や衣類の買い替えや美容室といったことにもお金が使えるようになるので、もう少し潤いが感じられるようになると思います。

その代わり、貯蓄は年間39万円に減ってしまいます。ただ、その代わりこれくらいお楽しみを確保できればほとんど貯金を崩すという必要はなくなると思いますので、長い目で見ると、結果としては貯まると思います。

全体的に緩めの貯蓄年間39万円(うち学資保険14万円)の現金での貯蓄を見ると年間25万円ずつとなりますので、9年後には225万円。

車の買い替えができるかどうかという程度となります。

緩めの予算にせず、年間69万円(うち学資保険14万円)のうち現金部分の50万円を9年間続けると、450万円。車の買い替えにも充分かと思います。

どれくらいの予算にすれば崩さずに貯めて行けるのかということを考えながらやりくりを考えていくといいでしょう。

ちなみに、今と同じ収入で、もし二人目、三人目のお子さんが産まれたとしたら、車を手放す事や保険を見直すこと、学資保険の解約まで含めてかなり抜本的に見直しをする必要がでてくると考えられます。

それならば、その頃には奥様も働きに出るなど、収入を増やす時期についてもあわせて考えていくとよいかと思います。

奥様ががっつり働いていて、もうこれ以上収入が上がりようがないということなら三人目のお子さんを経済的事情であきらめるという選択もあるかもしれませんが、現状では奥様の収入はゼロなので、子どものために働く!だから三人目が欲しい!など、前向きにどう頑張るかを考えてみてもよいのではないかと思います。

出産は、この世に新しい命を送り出す偉業です。もしかしたらなんとなかるかもしれないことを、これから起こるかもしれない困難にやる前から負けてしまっては面白くありません。

どうしてもやってみたいことなら「そのために頑張る」という方を選択したほうがいいのではないでしょうか。

やらずに何の失敗もなく平和に終わる人生より、多少困難でもやりたいことをやった人生の方が実りが大きいと思います。

子どもにも「お父さんとお母さんは頑張ってきたんだよ、だからあなたも頑張れることは精一杯頑張りなさい」と胸をはれるかもしれません。

チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。

ホンダの創業者である本田宗一郎さんの言葉です。

現状維持では 後退するばかりである。

ウォルト・ディズニーさんの言葉です。

もし出産を選ぶなら早々に働きに出るなど、収入をあげて家計をバックアップする心づもりをもってチャレンジする精神をもって望んでくださいね。

まとめ

・やりくりが大変、と思う時には一度基本から家計を見直してみるといいでしょう。

質問者様の家計は、奥様が働きに出て収入が上がるととたんに家計の様子が変わってきます。

状況が変わった時にはまたその都度見直しをするなど、定期的なチェックをしていくと安心です。

様々な家計管理の方法を試されてみたのですね。

質問者様の家計は、見せかけだけの黒字だけに捕らわれず、崩さない貯金をどのように作っていくかを考えていくと、グッと変わってくると思いますので、よろしければやってみてくださいね。

質問者様はまだまだ30代。お若いのにもう疲れてしまったなんて早すぎます。人生100年時代ですよ。これから先の人生の方が長い確率の方が高いのですから、まだまだ立ち上がれるはずです。もちろん本当に疲れてしまった時は休憩も大切です。無理のない範囲で、できることから。応援しています!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから
手取り年収300万円の家計のまとめ

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!

ご相談希望の方はお問い合わせからお気軽にどうぞ!

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ

★皆様が本当に結果の出せる!ブログを目指しています。結果でお返しできるようにできる限り頑張ります(すべての方に結果を保証しているわけではありません)★

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

POSTED COMMENT

  1. みぃ より:

    あきさん診断ありがとうございます。
    とても楽しみにしていました。
    拝見し主人とも話し合い、家計を見直してみることにし、紙に書き直していたのですが、途中でわからない事が出てきて、質問させて下さい。
    貯金を崩さないよう、20万の内訳を書いて頂きましたが、月30000円貯めていた分はどうしたらいいのでしょうか?やめるしかないのでしょうか?ボーナスなどから取るということでしょうか?理解力がなくてすみませんm(_ _)m

    • あき より:

      みぃさんコメントありがとうございます!

      月収からは4000円積立、ボーナスから貯金にすると一番簡単に家計が回せると思いますが、毎月少しでも貯金として毎月残さないと心配・・・ということなら、ひとまず次のボーナスまでは今の積み立て分月4000円を貯金にしてもいいと思います!その代わり、この月4000円の貯金は当面の間絶対に崩してはいけません。

      月のお給料は20万円ということなので、20万円を基準にして配分を考えましたが、それ以上の収入があったり、毎月上記の予算に分けてやりくりして余ったお金があればさらに貯金に上乗せしても大丈夫です。

      現状では3万円積み立てても崩してしまっているということなので、一度も積み立てないのは初めは心配かもしれませんが、その後崩れない貯金が少しずつできるようになると安心できると思います!

      ごちらこそご質問ありがとうございます♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください