家計簿の費目(項目)の考え方

外食はいくら?家計簿で食費と外食を分けるメリット・デメリット!

食費・日用品節約術

家計簿をつけているなら食費と外食は分ける!のが基本です。

なぜかというと、食費の中に外食費が含まれていると食費の予算が守れなくなるからです。

ただし、食費と外食を分けることで、食費の予算が守りやすくなるメリットありますが、同時に食費と外食を分けて考えることでデメリットも発生します。

より効率よく「食費」と「外食」の関係性を考える方法を紹介します。

食費から外食を外すメリット

食費のなかから外食を外すことで、食費の予算はグッと守りやすくなります。

家計簿をつけている方なら分かると思いますが、家計簿は「予算が守れるかどうか」がキモなのです。

今月食費がいくらになるのか自分でも分からないという状況になってしまうのが一番ダメな家計簿のつけ方です。

しかし、実際にはいろいろな事情で「家計簿をつけていても予算が守れない」という事態が発生します。

そのリスクをできるだけ減らすという対策のひとつとして、食費と外食を別に考えるということが有効です。

「食費」と「外食」を別に考えることで、「わが家の食費」についてよりクリアに理解することができるようになります。

食費から外食を外すデメリット

食費と外食を分けて考えることで、食費については予算が立てやすく守りやすいという状況になります。

しかし、食費と外食を別に考えることで外食にいくらを使ってもいいのかが分からないというデメリットが発生しやすくなります。

特に、外食は急に行く場合もあり、あらかじめいついくらを使うつもりという計画が立てにくいものです。

下手に外食の予算を立ててしまい、月5000円までとしたところで、月によっては全く外食にいかなかったり、反対に月によってはいつもより1,2回多くいってしまったりと予算に対する実績がマチマチになりやすい傾向にあります。

行く必要がないのに決めた予算通りに5000円分わざわざ外食するのもムダ遣いになります。

このように、外食の予算が守りにくくなってしまうのが食費と外食を分けて考えるデメリットです。

外食はいくらが妥当?

また、食費と違って、外食の予算は各ご家庭によって非常にマチマチになりやすく、月にいくらぐらいの予算が妥当ということがなかなか言いにくい支出です。

両親を誘って外食し、両親の分まで外食費を負担しているというようなご家庭では高くなりがちですし、両親にほとんど払ってもらえるというようなご家庭では安くなります。

週末は外食をすることが家事を休める唯一のストレス解消になっているというご家庭では、いくら外食費が高くても週末の外食ははずせません。

家でご飯を作って食べるより、外食で夕飯を済ませることの多いご家庭では、食費が安く外食費が高くなります。

このように各世帯の考え方によって大きく左右されてしまうのが外食費の特徴といえます。

世帯別や年収別の平均値を見てもあまり役に立たないことが多いです。人の平均値を見るよりも、あくまでわが家の場合はどうかを考えることが大切です。

外食は価値観で考える

外食について考える時には、自分なりの外食に対する価値観をよく見つめなおしてみましょう。

自分にとって外食がどれくらい大切なものなのか?を一度考えてみるといいでしょう。

例えば、週末なんとなく外食してラーメンを食べている時、「私はどうしてもラーメンが食べたい。これを食べることが私にとってもストレス解消」と考えている場合は、その外食は外せない大事な外食です。

しかし、「特に食べたいものはないんだけど、とりあえずラーメンでいいか」というような外食なら見直した方がいいでしょう。1食500円の外食でも、2人分になれば1000円。月に10回行けば1万円です。

そのような特に意味のない外食は思い切ってやめて、その分「たまには豪勢にお寿司でも取りましょう」など、自分にとってより価値が高いと考えられる支出にふりかえる方がより有意義なお金の使い方になると言えます。今まで1万円を意味のない外食についやしていたのですからお寿司に1万円でもだせるはずです。

ただし、よくありがちなのが、「よし無意味な外食はやめよう」と思ったものの、週末自炊するのが面倒くさくて結局外食。「また自分がだらしないから外食してしまって私って本当にダメな人間だ…」などと、自分を責めてしまうケースです。

このように自分を責めてしまう節約はやめましょう。その場合は、今の自分にとっては週末ラクをすることが価値の高いことなんだと割り切ってしまった方が気持ちもラクになります。自分にとって心地よいことには堂々としていていいのです!

やみくもに外食費を節約しなくっちゃ!と考えなくても大丈夫。

わが家の場合は?

わが家の場合でいうと、昔はよく「なんとなく」で外食をしていました。

週末になるとお昼ご飯を準備するのが苦痛で、ハンバーガーショップやフードコートなどでお昼を済ませていたこともあります。

外食にすると高いので、恥ずかしい話ですが、毎週末コンビニのパンやおにぎりやカップ麺でお昼ご飯を済ませていたこともあります。

ダラダラとした外食やコンビニのご飯も合算すると月に1万円を超えることもよくありました。

このようなダラダラ支出にお金を使っていると、自分でもお金がなくなることが心配になり、少しでも安くしたいと思って、自分が食べたいものより、値段の安いメニューを優先していました。

せっかく外食に行っても値段をみて自分の食べたいものをあきらめていたのです!

これでは何のために外食しているのかコンビニのご飯を買っているのか分かりませんよね。

わが家の場合は、外食に対する価値観が変わったことで「外食はたまにのお楽しみにする」「そのかわり行った時には現実的に可能な範囲で食べたいものを食べる」というルールに変更しました。

いくら値段より食べたいものを優先と言っても、さすがに昼から1食2000円のステーキを5人分というわけにはいきませんが、現実的に可能な範囲で食べたいものを食べるようになりました。

すると、お金を使った時の満足感もダラダラとお金を使っていた時よりもグンと上がるようになりました。

これは、自分にとってどうすることでより満足度が上がるのか?を優先して考えた結果です。

わが家の場合は、この考え方にストレスを感じないからできるのであって、この考え方にストレスを感じる方は真似するのはやめてくださいね。

自分にとっての価値観を一番に優先してください!

まとめ

・「食費」と「外食」は分けて考えます。
・「食費」と「外食」を分けて考えた上で、わが家なりの「外食」についての価値観を考えてみましょう。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓家計簿初心者が迷いやすい費目についての記事はこちらにまとめてあります!
・費目(項目)の考え方(まとめ)

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください