別財布

財布の使い方!財布でお金が自然に貯まる仕組みを作る方法は

財布

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

本当にくだらない質問なのですが、私は財布の中に封筒を切ったものを入れて、食費、娯楽費、日用品費とお金を分けて生活しています。

結果、食費がなくなると日用品費から拝借したり、その逆もあったり。
結果、手元にお金があるので予算をオーバーすることは多々あります。

財布にお金を入れてるからなんでしょうが、給料日に銀行から下ろすのは一度と決めているので、部屋に置いておくのも何か不安で…

あきさんのお財布の使い方は、どんなやり方ですか?

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「財布の使い方」についてですね。

財布の使い方

お財布には、その人のお金との向き合い方が現れます。

いつもお財布の中にカードが山ほど入っている。そのうちチェックしようかなとレシートも無造作につっこんでありいつもパンパン。レシートもグチャグチャに丸まっているものもある。

このようなお財布の方はお金は貯まりにくいと言えます。

いくらラクして貯めたいと思っても、根本的に整理整頓が全くできないようでは、垂れ流して出ていくお金も大きく、なかなか習慣として身につきません。

もちろん、難しく考える必要はなく、最低限でOKです!

レシートがお財布の中でグチャグチャに丸まってしまって、チャックにレシートがひっかかってお財布開かないとか(笑)

そのようなあまりにずさんすぎるのは考え物ということで、必要以上にキレイに保つ必要はありません。

私も、根本的に整理整頓は苦手なので(整理されていないこのブログの分かりにくさを見ていただければ整理整頓が苦手なのがお分かりいただけると思います^^;)もちろんやっているのは最低限のことくらいです。

でも、まずは最低限の整理整頓はすると気持ちがいいお財布を保つことができますし、自分でも何にいくら使っているのかが一目で分かるお財布になり、浪費防止にもなりますよ。

お金も人と同じで、大切に扱ってくれる人のところにはどんどん入るけど、乱暴にいい加減にして大切に扱ってくれない人のところからは逃げ出すというようなことをいう方もいますからね。

貯まる財布にするコツは?

質問者様は、現在は、おろしたお金を食費、娯楽費、日用品費に封筒をわけて持ち歩いているということですね。

これは悪い方法ではありません。ただ、現状では貸し借りをしてしまっているということですね。

この場合は、例えば、2,3日単位で使うお金だけを財布にいれるようにする。

もしそれができないのであれば、食費、日用品だけでひとつの財布。

娯楽費でひとつの財布というように、財布をわけるというのもオススメです。

ですが、結果としては、食費、日用品、娯楽費で毎月いくらという予算が守れていれば特に問題ありません。

貯まる財布とは?

家計簿をつけたりしなくても、実はお財布だけでもお金の貯まる仕組みをつくることは可能です。

わが家のお財布の使い方については

・お財布の中をできるだけキレイに整頓しておく

・お財布の中にいれるお金は今日、明日など近々使う金額だけ

・クレジットカード、銀行のATMのカードは持ち歩かない

このような点に気をつけています。

↓詳しくはこちらの記事で紹介しています。
・お金が貯まる財布の作り方!持つだけで浪費を防ぐ!財布の特徴とは

貯まる財布にするコツは「いくらまでなら使っていいかが分かる」「いくらまでしか使ってはいけないという上限以下に支出を収められる」という仕組みにしておくことです。

ただなんとなくお金をダラダラと浪費しないということですね!

これさえできれば、どんな財布の使い方をしていても貯まります!それでも貯まらない…という時は、もっと根本から家計を立て直した方がいいということになります。

質問者様は、月に1回しかお金をおろさないようにしている点、また特別費をのぞいた「食費、日用品、娯楽費」だけをお財布に入れているという点はとても素晴らしいです。

この方法で使えるお金の上限は分かるようになると思うので、あとは、その金額内に確実に収まるようにできる工夫さえできればバッチリだと思います。

貯まる家計・貯まらない家計

家計簿のつけ方と財布の使い方と口座の使い方。

この3つが整ってくると、だいたいお金の使い方はキレイに整います。特に財布と口座が整うと、家計簿はなくても回るようになってきます。

家計はだいたいグチャグチャになったり、複雑になったりすることが多いものなので、できるだけシンプルに分かりやすくすることで、「自分が家計を把握できるようにする」ということが大切なんですね。

お金が貯まらない人と言うのは、「自分でも自分の家計のことが分からない」から貯まらないんですね。

お金の使い方と言うのは、誰にも教わることなく大人になるので、一流大学出身の高学歴で大企業にお勤めのエリートの人でもグチャグチャになります。

今まで出会った当ブログをご利用の方でも、高学歴のエリートさんがたくさんいました。誰もが知っている有名一流企業にお勤めのような方です。

そのような方でもお金の迷子になってしまうのですから、ましてや一般的な私たちはなおさら誰にも教わらなかったら迷子になります。

家計を完全に把握できるようになれば、自然にお財布の中で貸し借りなども徐々に少なくなっていくと思いますから安心してくださいね!

まとめ

・お金が貯まる財布の作り方のコツは「いくらまで使ってもいいかの上限が自分でわかるようにしておく」ことです。

くだらない質問なんてないですよー!いただけるご質問はとてもありがたく拝読しています!今後ともお気軽にご利用下さいませ!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!財布に関するご質問はこちらから
別財布の質問(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!

ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください