ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計簿のつけ方

仕送りや家族の援助にかかるお金は家計簿で何費にする?

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

当ブログを読ませて頂き、家計簿に取り組んでいます。質問ですが、長女が結婚し、家から独立しました。

そのぶん、長女の家庭に、贈り物をしたり、食事をご馳走したり、この後誕生する孫にかかるお祝いは特別費になりますか?

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「仕送りや援助」についてですね。

仕送りや援助の家計簿の書き方

仕送りや援助の家計簿の書き方についてまとめると以下のようになります。

仕送り

子どもが1人暮らしをしている、夫が単身赴任などで、毎月定額を振り込んでいる

というような場合は、仕送りは毎月であると考えられますので、「仕送り」などの費目を作り、毎月支出をして記入していきます。

月によって仕送り額を大きく変動させずに、毎月定額にするほうが家計管理はやりやすくなります。

できれば、仕送り専用の口座を作ることをオススメします。カード払いをした場合も仕送り専用口座からお金が引き落とされるようにしたりと、すべてが仕送り専用口座で完結するようにすると、家計の混乱が防げます。

援助

同居していない両親や家族のためにお金や物品を渡すというようなこともありますよね。

これらの支出は「予測できる範疇の金額は特別費」として計上するといいでしょう。

例えば、

夏のお盆や正月に帰省してきた家族に手料理をふるまったり、外食でご馳走したりする。その時についでに孫に服を買ったりする。また、年に何回かは贈り物もする。

このような場合には「特別費のイベント費」で年間予算を組み、予算以下になるようにするといいですね。

(特別費のイベント費予算)
4月・・・贈り物5000円
5月・・・GW 20000円
8月・・・帰省 50000円

というように、想定される金額を予定しておくと「援助のし過ぎでお金がない」ということがなくなります。

もし、外食は毎月のように行っているなど、「ほぼ毎月」の場合は、すでに「たまにのイベント」というよりは「毎月確実にかかってくる支出」になりますので、「娯楽費」として「月の予算」に組み込んだ方がいいでしょう。

家計管理では「特別費は年予算」「娯楽費は月予算」と考えます。

仕送りと違い、援助については毎月定額というわけにはいかないと思いますので、「援助費」などは作らない方がいいでしょう。作ったとしても月によってばらつきが出て予算が破たんするのは目に見えています。

まとめ

・仕送りや援助は毎月なのか時々なのかによって対応をかえるとうまく管理できます。

結論からいうと、予算管理がしやすい方法でつけていくのが家計簿の正解と考えます。予算を立てても守れない家計簿にならないようにすることができるのが上記の方法だと考えます。

娘さんのご結婚おめでとうございます!これからお孫さんの誕生など楽しみな事が増えますね(#^^#)

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!家計簿のつけ方に関するご質問はこちらから
家計簿のつけ方(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!

ご相談希望の方はお問い合わせからお気軽にどうぞ!

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください