家計簿の基本のつけ方

ふるさと納税の家計簿のつけ方!家計が苦しくならないコツは?!

ふるさと納税はお得!と言われることが多く、やってみたい!と思う方も多いのではないでしょうか。

でも、ふるさと納税をすると家計が苦しいんだけど…という方もいるのでは?

家計簿をつけている方にとっては、ふるさと納税は何費なの?というのも悩みどころ。

家計を苦しくせずに、ふるさと納税をするコツをまとめて紹介します。

ふるさと納税のコツ

ふるさと納税とは、個人の住民税の一部を自分の応援したい自治体に寄付することで、寄附金が所得税・住民税の控除の対象となる制度です。

ふるさと納税を行うと、実質の負担金2000円で地域の特産品がもらえるので、お得!と言われることが多いのですが、デメリットもあります。

「きちんと計算をせずに寄付をしてしまうと、控除の対象にならない場合があること」と、「いったん自分で費用を支払わなくてはならないので、赤字の家計にとっては手痛い出費にもなってしまうこと」です。

「きちんと計算をせずに寄付をしてしまうと、控除の対象にならない場合があること」は、きちんと計算をすればいいだけのことなので、比較的容易にデメリットを防止することができます。

しかし、「いったん自分で費用を支払わなくてはならないので、赤字の家計にとっては手痛い出費にもなってしまう」というデメリットは、特に「どんぶり勘定で赤字」という家計にとっては深刻な問題になります。

たとえば、「ふるさと納税で米や肉などを頼んで食費の節約に」とふるさと納税をしても、そもそもどんぶり勘定で家計のやりくりがメチャクチャな人がやっても食費の節約にはならず、余計に食費がかさみ、さらに赤字が拡大するだけで逆効果になってしまうことが多いのです。

いくらおさめた金額分は翌年戻ってくるとはいえ、家計が余計に火の車になってしまうなら本末転倒です。

せっかくのふるさと納税がさらに赤字を増長させ、家計の負担にしかならないようではもったいないですよね。

そんなやりくりの仕方にならないようにするコツは「きちんと計画的にふるさと納税をする」ということです。

ふるさと納税のコツ(家計簿をつけていない時)

家計簿をつけていないのに、どうやって計画的にふるさと納税をすればいいの?

と思う時は、ボーナスや手当など、まとまった収入がある時に行うのがオススメです。

例えば、ボーナスなどが出た時にまとめてふるさと納税をし、ふるさと納税が毎月の家計の赤字の上乗せにならないよう工夫しましょう。

ボーナスがふるさと納税に回せるほど残らない…という時は無理をしてふるさと納税をしない方がいいという家計のサインです。

ふるさと納税をしても貯金にもお金が回せるゆとりがあるかどうかを確認してからふるさと納税を行うと、ふるさと納税で毎月の家計がさらに圧迫されるという現象を防ぐことができます。

ボーナスなどで一度にふるさと納税を行うと、たくさんの特産品が届いてしまって冷蔵庫がパンパンになって困る…という場合もありますよね。
そんな時は、ボーナスから取り置いた現金の範囲内で毎月ふるさと納税をし、引き落とし時にはとりおいた現金を当てるという方法も有効です。

ボーナスがない家計で、家計が毎月赤字の時はふるさと納税はやめておきましょう。「ふるさと納税はまずは家計の赤字を改善してから」という順番にしないとさらに家計がメチャクチャになってしまう可能性があります。

ボーナスがない家計がふるさと納税を行う場合は、毎月コンスタントに黒字がでていることを確認し、黒字の範囲内で行いましょう。

ふるさと納税のコツ(家計簿をつけている時)

家計簿をつけているというしっかりさんにはふるさと納税はメリットしかない制度になりますので、是非上手に取り入れてみて下さいね!

家計簿をつける時、ふるさと納税は「おもに銀行引き落としとなる年間の支出を記録するページ」に記入すると便利です。

■参考:ふるさと納税の家計簿のつけ方(記入例)

ふるさと納税の家計簿のつけ方(年間の家計簿)ふるさと納税の家計簿のつけ方(年間の家計簿)

※クリックで拡大できます。

「特別費」という費目を作り、引き落とされる金額を記入しましょう。

現金払いと同じように記入しないと、訳が分からなくなる…という場合は、「おもに現金払いの支出を記入する家計簿のページ」に記入するのもオススメです。

■参考:ふるさと納税の家計簿のつけ方(記入例)

ふるさと納税の家計簿のつけ方(毎月の家計簿)ふるさと納税の家計簿のつけ方(毎月の家計簿)

※クリックで拡大できます。

こちらも同様に「特別費」という費目を作り、かかった金額を記入します。

このように記入する場合は、かかった金額分の現金をお財布から抜き、封筒などに保管し、引き落とし月に口座に戻します。

ふるさと納税の予算を立てる時には、特別費予算表で管理すると便利です。

■参考:ふるさと納税の特別費予算表の書き方(記入例)

ふるさと納税の家計簿のつけ方(特別費予算表)ふるさと納税の家計簿のつけ方(特別費予算表)

※クリックで拡大できます。

このようにして、年間の支出の計画の中に組み込んでおくと、計画的にふるさと納税を利用することができます。
ふるさと納税をしても家計が圧迫されないないか、支払うことが厳しくないかなどを確認してから実行できるので、安心してふるさと納税を行うことができます。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!こんな時どうつける?家計簿のつけ方とは?
家計簿の基本のつけ方(まとめ)

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

最新の記事はホーム画面からどうぞ★

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください