ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収600万円以上の家計

【手取り年収700万円台の家計簿公開】子どもは3人目を考えています。

家計診断

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

今日は家計診断を申し込みたくメッセージします。
家族4人(夫36私33子5・3)子供がもう一人ほしいなとも思っているのですが、このままで大丈夫でしょうか。

収入
夫給与400 賞与120
妻150
太陽光16万
児童手当30万(下の子が3歳になったので今年は24万)
合計716万

支出
住宅ローン98万(月8万ボーナスなし)
電気12万
水道6万5千
eo光(ネット、固定電話、テレビ)8万
ケータイ夫 10万
ケータイ妻3万6千
生命保険46万(掛け捨てではない医療保険、がん保険が高額見直し中)
新聞5万6千
保育料56万
妻国民年金20万
妻国民健康保険7万
お稽古10万
固定費282.7万円

現金管理支出
食費 66万(月5~6万)
日用品12万(月5千~1万)
娯楽 36万(月3万)
ガソリン12万(月1万)
126万

特別費
美容(コンタクト、美容院、化粧品)4万2千
交際(職場飲み会、ゴルフ等)22万
病院6万
インテリア12万
被服20万
旅行20万
固定資産税13万
自動車税3万5千
車修理20万
NHK2万4千
イベント5万
予防接種、保育園新年度用品7万
135.1万円

昨年一年間とりあえずつけてみたものの、正確な数字ではありません。ほかにもぽろぽろかかっているような気がします。

被服費やインテリアはつい高くなりがちで今年は昨年の実績をもとに予算を立ててはいますが難しいなと感じています。

子どもにもう一つお稽古をさせたい(二人で年間20万くらいかかりそう)私は非正規なので産休や育休がないなど不安要素があり悩んでいます。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます!

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入716万円
支出543.8万円

収支は年間約172.2万円の黒字の予定ということですね。

生命保険46万(掛け捨てではない医療保険、がん保険が高額見直し中)

こちらがあるので、貯蓄としてはもう少しありそうです。

ただ、正確な数字ではなく、予算を立ててみたけれど実際には難しいところがあるということですね。

気になる支出は?

質問者様の家計は、まず収入が高いということが最大のメリットと言えます。

加えて、お子さんがまだ小さく、それほどお金がかからない時期ということで、お金の貯めやすい状況といえます。

気になるのは、ご夫婦ともにお仕事をされているということですが、小遣いの記載がない点です。

実際には小遣いがあるということですと、黒字額も現在よりも少ないのでは?と推測されます。その辺の支出の状況を今一度確認してみてください。

その他気になる支出は、全体的にやや支出が肥大しているところは見受けられますが、現在の収入から考えると、それほど多すぎるとも感じません。被服、旅行、インテリア、ゴルフといったお楽しみにもお金が配分できているので、ケチケチしすぎずほどよい状況の家計です。

毎年年間172万円(保険をあわせるとそれ以上)の貯金がしっかりできているならば、現状のやりくりにほぼ問題はないと感じます。

ただ、実際には小遣いの費用があったり、旅行やインテリアや衣服にもう少しお金をかけていたりで、毎年年間172万円以上の貯蓄ができていないという場合は要注意です。

それでも年間100万円以上残せているというならばよいのですが、実際には年間50万円も残らないというような状況だと、家計はしっかりと改善しなくてはいけない状況です。

3人目のお子さんはどうする?

これから3人目のお子さんの出産を考えているということですね。

お子さんを産む産まないの判断は、命1つ違うわけですから、とても大きな判断です。

仮に少なくとも年間150万円は現金での貯金ができているという仮定で家計を見てみると、お子さんが産まれてから5年は経過しているので、すでに750万円ほどの貯金があるのではないかと思われます。

今後も少なくとも上のお子さんが小学生のうちのあと6、7年は年間150万円の貯金をし続けることができれば、6年後には1650万円になります。

ただ、そこからは今と同じ収入と支出のままでは年間150万円の貯金は難しくなる可能性があります。仮に年間100万円の貯金を上のお子さんが高校3年生になるまでの6年間続けたとすると、2250万円の貯金になります。加えて貯蓄型の生命保険の返戻金なども他にある状況となります。

しかし、ここからお子さんが3人が私立文科系大学を選択するとすると、合計で1200万円ほどはかかると予測されますので、貯金を減らして対応する可能性もあります。全額貯金から支払うと、一時期は2250万円まで増えると仮定される貯金も1050万円まで減ってしまいます。特に上のお子さんと下のお子さんが同時に大学生となる2年間は教育費が非常にかかる2年となります。

現状では下のお子さんが大学を卒業されても、ご主人は50代後半です。そこから巻き返して再度貯金を増やすこともできるように思います。ですが、3人目のお子さんの誕生時期によっては3人目のお子さんが大学を卒業するころには60代になっている可能性もあります。

お子さんが高校生までは公立を選択しているなら大学費用以外はなんとか貯金を崩さずに対応できる可能性もありますが、私立中学や私立高校を選択した場合にはまた随分と様子が変わりそうです。

というように、安心して3人目のお子さんを考える時には、大きく10年、20年後のお金の流れの予測をしながら計画を立てることが必要になります。

現状の収支状況から考えると、あと20万円分のお稽古を増やしたり、3人目のお子さんを出産されたとしてもただちにお金に困る生活に転落するという可能性はないように思います。

しかし、生活レベル的には私立中学、私立高校などを選択してもおかしくないので、そのような選択した場合も支出が大きく増える可能性があり、今後どのような選択をするかによってたちまち赤字に転落する可能性もあります。

特にお稽古の費用には今後も注意が必要です。

まだ上の子が5歳で、部活が始まる中学生になるまでの間は今のお稽古を継続。下の子はもう少し大きくなったらもう少しお稽古を追加。
と考えるとこれからかなり長い期間お稽古に費用がかかります。
3人目のお子さんが誕生し、3人目のお子さんにもお稽古を…となると、かなりの金額をお稽古に使うようになるので、お稽古についてはこれから先も注意しながら選択していってくださいね。

質問者様の家計は、支出がこれからどんどん増えそうという点で今後の家計についてはやや心配が残ります。

ただし、今と同じくらいの支出状況をこれからも維持し、お子さんが一人生まれたら被服や交際を少し控える、下の子のお稽古のことも考えながら上の子のお稽古を増やしすぎないようにし、全体的に支出が大きく増えないように工夫する、などのことができればお稽古を追加したり、3人目のお子さんを出産されるなどしてもただちに家計が苦しくなるということは現状の家計の内容なら避けることが充分に可能な範囲です。

子供が欲しいけど家計が心配な時

家計相談をお引き受けしていると、時々「もう一人子どもが欲しいのですが無謀でしょうか」というようなご相談をうけることがあります。

その答えには私から「YES」とも「NO」ともはっきりと申し上げることはできません。

出産というのは新しい命をこの世に生み出すとても尊いことです。

あまりにも無謀な場合は経済的な理由でやめた方いいこともありますが、本当にもう一人欲しいと考えるなら、産むからには頑張って育て上げる!という気持ちで前向きに考えてもいいのではないかと思います。

ちょっと経済的に心配だから本当は欲しいけどあきらめて無難に生きるという人生より、もう一人子どもを産んだらちょっと家計は苦しくなるかもしれないけど、産まない後悔より、産んだ後の苦労の方がずっとマシ!新しい命を育てるための苦労ならたとえしたとしても、子どもを産んだことを後悔などしない!と考えてもいいように思うのです。

授かりたくても授かれない方もいらっしゃるのですから、せっかく欲しいと思うならあとは頑張って何とかしようという気持ちがあってもよいのではないでしょうか。本当に苦しくなったらパートとバイトの掛け持ちをしてでも何とかする!くらいでいいような気がします。

きっと経済的理由で産まなかった後悔の方が人生でずっと長く尾を引くのではないかと思います。

あくまで個人的な考えなので、押し付けるつもりはありません。どのような選択をするかは質問者様の自由です。

まとめ

・収入が高めの世帯の方は、特に習い事の費用に注意が必要です。

早1年も家計簿をご利用いただきありがとうございます。

現状では年間170万円近い黒字が出ている計算となっております。この通りの黒字が出ていない時は特に小遣いなどの支出がないか今一度ご確認ください。あまりに大きな支出を書き忘れている場合は再診断も可能です。

今後の家計がよりよいものになっていかれますように、こころから応援しております!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから
手取り年収600万円の家計のまとめ

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!

ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
当ブログの書籍発売中です!

当ブログから以下の書籍が発売されています。よろしければご覧ください★

定価500円+税!でスタートできます!
書きこみ式!あきの家計簿

当ブログ3冊目の書籍です。実際に金額を書きこめる形式のあきの家計簿です!年度の途中など、いつからでも始められるようになっています。


あきの家計管理(年間予算の作り方)

当ブログ2冊目の書籍です。家計簿を始めようと思ったけど、年間予算の作り方が分からない・・・という方のためのあきの家計管理です!
家計簿をつけられない方のために、家計簿をつけなくてもできる家計管理も掲載しています。


あきの家計簿

当ブログ1冊目、はじめての書籍です。自作家計簿ノートを作ってあきの家計簿を始める方法のまとめ本です。画像や図が多くなっています。
実際の金額は書きこめませんが、写真や図が多いので文字が苦手な方でも読みやすくなっています。3冊目よりも説明が詳しいので、3冊目の補足としてもご利用いただけます。

★皆様が本当に結果の出せる!ブログを目指しています。結果でお返しできるようにできる限り頑張ります(すべての方に結果を保証しているわけではありません)★

POSTED COMMENT

  1. うらら より:

    ありがとうございます!今のまま子供二人にお金をかけるか、3人目でがんばるか。悩みどころではありますが、今は3人目にチャレンジしたいという気持ちでいます。ライフプラン表も作ってみましたが、3人だとゆくゆく私がフルタイムで働くことになりそうです。ただ子供が小学生の間だけは勤務時間をへらすことも考えているため、家計のコンパクト化が最近最大のテーマです。
    あきさんが我が家の家計簿で膨らんでいると感じられる支出や減らせそうな費目をお時間あれば教えていただければ嬉しいです。

    • あき より:

      うららさんコメントありがとうございます!

      お返事が遅くなりました!

      うららさんの家計の場合は、今後どうしていくのかという推移の方がどちらかというと大切です!

      今の時点の家計のやりくりには大きな問題点はないと感じますので、自信を持ってくださいね!(#^^#)

      見直せるとしたらやるとしても携帯電話と生命保険料くらい充分と感じます。

      あとはもちろんお楽しみにかける費用などが一般よりはやや多めですが、削るべきか?という視点で考えると収入もありますし貯蓄もできているのですから、これくらいのお楽しみはあってもいいと感じましたのであえて触れませんでした!

      もしももう少しコンパクトにしたいということなら、交際、衣服、車修理を重点的に見直し、年間で20,30万円節約できると随分引き締まると思います!

      ただ、そこまでやる意義があるかどうかという点で今はないと感じますので、将来的に収入が減った時に優先的に考えるといいかなと感じます!(#^^#)

      3人目のお子さん、前向きに検討できるといいですね~!やりたいことのできる人生を開拓していってくださいね!応援しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください