カード払い・電子マネー

夫がカードの利用をやめない!使いすぎにならないコツを教えて!

クレジットカード・電子マネー

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回相談内容

こんにちは。
参考にさせてもらっています。

もうすぐ結婚で新生活が始まるので家計簿について相談です。

結婚を機に旦那がカード派なのでポイント貯める為に旦那カードで支払いをしていきます。

その際項目ごとに予算を決め、カード払いをしてもその都度現金で払ったようにして予算内にやりくりして行く予定です。

旦那のカードは毎月15締め翌月10日払いで、私は家計簿を1日~月末で考えた方が楽なのですが、締め日と支払い日が月の真ん中に来るので困っています。

また旦那のメイン口座が入出金無料回数が3回なのですが、給料日に予算を下ろして、使った分の現金を封筒に分けてやろうと思ったのですが、入金がもったいないからわざわざ予算を下ろしてくる必要もないと言われてしまい、現金取り分けができません。

こういった場合、カードの締め日支払日を無視して、1日~月末の1ヶ月の予算でやりくりをし、今月は予算内だった、予算オーバーだったと把握するしかないのでしょうか?

締め日は真ん中だし、現金を取り分けない分、口座の残高は多いままなのであまり残高は頼りにならないので、毎月ちゃんと貯めれていけるのか不安です。

そして、カード主義の旦那の小遣いは現金に変えたいのですが、ポイントのことを考えると旦那はカードを使いたいときもあるそうです。(ネット購入なども含めて)

その場合小遣いから現金を旦那から受け取る方法しかないでしょうか?

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「カード払いを夫がやめない時」についてですね。

カードでの支払い

クレジットカードでの支払いはポイントも貯まりますし、便利ですよね。

ネットでしか買えない商品もあるのが魅力的です。

しかし、どんぶり勘定の方がいい加減にカードを利用すると、家計がメチャクチャになるという危険なものでもあります。

特に、手元に現金がないので、足りない生活費を補うためにカードを使っている方は要注意。

家計のサイクルが完全に狂ってしまっています。

そのような家計の方がいくらポイントのためとはいえクレジットカードを使い続けると、家計は自転車操業になり、徐々に破たんしていきます。

私はこれまでに1000件以上の家計相談にお答えしてまいりましたが、そのような「カード払い地獄」に陥ってしまっている方をこれまでに何人も目の当たりにしてきました。

また、そのような方が時間はかかるものの、何度か相談を重ねるうちに見事に家計を再生されて行く様も見てまいりました。

そのような経験から、私のオススメは、「カードでの支払いは、極力控える」「どうしても使う時は、購入時に現金を取り分け、引き落とし時に口座に入金する」という方法です。

この方法で家計が再生された方がこれまで何人もいらっしゃいます。

しかし、カード払いが多すぎる方、どうしてもカード払いをやめたくない方もいらっしゃいます。

そのような方にとっては、現金をとりわけるという作業がとても面倒くさいものになってしまいます。

そのような方には、家計簿をつけるなら残高をチェックせず、支出として記入し、月の予算が守れているかだけチェックするだけでもよいということにしています。

質問者様の場合は?

質問者様のご質問は以下の4点ではないかと推測いたします。

1.夫がカード払いをやめるつもりがない。今後も夫の分はカードでの買い物が発生する。

2.購入時に現金を取り分ける方法も夫が反対するためできない。

3.家計簿の締め日とカードの締め日が違うため、やりくりが難しい。

4.口座に引き落とし分の現金を残しておくので、残高が多くても貯金とは言えず、貯まっているのか分からない。

1つずつ、回答させていただきます。

1.夫がカード払いをやめるつもりがない。今後も夫の分はカードでの買い物が発生する。

このような時は、夫専用のクレジットカードを持っていただくのが有効です。

ご主人は、カード払いをした時に現金で取り分けることはしなくないと考えているのですから、それはそのまま尊重したほうがよいと思います。

その代わり、ご主人には夫専用カードも持ってもらい、そのカードを使って支払いをしてもらうようにしましょう。

引き落としも夫のカード払い専用口座にしましょう。

現在メインバンクのカードが夫のカードになっている場合は、メインバンクでもう一つ口座を作るなどして、夫の支払いと生活費での支払いは分けるようにしましょう。夫のカード払いの口座に生活費は残しておかないようにし、生活費からの入金はほぼゼロにしておきます。

ほぼ残金ゼロの口座の中で、小遣いの範囲でご自分で支払いをやりくりしてもらえばよいと思います。

この方法なら、ご主人はカードでの支払いを現金で取り分ける必要もありませんし、ご自分のペースで口座に引き落とし分を入金してもらえばいいだけなので、ご自分でもカードの支払い額がいくらかきちんと把握できるようになると思います。

くれぐれもご主人のカードの支払いに生活費は充てないようにしましょう。

もちろんこの対応はご主人の自分のものをカードで買う時の対応です。

ご主人が家族のものをカードで購入する場合は、引き落とし先が生活費の口座になる家族カードをつかってもらうようにするといいでしょう。

ご主人が夫専用カードと家族カードを使い分けるのが面倒だからイヤだという時には、家族のものを購入した時は生活費をご主人の専用口座に入金するなど、臨機応変に対応してください。

このようにして、嫌がることを無理にやらせるのではなく、カード払いの現金払い化はできる人がやり、やりたくない人にはやらなくても回る仕組みを提供するようにすると、個人の考えの自由が尊重されます。

夫婦間で支払い方法を巡ってトラブルになる可能性も低くなるでしょう。

わが家でも同じ方法にしています。私から夫に「カードで支払った時は現金で取り分けをして」と頼んだことはありません。

夫専用のクレジットカードと、夫専用の口座を持ってもらっただけです。専用カードと専用口座を使って、自分の小遣いの範囲内で自分のカードの支払いもやりくりしてもらうというだけの条件です。

しかし、たったそれだけのことで、カードで支払った金額を自分が把握していないと、2ヵ月後の自分の小遣いがなくなってしまい、お昼ご飯が食べられなくなったり、支払いが滞る可能性があることを自然に察知できるようになり、今では何も言わなくても自分で現金を取り分けて対応しています。

2.購入時に現金を取り分ける方法も夫が反対するためできない。

これも、ご主人の口座と生活費の口座をしっかりわけることで解消すると思われます。

口座の利用回数が減ってしまうのがイヤだというのは、ご自分が入出金をする回数を取っておきたいということだと思います。

しかし、自分専用の口座があれば、ご自分が入出金を行うのは自分の口座だけですので、奥様が管理している口座の利用回数が減ってもまったく影響がありません。

ご主人が現金取り分けをしたくないという意見を尊重するのと同時に、奥様が現金取り分けをしたいという意見も尊重されてよいと私は考えます。

そこまでも自分の考えの通りにしろというご主人はあまりいないと思いますが、そこを強制されてしまうと、特に奥様には思想の自由がない状況になります。

今はまだ新婚さんということで、ご主人を尊重しなくてはという思いもあるかもしれませんが、これから長い夫婦生活を円満に不満なく維持していくには、やはり夫婦それぞれに自分の考えが尊重される場面も必要ではないかと感じます。

なんでも夫の考えに合わせていくだけの生活では、今はよくても数年後には不満が爆発することにもなりかねません。

お子さんが成人されたご夫婦に夫婦円満の秘訣はなんですか?と聞いたところ「もちろん必要な時はお互いに向き合うけれど、あとは隣にいるけどそっぽを向いていることかな(笑)」とおっしゃっていた方もいます(笑)。

私も結婚して15年以上になりますが、やはり、夫婦とはいえ別の人間なので、個人の考えや自由が確保されないと、どちらかが我慢ばかりしなくてはいけない夫婦関係になりやすいと感じます。

これから新生活を始めるにあたって、時には夫に合わせる部分も大切ですが、お互いにお互いの考えを尊重できる状況にしておくというのも検討してみてはいかがでしょうか。

3.家計簿の締め日とカードの締め日が違うため、やりくりが難しい。

こちらについては、家計簿の締め日と、カードの締め日の関連性は特に気にする必要はありません。

例えば、家計簿の締め日が12月1日~31日が12月分、1月1日~31日が1月分なのに、カードの締め日は12月15日~1月15日がだったとしても、12月中に発生したカード払いは12月の家計簿、1月中に発生したカード払いは1月の家計簿につけてしまってかまいません。

とりあえずカード払いをしたら現金を取り分け封筒に入れます。1月31日の時点で5万円を取り分けていたとします。

しかし、2月10日に引き落とされる金額が3万円だった。

このような場合は、引き落とされる3万円のみ口座に戻し、あとの2万円はそのまま保管しておけばOKです。

家計簿の締め日とカードの締め日を何とか合わせてつけようとする必要はありません。

4.口座に引き落とし分の現金を残しておくので、残高が多くても貯金とは言えず、貯まっているのか分からない。

この点については、「生活費口座」と「貯金口座」を分けて持つことが有効です。

カード払いの分の現金を口座に残しておくのは当然ですが、引き落とし額のみとし、それ以上の金額は生活費口座には入れないようにしておくと分かりやすくなります。

まとめ

・夫婦間で意見が食い違う時は、時には合わせることも大切ですが、個人の自由を尊重するのもひとつの選択肢です。

結婚されての新しい生活、楽しみですね!

授かり婚でなければ、新婚さんのうちは特に二人の時間が持ちやすい時期です。

お互いの考えの違いなども出る時期ですが、これから長い年月を過ごすことになるのですから、お互いにリラックスした関係を保てるといいですね(#^^#)

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!カード払いや電子マネーに関するご質問
カード払い・電子マネーに関するご質問(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!

家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!

ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください