ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

積み立て・口座・貯金

増えたり減ったりする貯金通帳を見ると不安になる!

通帳、口座管理

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回相談内容

我が家では貯金用口座が3つあります。

すべての口座で4月と比べると貯金は増えています。

また貯蓄型の保険にはいっており、そちらの支払いも合わせると4月からで100万円は貯金ができているんですが、年間の家計簿をつけているとマイナスの月もあり、なんだかお金がたまっている気がしません。そんなものですか?

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「通帳の残高の増減」についてですね。

通帳の残高の増減がある時

通帳の残高が毎月増えていく一方だったらとても嬉しいですよね。

でも、実際は予定外に大きな出費などがあることもあり、そう簡単にはいきません。

なかには、思ってもみなかった災害や急病や失業といった出来事に向き合わないといけないこともあります。

そのような大きな出来事がなくても、車検に思ったよりお金がかかった、急に大物家電が壊れてしまったというようなこともあります。

そのような様々な出来事の中で家計を管理していくのですから、通帳の残高は通常は増えたり減ったりを繰り返しながらも増えていく、という経過をたどるのが普通です。

予定外に大きな出費があれば、とても月収だけでは賄いきれず、月によっては黒字になったり赤字になったり。

通帳の残高も増えたり減ったり。

そのような動きは正常の範囲内ですので、気にする必要はありません。

通帳の残高の増減で重要な事

ただし、通帳の増減で重要なことがひとつだけあります。

それは、家計簿の基準日からみて残高がどうなっているかということを見ておくということです。

たとえば、毎年1月1日スタートの家計簿なら、その1月1日に一番近い日付の通帳の残高をチェックします。

A銀行 20万円
B銀行 10万円
C銀行 100万円
合計 130万円

だったとしたら、その年の基準貯金額は130万円です。

この基準の貯金額と比べてどうなっているかということを毎月確認しておきましょう。

例えば

2月の残高

A銀行 10万円
B銀行 10万円
C銀行 100万円
合計 120万円

となっていた場合は、基準額よりマイナス10万円になっています。このマイナスの理由が車検などがあったなど明確な理由があればOKですが、全く思い当たるふしがない時は気をつけましょう。

3月の残高

A銀行 15万円
B銀行 10万円
C銀行 100万円
合計 125万円

4月の残高

A銀行 15万円
B銀行 20万円
C銀行 100万円
合計 135万円

というように、3,4月と少しずつまた基準の貯金額に戻し、4月では基準の貯金額130万円を超えています。

この時はじめてこの年は黒字が出始めたという認識をします。

基準貯金額の130万円をどんどん下回り始めている、増えたり減ったりを繰り返しているが基準貯金額の130万円から何ヶ月たっても増えていない、このような時に家計は黄色、または赤信号になりかけていると判断しましょう。

質問者様の場合は基準と比較し、100万円増えているということなので、まったく問題ないと考えてよいと思います!

月単位で赤字か黒字かにあまりとらわれる必要はありません。

あくまで基準貯金額からどれくらい増えているかが重要です。

はじめのうちは目先の通帳の残高の増減にどうしても感情がひっぱられてしまいがちです。

ですが、この増減を繰り返していった時に1年後はどうなのかという視点があると全くそのような不安がなくなると思います。

私も昔はそんな風に考えることができず、ただ目の前の増えた減ったに左右されていた時期があります。

昔は、今月は赤字だった、黒字だったという月単位の収支しか追うことができなかったんですね。

その時は、赤字の月があれば「お金が減った」とガッカリして、黒字の月があっても「どうせまた赤字の月があるから油断してはいけない」と安心できなかったものです。つまり「赤字でも黒字でも安心できなかった」のですね。

しかし、今は、1年後自分の家計がどうなるかはっきり自分でもわかるようになったので、赤字でも予定通り!黒字でも予定通り!と安心することができています。

そんな風に不安になってしまうのは、やはり1年を通しての家計が見えていなかったからだと痛感しています。

是非、ちょっとの増減では全く何とも思わない!予定通り!(笑)と思えるどんとこい!な家計のやりくりになるといいですね!

まとめ

・貯金額が増えているかどうかは基準貯金額から比べてどうかという視点で考えましょう

貯蓄性のある保険も含めて年間100万円もの貯金ができているのはとても素晴らしいことです!やりくりに自信を持って進めて下さいね!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!積立・口座・貯金に関するご質問
積み立て・口座・貯金に関するご質問(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください