ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

投資

超!投資初心者にオススメ!投資をはじめるなら?(まとめ)

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回相談内容

投資についてかなり興味がありますが、お金のことなので慎重になっています。

まずは自分で勉強をしてから、はじめたいと考えています。

あきさんが参考にしていたり、初心者向けだなと感じる本などがあれば教えて頂けると嬉しいです。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「投資」についてですね。

投資

人生100年時代と言われる現代では、老後の蓄えを自己責任で行うことは必須になってきています。

なぜなら、現在の年金の受給額の平均は月22万円程度と言われているからです。

そこから税金などを引くと、可処分所得は約18万円ちょっとといわれています。

つまり、月18万円で生活できない人は毎月赤字がでてしまうということ!

最近の傾向では、この収入の不足分を補うために投資など様々な貯蓄で年金の不足分に備えることを推奨されています。

初めての投資は

さて、最近の傾向からいって、老後の準備の一環としても投資は必須になってきつつありますが、やっぱり初めての時は怖いですよね。

投資は必ずしも儲かるというわけではなく、時には元本を割ってマイナスになることもあります。

私も投資を2年ほどしておりますが、プラスがつく時もあれば時にはマイナスがつくことも経験しています。

ただ、一時的にマイナスがつくことはあっても、その後追加投資を行わなくても勝手にプラスに回復していることもしょっちゅうあります。

初めて投資を行うのであれば、まず「投資とは何か」ということについて書かれている書籍などで勉強するのがオススメです。





投資とは何か?を理解するのに個人的にオススメなのはこちらの3冊の書籍です。

3冊目は家計の本のように見えますが、実際は投資についてのお話がメインです。

私も拝読いたしましたが、とても読みやすく分かりやすいです!

ただし、3冊ともあくまで「超!初心者の投資の入門書」としての位置づけです。

具体的にどうやって運用して利益を得ていけばいいのかということについては物足りないと思います。

もちろん超!初心者のための入門書としての位置づけなので、具体的にどうやって運用していけばいいのかは書いていなくて当然です。

「超!初心者」から一歩踏み出して、「初心者」のレベルになった時にはまた違う書籍で知識を得ていく方がいいでしょう。

個人的な見解としては

個人的には投資はこれから必須の世の中になっていくと思います。

アメリカでは、現金より投資として貯蓄を持っている割合が日本よりずっと高いと言われます。

つまり「現金主義」なのは日本人の特性に近いのですね。

ちなみに、これも私の個人的な見解ですが、世の中的には「投資信託」がオススメされることが多いですが、私は投資信託より株式投資派です(もっと詳しくいうと、株式投資メイン+投資信託サブのミックスタイプです)。

上記で紹介した書籍でも株式投資を勧めている書籍は1冊もなく、全て投資信託がオススメされています。

一般的には、投資信託より株式投資の方がリスクが高いので、よりリスクの低い投資信託をしましょうと言われることが多いということですね。

しかし、投資信託は本当に時間とタイミングと銘柄をよく見ていかないと短期的にはなかなか増えません。

投資信託は日経平均と連動していますので、増えたと思ったら日経平均の下落とともにあっさりマイナスになるということの繰り返しになることが多いというのが個人的な経験則です。

ただ、投資信託はどちらかというと時間がモノをいう部分がありますので、長い目で見ていくつもりです。

一方、株式投資は配当金や株主優待は毎年確実に受け取れます。

そのため、不祥事などで元本をあまりに大きく割り込んだり倒産したりという「まさかこの企業が?!」と青くなるような出来事さえなければ、毎年何らかのリターンが期待できます。

私も株式投資によって毎年配当金を得ていますし、株主優待で旅行などにいけば1回で数万円割引になることもあります。

また、私はデイトレードをするほど株式投資をがっつり行ってはおりませんが、気が向いた時に年に数回売却して運用益を得ることもあります。

配当金+運用益だけでも最低元本の3%以上は利益を得ていますし、+株主優待によって株式投資を行っていることでのメリットは5%以上になるとも言えます。

ただし、このように私の場合は今のところは毎年利益を得られていますが、これは永久に保証されているものではありません。当然投資なので、常に元本割れのリスクとは隣り合わせです。私自身もいつどうなるか分からないリスクはしっかりと理解した上で株式投資を行っています。

ちなみに金融商品取引法というものがありますので、よくブログでこれがオススメです!と個別商品をすすめている場合がありますが、場合によってはこれは金融商品取引法違反に抵触する恐れがあります。

そのため、当方では詳しい投資の具体的な商品の言及は避けさせていただいております。

法律を順守し、あくまで一般的な事例についての説明と、自分の場合はどうかという点の紹介にとどめさせていただいております。

まとめ

・投資についてはまずは投資とは何かということから勉強するといいでしょう。リスクとリターンについてしっかり理解した上で、何の投資を行うか自分で選択しましょう。

投資はリスクとリターンの両方の側面を持っています。両方の側面についてしっかり理解していないと、ただの損失になる可能性がありますので、慎重に選択しましょう。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!投資に関するご質問
投資に関するご質問(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

最新の記事はホーム画面からどうぞ★

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください