ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

積み立て・口座・貯金

家電やインテリアの買い替えで赤字!そんな時に始めたい積立とは

特別費

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回相談内容

あきさん、こんにちは。
あきさんの家計簿を利用して早1年半、全体の把握はできていますが
まだまだ予算が守れない部分もあり日々格闘中です。

早速ではありますがよろしくお願いします。

・臨時費について
特別費の中の臨時費と比較的小さな急な出費に対応する予備費は別のものと考え予備費は臨時費とは別に積み立てをしていくということでしょうか。

また、家電インテリア費は故障の対応ではなく買い替えのための積み立てということでしょうか。

それぞれなんのために積み立てているのかわからなくなってきました。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「積立」についてですね。

特別費の積み立てについて

家計の中には「特別費」と呼ばれる支出があります。

車検、固定資産税などの税金など比較的高額になりやすいけれど決まった支出から、

壊れた家電の買い替え、急な高額医療費の支払い、急な冠婚葬祭などの突発的な支出まで

様々な支出が特別費として存在します。

そのような支出のうち、発生することが分かっている支出については予測がしやすいものです。

しかし、「突発的に発生しやすく、予期せぬ支払いになりやすい支出」については、予測がしにくく、しかもおもったより高額になり家計を圧迫するということがあります。

そのため、「突発的に発生しやすく、予期せぬ支払いになりやすい支出」については、毎月またはボーナスなどの収入がある時に「一定額を積み立てる」ことで対応することをオススメしています。

臨時費と予備費について

通常は、臨時費として「急な高額出費に備える」ということが私のオススメになります。

しかし、その積立をしてもまだ多少の余裕がある場合は、さらに「予備費」という予算を作ると「臨時費」を崩さずに対応できるのでさらにオススメとしています。

わが家では、臨時費=積立で、予備費=予算上確保しておく予備(使わなかったら消失してもよい予算上の費用)として使い分けています。

積み立ての場合は、使わなかったら翌年も繰り越し。

予備費は使わなかったら消失(その分貯金が増える)ということになります。

家電インテリアの積み立ても「積立」としておくと便利です。

積立をしておくと、急に家電が壊れたりした時や、急に欲しいものができた時でも赤字を出さずに購入することができます。

例えば、私の場合で言うと、だいたい「今年は何を買い替えよう」という計画はあまりはっきりと立てないことが多いです。

そろそろエアコンが壊れそうだな…と思うこともあれば、そろそろインテリア用品を買い替えたいなと思うこともありますし、時には1万円するフライパンが急にほしくなったりします。

そのような「あれを買いたい」と思った時、特別費の予算表に書いてないと「予算表に書いていなかったものだから買うのを我慢しなくては」「これを買ったら赤字になってしまう」「予定していた貯金が減ってしまう」とあきらめることになってしまいますよね。

しかし、「家電・インテリア積立」をしていれば、積立の金額内なら何を買ってもいいというルールなので、急に欲しくなったあれやこれを貯金額の予算変更をせずに買うことができます。

わが家の場合はこのようにして「臨時費」「予備費」「家電・インテリア積立」を使い分けています(家電・インテリア積立は「欲しいもの積立」という名前にしています)。

ただ、これはあくまでわが家の場合ということなので、必要ないと思えばやらなくて構いません。

また、家計に余力がなく、今は積立までしたら家計がとても苦しくなってしまうという時にはオススメできません。

あくまで家計の全体を見ながら配分するのがオススメです!

これが上手になると、家電やインテリアの急な買い替えなど予定外の出来事があっても「赤字にならない仕組み」を作ることができますよ!

ちなみに…ですが、積立はやりすぎもよくありません。

毎月積立ばかりで使えるお金がほとんどなかったり、積立をしているものの全く使う機会がない場合は、積立が有効に活用できていないサインです。

積み立ては、高額医療費などの備え以外は、「積極的に使う」ことで家計が潤います!

家計簿のご利用、長きにわたってありがとうございます♡1年半で全体の把握まで…!

メキメキやりくり力を上げられているようで何よりです!

細かな予算が守れないことはよくあることです。完璧を目指しすぎない程度で充分です。

時々ちょっと予算が守れなくても、全体を見て予算調節ができていれば大丈夫ですよ。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!積立・口座・積み立て・口座・貯金のまとめ

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ
■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください