ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

正しい家計管理の仕方

2人暮らしの家計簿!同棲・新婚生活でも貯金するコツは?

家計管理

結婚や同棲で2人暮しが始まると、お金のことをどう考えて行ったらいいか迷うことってありますよね。

特に新婚さんは、子供が生まれたり、車やマイホームの購入をしたり、人生の中でもお金のかかる大きなイベントが次々にやってくる可能性もあり、お金のことをしっかりしておきたいと考える方も多いのではないでしょうか。

そんなこれから新しい家計を始める方にとって知っておくと便利な貯金のコツを紹介します。

2人暮らしの家計を始めるなら

新しい家計を2人で始めることになった時、まず話し合っておいた方がいいのは、これからの家計を2人でどう作っていくかということです。

どちらか一方が家計を管理するのか、別々に管理するのか、別々に管理する場合は何の支出をどちらが負担するのかということについては初めに話し合っておいた方がいいでしょう。

子どもが産まれたら仕事はするのかしないのか、パートや時短勤務に変えるのかなどこれからの将来についても考えながら、家計のやりくりについて話し合っておきましょう。

例えば、初めはお互いに別々に家計を管理していても、子どもが産まれ一定期間妻が休職する予定だと、どうしても妻は夫の収入に頼らざるを得なくなります。

そのような時にお互いに別々に家計を管理していると、妻は思うように夫から生活費をもらえないというようなケースに発展することもあります。

また、新婚当初からお金のことはお互いにヒミツと言う状況にしておいたために、老後を迎えるころになってお互いに全く貯金がないことが分かったなど、深刻なケースに発展する場合もあります。

そのようなことも見据えた上で、日ごろから家計についてオープンに話し合える土壌を作っておくと、のちのち様々なことがあっても家計について比較的協力し合える関係を保つことができます。

同棲であればそこまでオープンにする必要はありませんが、新婚さんは是非お互いにオープンにしやすい関係を保てる工夫をしてほしいものです。

2人暮らしの家計の始め方

まずお互いにどのように家計を負担するのかを話し合うことができたら、次に検討してほしいのはどれくらい貯金をしたいのか話し合うことです。

お互いに全く干渉せず好きなように家計を作っていくのも2人家族のうちは楽しいものです。

ですが、やがて子どもが産まれ家族が増えたり、2人で老後を迎える年ごろになったりすると、働き盛りの今はよくても、やがてお金のことが不安になる時期がやってきます。

そんな時にお互いに全く貯金がないと、お金の不安はますます増大するばかり…。

そんな不安に押しつぶされない家計にするために、具体的な貯金目標を持つといいでしょう。

家計簿をつけるとより具体的に収支が分かるようになりますが、そこまでやりたくないという方も多いのではないでしょうか。

そんな時にはまず「先取り貯金」の仕組みを取り入れるとよいでしょう。

先取り貯金と言うのは、収入が入ったと同時にまず貯金に一定額を回すという方法です。

財形貯蓄などが会社にあれば利用してもいいでしょう。

この先取り貯金と言う方法は、実は子育て真っ盛りで赤字の出やすい家計の方には導入しにくい場合も多いのですが、2人暮しで比較的支出の少ないうちはオススメできます。

だいたい月収の1割から2割程度の貯蓄が最低限できるように工夫しておきましょう。

ただし、貯蓄性のある保険などに加入して先取り貯金代わりにするというのは、個人的にあまりオススメできません。

なぜなら、これから子どもが産まれたりと家族が増えるにつれて支出が増えると、高額になりやすい貯蓄性のある保険の支払いが急に大きな負担になる可能性があるからです。

2人暮しを始めたばかりの頃はお互いに収入もあり、多少高額な保険料も難なく払えるからと油断してしまう方も多いので注意が必要です。

もし先取り貯金を始めるにしても、支出が増えてきたら減額するなど、貯金する金額を自分で自由に変更できる方法から始める方が安心です。

2人暮らしの家計は貯めやすい

2人暮しの家計で、特に共働きの場合は、人生の中でももっともお金が貯めやすい時期のひとつです。

この時期に遊びすぎてしまい、貯金がないままに時がたつと、支出はどんどん増え、どんどん家計が苦しくなるという悪循環になる可能性があります。

特に若い夫婦の場合は、まだ家計についてよく分からないことも多く、ついつい夫婦ともに遊びすぎてしまうことも多いものです。

若気の至りと借金を作ってしまうような場合もあります。

わが家も夫婦二人暮らしの時期が数年あったのですが、実はこの時期になぜかダイビングの機材を夫婦そろってローンで購入するという失態を犯しております。

もちろんダイビングを長く続ける趣味として持てる場合はこのローンが決してムダではなかったと胸をはれるのですが、わが家の場合は子どもができたと同時にダイビングにはいかなくなってしまいました。

一部は売りましたが、ほとんど値段もつかない状況。

夫婦二人分で100万円以上かけたと思うとなかなか捨てられず、もうかれこれ10年以上ただの置物と化しております(笑)。

あの時、ダイビングの機材をレンタルで済ませていれば…とくよくよといつまでも後悔はしておりませんが、つくづく若気の至りだったと思うことがあります。

若いうちはついそのような失敗をしがちですので、この時期にしっかりと引き締まった家計を維持できると、将来にわたり長く安心できる家計をつくれる可能性が高まります。

2人暮らしの家計ならではの支出を作る

2人暮らしの家計は、子どもがいる世帯に比べ比較的家計管理も簡単で貯めやすい状況であることが多いものです。

しかし、時には貯めることだけに集中してしまい、まだまだ若い夫婦だというのに老夫婦のような落ち着き過ぎた生活をしてしまう方もいます。

体もまだまだ丈夫なのに、休日になってもどこにも出かけず、外食一つせず、貯金ばかりしているというようなケースも見受けられます。

そのような方は、貯金をするために、友達との交流や旅行などにも出かけず、新しい服などオシャレにも興味がなく、欲しいものも何もないというような無味乾燥とした生活を送ってしまいます。

理由があってそのような生活を好んで楽しんでいるならば構いませんが、実はパートナーはそのような生活に不満を持っているというケースもあるので、お互いの話し合いが必要です。

貯めることだけに集中しすぎず、時には夫婦で旅行に出かけるなど、2人家族ならではのお楽しみ支出を適度に取り入れられる家計にしてみてはいかがでしょうか。

オススメはお互いに定額制

初めて家計を管理するなら、オススメはなんでも定額制です。

何をするにも毎月「定額」を維持できるような家計管理をするという方法です。

例えば、

毎月夫から生活費をもらうなら、その金額は毎月定額に。

妻も家計にお金を入れるならその金額を毎月定額に。

なんでも定額にしてしまえるように工夫すると、今月はあれが高かったからいくらにして…などと毎月家計のやりくりに頭を悩ませるような必要がなくなります。

貯金の計画も立てやすく崩れにくいものにすることができます。

家計簿をつけるとより詳しく管理できますが、家計簿をつけないと管理できないほど家計が複雑になってくるのは子どもが産まれてからと考えても遅くありません。

この方法は、子どもが産まれ家計が複雑になればなるほどもっと深く考えなくてはいけなくなりますので、家計が比較的単純な2人家族の家計のうちに特にオススメと言えます。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓正しい家計管理で家計を立て直しましょう!
・正しい家計管理の方法(まとめ)

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください