ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収400万円の家計

4人家族の家計簿公開!ほぼ完ぺきな家計のやりくりの注意点は?

家計診断

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

あきさん はじめまして

ブログ拝見し参考にさせていただいています。

7年間家計簿をつけ、毎年積立を見直したりしています。

費目のその他について、以前は「レジャー、旅行、子供服、幼稚園、保育園、集金、、」などなど細かく分けてつけていましたが、費目が多く、予算分けも細かくなり、家計簿をつけるのが苦になってきたので、その他でまとめています。

レジャーや旅行は年2回だったり、3回だったり、近場だったり遠かったりとその年によって金額も不定期なのですが、分けた方が良いでしょうか?

また漠然と貯金しているので、見直せる部分があれば助言をいただきたいと思います。

ぜひ我が家の家計を診断お願いします。

夫(37)
妻(37)
子供(5)
子供(3)

収入 手取り
夫 220000/月
妻 80000/月(保育園費を引
いて)
ボーナス 年間1000000
(2人分)
児童手当 年間 135000

収入年間 4735000円

支出
家のローン 60000/月(720000/年(保険固定資産込))
電気 10000/月(120000/年)
水道 2000/月(24000/年)
ガス 0 (オール電化)
医療、生命保険 14000/月(168000/年)(2人分)
携帯電話 10000/月(120000/月 (2人分))
ネット 5000/月(60000/年)
NHK 2000/月(24000/年)
自動車税 80000/年
車保険 140000/年(2人分)
ガソリン 16000/月(192000/年(車必要です))
幼稚園 13000/月(156000/年)
食費 35000/月(420000/年(お米義家から)
日用品 9000/月(108000/年(オムツあり)
医療費 2000/月(24000/年(積み立て繰越式)
歯列矯正 5000/月(60000/年)
イベント 7000/月(84000/年(誕生日、クリスマスプレゼント、ケーキ代等)
その他 24000/月(288000/年)
*毎月使わないもの
幼稚園、保育園の集金 数百円
子供服
シーツ
食器等の買い替え
レジャー
外食
旅行 繰越の中から
冠婚葬祭
*細かく分けるのが面倒なため過去の家計簿より計算してのトータル予算にしています。

夫こづかい 40000/月(480000/年)
妻こづかい 10000/月(120000/年)
(こづかいの内訳は自身の服、化粧品、美容室、飲み会、外食、ランチ等)

ここまで合計年間338.8万円(あき計算補足)

積立
子供貯金 30000/月(360000/年 (2人分))
予備費 5000/月(60000/年(赤字補充手付けず))
車積立 15000/月(180000/年 (車検等の車関係))
貯金 30000/月(360000/年 (車の買い替え等の予定手付けず)
個人年金 30000/月(36000/年 (2人分))
支出のみ 年間計 3748000

支出と積立合わせて
年間計4708000

予算は余ったら全て繰越しています。
繰越のお金は10万円を超えたら予備費に貯金しています。

以上になります。

よろしくお願いします。

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入473万円
支出356.8万円

収支は年間約116.2万円の黒字の予定ということですね。

今回は黒字額の記載がありませんでしたので、収入から支出を引いて、だいたいで黒字額を書き出しました。

おもな黒字とみなせるものは以下の内容です。

子供貯金 30000/月(360000/年 (2人分))
予備費 5000/月(60000/年(赤字補充手付けず))
貯金 30000/月(360000/年 (車の買い替え等の予定手付けず)
個人年金 30000/月(360000/年 (2人分))

家計のやりくりについて

質問者様の家計についてお伝えしたいことは以下の通りです!

1.支出はとても少ない

質問者様の家計の特徴としては、支出が全体的にとても少ないという特徴があります。

特に水道代は月2000円と、4人家族ではありえないくらい安い金額になっています!この金額は普通に洗濯などしていたらとてもじゃないですができない金額なので、むしろスゴイと感じます。

その他にもムダな支出はほとんどなく、とてもやりくり上手な奥様ということが分かります!

ここまで節約上手な方はなかなかいないので、ご興味があれば雑誌などに応募すると掲載してもらえるレベルだと思います。

2.お楽しみはどうか?

ただ、貯金をすると言う意味ではとてもやりくり上手な質問者様ですが、お楽しみは・・・というととても少ないのが現状です。

どちらかというと、はっきりいうとケチでしょう。

イベント費として月7000円が確保できている点はとても素晴らしいですが、その他の費用が月24000円。

こちらで旅行もいっているということですが、おそらくそれほど大した金額は旅行には配分できていないと思います。

今はお子さんが小さくほとんど大人2人の料金で済む時期です。一泊1万円の宿に宿泊しても2万円。交通費や観光などをいれても4万円もあれば近場ならいけるかもしれません。

しかし、それで年3回旅行に行くと12万円。

年間28万8千円で年3回12万円で旅行に行っているとしたら、残りは月1万4千円。

月1万4千円の予算で保育園の費用も外食も2人分の子ども服もちょっとしたレジャーもすべて毎月賄うことができるのかが疑問です。

もしかしたら、年間28万8千円の予算で旅行に年3回いったら、月の生活はほとんど何も買わず外食もほとんどなく何もしない生活になっているかもしれません。

また反対に毎月ちょこちょこした金額の支出が多く、外食やレジャーなどにはなかなか思い切ってお金を配分できていない可能性もあります。

ただ、食費について実家からの援助があるということなので、もしかしたらレジャーや子ども服などはじいじばあばなどが一部出してくれているなど、特別な事情があるかもしれません。

また、現状では他に大きなムダ遣いがあるということもありませんので、お楽しみを増やすと貯金が減るという構造になりやすい家計なので、現状ではお楽しみがとても少ないですが、お楽しみを増やしましょうとは言いにくいところがあります。

お楽しみと貯金のバランスについては今後も課題になるでしょう。

3.特別費はどうか?

また、質問者様の家計で気になるのは特別費がない点です。

固定資産税と車と誕生日などのイベントについては毎月支出があるようですが、その他の特別費がありません

その他の費用ですべて賄っているということかもしれませんが、それにしてはその他の支出が少なすぎます。

例えば家電や家具の買い替えなど少し値が張る支出が出た場合はどうしているのかなというのが気になります。

冠婚葬祭、入園入学などのスーツ、ランドセル、七五三のお祝いなど、家電や家具だけでなく少し大きめの支出というのは他にも様々想定されます。

冷蔵庫を年間10万円で買い換えた上に、スーツを購入して、旅行に年3回行き、子ども服などを二人分買い、レジャーにも行き、外食もして、保育園などの現金徴収費も支払って年間28万8千円で済ませられているとはどうしても思えません。

もしかしたら、そのような大きな支出があるたびに貯金を崩していませんか?

または、そのような大きな支出は全て我慢なのでしょうか?

その辺について少し検討してみてもいいのかなと思います。

4.支出が増えてくるのはこれからです

今のところの家計で言うと、とてもやりくり力も高く節約上手な奥様なので、貯金もしっかりできる状況がキープできているのは素晴らしいです!

ただ、今後についてはこれから考えていかなくてはいけない場面が増えるでしょう。

特にお子さんが今のところまだ未就学児だけですので、子どもにお金がかかるといっても大した金額ではない時期です。

習い事などもまだ必要ないことも多い年齢ですので、これから教育費や習い事などお子さんにかかる費用が増えてきた時にどうするかという点は考えておきましょう!

旅行なども子どもも大人料金と同じくらいの金額がかかるようになった時には今と同じように年3回、今と同じ金額ではいけなくなってきます。

そのように徐々に抑えがきかなくなる支出がこれからどんどん出てくるので、「昔はラクに貯められたはずなのにおかしいな。前と同じようにやりくりしようと思うとものすごく生活が苦しい」というようなことになりやすい家計です。

今節約できている方に限って完璧主義すぎて「支出が増えてくることに耐えられない!今まで同じ金額でなんとかしなくては!」と節約を頑張りすぎてしまうことがあります。

そのバランスを保っていけるように計画していくとこれから先も安心できる家計を保っていけると思います!

基本的にはとてもやりくり上手な奥様ですから、きっと上手にやっていけると思います!

貯金と特別費がしっかり分けられているか

質問者様の家計で注意していかなくてはいけないことは、まず「大きな支出」の度に貯金が崩れていないかを確認してみることです。

それが全くなく全額予定通りに残っているならば、素晴らしく優秀な家計と言えます。

そのうえで、支出の切り分けをするかしないかという点を考えてみましょう。

今はその他費ですべて入っている支出を細かく分けるか分けないかというほどの話ではなく、おそらく「娯楽費」「特別費」「教材費」の3つの費目を作るだけで賄えると思います。

特に娯楽費や特別費は切り分けると、厳しすぎない予算をキープできるように思います。

娯楽費・・毎月とまではいかないがちょくちょくある支出
特別費・・年に数回しかない支出
教材費・・保育園などで現金で徴収される支出(予算は特に必要なし。立てても守れないので)

ただ、すでに7年間家計簿をつけていらっしゃるということなので、やりやすいやりにくい、自分にはこれがいいなどのこだわりもあると思いますので、臨機応変に考えられてくださいね!

まとめ

・お子さんが未就学児だけの時期は子供にかかる支出が比較的少ない時期です

質問者様はすでに雑誌掲載レベルくらいのやりくり上手な奥様です。

あとは、「特別費」がしっかり「貯金」と区別できているかを確認してみて下さいね。

特別費も含めてこの金額でやりくりできていて、貯金も車などの買い替えなど大きな支出以外は全く崩していないということならかなり優秀なので、自信をもってくださいね!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから
手取り年収400万円の家計のまとめ

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ
■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。マネーライフプランナー資格所有。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください