家計簿の費目(項目)の考え方

美容院代は家計簿で何費にいれる?美容費をつくるべき?

家計簿では美容院代を何費に含めるのが一般的?

美容費という費目をつくるべき?それとも他の費目に入れるべき?

美容室代を何費でつけたらいいのかということについて紹介します。

美容院は何費?

家計簿で美容院の費用をつける時は「特別費」で記入するのがオススメです。

「特別費」とは、年に数回程度の支出を管理するための費目です。

美容院というのは、仕事柄毎月美容院に通わなくてはいけないというような理由がない限り、一般的には数ヵ月に一度程度の利用になることが多いものです。

そのような数ヶ月に1度の支出を何費にするかということで迷ってしまうわけですね。

そのため、扱い方がよく分からない支出は「雑費」「その他」などで書いておけばいいや・・・というようなその場しのぎの対応になりがちなのです。

しかし、「雑費」や「その他費」があると、家計は「管理不能な支出」が増えてしまう傾向があります。

そのため、年間で予算を組みやすい「特別費」で記入することで、「管理可能な支出」に変えるというのがオススメです。

家計簿につける時は、↓こちらのように記入します。

美容院の費用の家計簿のつけ方美容院の費用の家計簿のつけ方

※クリックで拡大できます。

家計簿につけるのが面倒な時は

美容院の費用を家計簿の何費に分類するか迷ってしまい面倒くさいと思う時は、「小遣い」で処理してしまうのもオススメです。

小遣いは、渡した時に小遣いとして家計簿に記入しますが、使った時の明細は家計簿にはつけなくてもかまいません。

小遣いとして渡したお金の中から自分でやりくりして美容院代を捻出するという方法です。

この方法は、家計簿をつけるという点ではラクになりますが、小遣いの使い方が下手な人にはあまりオススメできません。

小遣いの使い方がある程度整っている方向けの方法といえます。

わが家の場合は?

わが家の場合はというと、美容院の費用は「特別費」として予算を立てています。

1.3ヵ月に一度「美容院費」として「特別費」に一定額を家計簿に記入。

2.「美容院」という封筒に記入した金額をいれ保管。

3.使った時には家計簿にはつけない。

という「積み立て」のスタイルにしています。

なぜなら、特に子どもの美容院はわが家の場合は髪を伸ばしている女子3人のため、行く行かないが読めないことが多いからです。

そろそろ行く時期だよといっても、もう少し伸ばしたいから行かない!というような時もあります。

そのため、積立にしておき、常に一定額をプールしておくことで、急に行く!といった時でも対応できるようにしています。

行かない月が続いて積み立てた金額が貯まっていくようだったら積立額を減らしたり、余ったお金を旅行の費用に回したりして活用しています。

定期的に美容院に行っている男の子だったら上記のように行った時に美容院費を計上するスタイルにしたと思います。

夫婦の美容院費は、以前は予算を立て家計簿に計上していましたが、現在は夫婦の小遣いの金額を上げ、自分の小遣いの金額で美容院費をやりくりできるように変更しました。

夫婦の美容院費は家計簿にはつけないスタイルになりましたので、家計簿につける内容はさらに減らすことができ、さらに時短家計簿になっています。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓家計簿初心者が迷いやすい費目についての記事はこちらにまとめてあります!
・費目(項目)の考え方(まとめ)

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」)」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください