手取り年収600万円以上の家計

手取り年収900万円台の家計簿公開!収入が減ったら生活はどうなる?

家計診断

ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

こんにちは。はじめまして。

ネットで家計診断を調べていると、こちらのブログに行き着きました。ぜひ我が家も見ていただきたいと思い、問い合わせさせていただきました。

●家族構成●
夫(32)、妻(30)、子(3歳)、子(0歳)

月収(手取り)
夫 30万円
妻 30万円

合計60万円

年間ボーナス(手取り)
夫 70万円
妻 160万円

合計 230万円

支出(毎月)
住宅ローン(残り32年) 9万
奨学金返済(夫婦、残り14年) 6万
保育料(2歳児クラス) 6万
保険料(車・生命保険・学資保険) 5万
食費 5万
日用品(オムツ込み) 2万
ガス電気水 2万
携帯・自宅ネット 2.5万
夫小遣い(昼込み) 4万
妻小遣い(昼込み) 4万
レジャー費 3万
ガソリン代 2万
積立貯蓄 6万

年間支出(ボーナスより)
固定資産税、車の税金

非常にざっくりなのですが、現状こんな感じです。

今現在私は第二子の育休中のため、こちらは就業中の家計簿です。

心配な点が、来春職場復帰するのですが、業務が緩やかな部署に異動を希望しており、収入が手取りベースで最大月5万(年間60万)、ボーナスも年間50万程度はダウンするのではないかと思います。

また、今更どうしようもないのですが、こうしてみると夫婦で6万の奨学金返済が重いのですが、キャッシュを減らしてでも繰り上げたほうが良いでしょうか?利息が0.01%と低いのであまり繰り上げるメリットを感じられず、とりあえず毎月払ってます。

また、このような状態で第三子を望むのは無謀でしょうか?

診断よろしくお願いします。

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入950万円
支出???万円

収支は年間約???万円の予定ということですね。

質問者様の家計は、現在のところ収支を出すというところまではいっていないようです。

当ブログでは詳しい収支を出していない場合でも、分かるところだけ書いていただければご相談をお引き受けしておりますのでご安心くださいね。

家計を一緒に見ていきましょう。

家計のやりくりはどうする?

質問者様の家計へアドバイスさせていただきたい点は以下の通りです!

1.月の家計を見てみよう!

質問者様の家計は、まずは月の家計から見てみましょう。

住宅ローン(残り32年) 9万
奨学金返済(夫婦、残り14年) 6万
保育料(2歳児クラス) 6万
保険料(車・生命保険・学資保険) 5万
食費 5万
日用品(オムツ込み) 2万
ガス電気水 2万
携帯・自宅ネット 2.5万
夫小遣い(昼込み) 4万
妻小遣い(昼込み) 4万
レジャー費 3万
ガソリン代 2万
積立貯蓄 6万

合計56.5万円

ご夫婦合わせての月収は60万円ですから、毎月3.5万円は余剰があるはずです。この3.5万円分が貯蓄に回っていれば問題ないですが、貯蓄に回っていない場合は、月3.5万円は使途不明金があるということになります。

これは今の時点ではあってもかまわない使途不明金ですので、今後家計管理をしていく時に徐々になくしていけるように計画しておきましょう。

2.年間貯蓄額を調べてみよう

現時点では年間貯蓄額がよく分かっていないところがあるご様子ですので、一度調べてみましょう。

↓年間貯金額を調べる方法についてはこちらで紹介しています。
・家計簿をつけていなくても年間の貯金額を正しく計算する方法

年間支出(ボーナスより)
固定資産税、車の税金

と、ボーナスからの支出もあるようですが、ボーナスの金額は230万円。このうちいくらぐらいが残せているのかを確認してみましょう。

上記の使途不明金月3.5万円+約200万円=242万円+積立月6万円×12=314万円

残りを全部貯金していたらだいたい最大で年間314万円の貯金ができていることになりますが、おそらくそこまでではないと思いますので、一度確認してみることが大切です。(学資保険の金額によってはもう少し貯蓄額はアップ)

家計のやりくりを具体的にしてみよう!

質問者様の家計は、まず上記の2点について考えてみることから始めるといいでしょう。

その後、家計をもう少し具体的に管理する方法について考えてみましょう。

現在の月の家計の支出はそれほど無駄遣いが多すぎるという感じでもありません。

特別費として旅行などが年間でどれくらい必要かなという点くらいで、あとは充分に合格点です!

もしもう少ししっかり家計を管理するのであれば、以下の予算配分がオススメです。

オススメの予算

(月の家計)
住宅ローン(残り32年) 9万
奨学金返済(夫婦、残り14年) 6万
保育料(2歳児クラス) 6万
保険料(車・生命保険・学資保険) 5万
食費 5万
日用品(オムツ込み) 2万
ガス電気水 2万
携帯・自宅ネット 2万
夫小遣い(昼込み) 4万
妻小遣い(昼込み) 4万
レジャー費 3万
ガソリン代 2万

合計 50万円

(特別費)
固定資産税、車税、車検など 25万円
旅行などその他 50万円

合計 75万円

年間支出 675万円
貯金額 275万円

だいたいこれくらい貯蓄できるとまずまずと考えられます。

もし収入が減ったら

職場復帰後は年間110万円ほどの収入減がみこまれるということですが、上記のように配分してあれば、収入が減っても年間165万円+学資保険の分は貯められるのでそれほど大変な状況にはならないのではと考えられます。

3人目のお子さんが生れてもまだ余力があるでしょう。

ただ、お子さんがまだみなさん小さいので、支出が増えてくるのはこれからです。

小学校に行くようになると、保育料が抑えられるようになりますが、その分習い事などが増える傾向がありますので、習い事などにお金をかけすぎないように調整しましょう。

もし家計が厳しいと思うようになったら、小遣いや特別費を少し見直して調整してみて下さい。

奨学金の繰り上げ返済については、返済の時期などを見ながら検討しましょう。

家計が苦しいと思うようになったら返済が減らせるように計画してもよいと思います!今の時点ではそれほど考えなくてもよいと感じます。

貯金は崩すのは一瞬、貯めるのには時間がかかるものです。

例えば、毎年年間200万円貯金ができているとしたら、

奨学金の返済の残りが100万円なら、1年だけ貯金を減らして返すだけなので100万円を使ってしまってもまた1年で取り戻せます。

しかし質問者様の場合はご夫婦で1000万円近く支払いがのこっていますので、1000万円を支払ってしまうと、年間200万円ずつ貯金ができても取り戻すには5年かかります。

この5年の間に大きな出費があると大変な目にあってしまいます。

少し苦しいかなと思っても毎月返済していった方が最終的には貯金が守れることがあります。

残債の程度によって繰り上げ返済するか考えるというのが貯金を守りつつ返済をするコツかなと思います。

まとめ

質問者様の家計は、お若いのにとても収入が高いという点が素晴らしいです!

現状では多少ゆったりした予算でも充分回る家計状況です。

ただ、現在は育休中、今後収入が減る予定ということを考えると、これからについては考えながら計画していく必要がでてきそうです。

ただ、その時点でもそれほど窮屈すぎない家計設計は充分可能な気がいたします。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから
手取り年収600万円以上の家計のまとめ

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ
■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」)」

POSTED COMMENT

  1. より:

    相談者です★
    連絡を頂いてから掲載日の今日を楽しみに待ってました!今まで雑誌等の家計簿相談を見ても、収入や支払い状況が違うのでしっくりこなかったので、あきさんに相談させて頂けて良かったです!
    頂いたアドバイスを参考に家計管理をがんばります(^ ^)ありがとうございました★

    • あき より:

      Nさんコメントありがとうございます!
      そうなんですよね。家計診断というのは、わが家の場合はどうか?ということが分からないとなかなかしっくりこないですよね。

      Nさんの家計は基本的に大きな問題がある家計ではないと思いますので、今後に注意しながら家計を管理していってくださいね(#^^#)

      またいつでもご利用下さい!楽しみにお待ちしております♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください