ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

費目(項目)の考え方

洋服代(被服費)は月いくら?家計簿のつけ方のメリット・デメリット

あきの家計管理

洋服代(被服費・衣服費)にはいくら使っていますか?

洋服代を家計簿につける時はどのようにつけるのが効果的?

そもそも洋服代にはどこまで含める?

家計簿上の取り扱いについて一般的な方法との違いなどについて紹介します。

洋服代(被服費・衣服費)とは?

洋服代の家計簿のつけ方としては、「被服費(衣服費)」などの項目を作って管理するのが一般的です。

「被服費(衣服費)」に、肌着、靴下、子ども服、大人の服、礼服、帽子、靴、カバンまでなんでも身につけるものは「被服費(衣服費)」にするという考え方になります。

なかには、クリーニングや布団などの寝具やタオルなどもすべて「被服費(衣服費)」という方もいます。

家計簿のつけ方としてこのように分類するのに間違いはありませんし、被服にかかる支出がいくらだったか合計しやすいというメリットもあります。

しかし、この一般的な方法を利用すると「被服費の予算を立てても守れない」という現象が起きやすくなりますので注意が必要です。

予算が守れないのはなぜ?

一般的な家計簿のつけ方として、「被服費(衣服費)」で洋服代を管理している方は非常に多いと考えられます。

しかし、なぜこのような一般的なつけ方をすると「予算を立てても守れない」という現象が起きてしまうのでしょうか。

その理由はカンタンです。

このような家計簿のつけ方をしてしまうと、「支出がコントロールしにくくなるから」です。

例えば、被服費に5000円の予算を毎月さいても、子ども服をまとめ買いして10000円になってしまうことも月によってはありますよね。

そのようなことは一切ないという方なら問題ありませんが、ほとんどの方は毎月5000円ずつ洋服を買うという買い方はせず、2,3ヶ月に一度まとめて買うというスタイルの方が多いものです。

そのように時々まとめて買う場合、月によっては5000円の予算にたいして実績は0円になり、また月によっては5000円の予算にたいして実績が10000円になるという支出の波が起こるようになります。

支出の波が起こると、予算を5000円にしている意味がなくなり、予算は守れたり守れなかったり、いったいいくらが本来の予算として適切かが分からなくなってしまうのです。

予算が守りやすい家計簿のつけ方は?

上記のような「予算を立てても守れない」という現象を解消するために、以下のような家計簿のつけ方をオススメしています。

1.家計簿に「娯楽費」「特別費」という費目を作る

2.安価な服は「娯楽費」としてつける

3.高価な服は「特別費」としてつける

2は、節約のために行うものなので、お好みによってすべて3の「特別費」に計上しても構いません。

このように分類すると、被服費は「単体で予算を守る支出」ではなく「他の支出と合わせて複合的に予算を守る支出」にすることができます。

洋服代の予算の決め方

総務省の家計調査(二人以上の世帯)によれば、被服及び履物の支出は約13.7万円(世帯員数平均2.98人)。
※当方にて数字の切り上げ切り捨てなどの加工を行っています。

ただ、こちらには学校の制服も含まれていますので、純粋にプライベートで利用する洋服代としてはもう少し少なく見積もってよいと考えられます。

参考までに当方がお預かりしている家計の方の予算例としては以下のようになっています。

■手取り年収200万円台 2人家族 年間10万円(子ども1人)

■手取り年収300万円台 3人家族 年間8万円(子ども1人)

■手取り年収500万円台 5人家族 年間21万円(子ども3人)

■手取り年収700万円台 5人家族 年間16万円(子ども3人)

世帯構成人数が増えるほど衣類にかかる支出は多くなっていきます。

洋服代の家計簿のつけ方

ちなみに上記では「被服費(衣服費)」という費目を作らず「娯楽費」「特別費」で洋服代を管理する方法を紹介しましたが、洋服代は「個人の小遣い」で計上するという方法もアリです。

例えば、子どもの服は「娯楽費」などで家計簿につけるが、大人の服は各自の小遣いの中から捻出する。

小遣いの内訳は家計簿にはつけなくていいというルールにすれば、被服費を家計簿につける手間を省くことができ、時短になります。

ただ、もともと浪費傾向が強い方はこうすることでさらに洋服代が浪費につながるというデメリットがあることがありますので、注意してください。

浪費家という認識がある場合は、小遣いを少なめにし、洋服代は家計簿につけるようにすると浪費防止になります。

状況に応じて使い分けると効果的です。

まとめ

・洋服代は「被服費(衣服費)」の費目を作るより、「娯楽費」「特別費」で管理するのがオススメです。
・洋服代は「小遣い」で計上するという方法もオススメです。

※ただし、小遣いにすると浪費が増える場合がありますので、注意しましょう。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!費目の考え方のまとめはこちらから
費目(項目)の考え方(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください