カード払い・電子マネー

クレジットカードを使う金額はいくらまでと決めていますか?

クレジットカード・電子マネー

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

カード払いをしてしまう癖があり治していきたいです。

あきさんは、カードを利用するときの金額など決めていらっしゃいますか?

僕はつい小さな買い物でもカード払いにしてしまいます。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます。

「クレジットカードの使い方」についてですね。

クレジットカードを使いすぎてしまう時

クレジットカードはとても便利な反面、使い方を間違えると家計を破たんさせてしまう怖いものでもあります。

上手につき合えればポイントも貯まりとてもお得なのですが、つきあい方を間違えてしまって「給料が入ると同時にクレジットカードの支払いでごっそりなくなってしまう」というとても恐ろしい家計になっている方がとても多いのが現実です。

クレジットカードは月にいくらまでと決める?

質問者様は何でもクレジットカードで支払うクセがあるということですね。

そしてその他にも借金やローンなどもあり支払いが苦しいとのことですね(ご質問内容からはそのような家計状況についての記載は割愛させていただきました)。

そのため、クレジットカードの使い方を整理したい考え、その中で「カードを利用するときの金額を決めているか」というご質問になられたのではないかと推測いたします。

結論からお伝えすると、「カードの利用する時の金額」はわが家は決めています。

しかし「月にいくらまで」という決め方はしていません。

クレジットカードを月にいくらまでと決めてはいけない理由

クレジットカードでの支払いを上手くコントロールしたいと考え、「月いくらまでと決めて使おう!」と考えている方もいるのではないかと思いますが、この考え方は間違っています。

なぜなら、例えば旅行代をクレジットカードで支払った場合。

カード払いは月3万円まで!と決めたところで旅行代に月5万円使ってしまったらそれだけでアウト!となってしまいます。

例えば、テレビを10万円で買い換えた場合。

これもまた月3万円と決めたところで守れていないことになります。

このように月によって「月にいくらまで」と決めても守れないことがある場合、「月にいくらまで」と決めた意味がなくなってしまいます。

イレギュラーケースが発生しすぎて訳が分からなくなるのですね。

クレジットカードをいくらまでと決める場合

それでもクレジットカードをいくらまでと決めたい時は、「日常的なクレジットカードでの支払い」「イレギュラーなクレジットカードでの支払い」で支払いを分けて考えることをオススメします。

例えば、旅行や家電といった大きな支出。これらは「イレギュラーなクレジットカードでの支払い」です。

その他、コートや衣類のまとめ買いなど1度の支払いが高額になりやすい支出も「イレギュラーなクレジットカードでの支払い」です。

これらの支出を含めてクレジットカードでの支払いを毎月いくらまでと決めるのは至難の業です。

ですからまずこれらの支出は外します。

そして残った支出。これについては「毎月いくらまで」と決めて利用するといいですね。

食費やちょっとした小さな支出などです。

イレギュラーな支出に気をつけよう

特に気をつけていくらまでと意識したいのはイレギュラーな支出です。

これらは毎月いくらまでと決めにくい支出だからこそ、管理がずさんになりやすいのです。

テレビは10万円もする。10万円も払ったら月の給料からは払えない。でも3ヶ月後にはボーナスも入るし、いいや買ってしまえ!

と安易に支払ってしまいがちです。

このような支出がつもりつもっていつの間にか給料以上の支払いばかりになってしまう慢性的な赤字を引き起こすことになるのです。

カードを使う金額

本題に戻りますと、クレジットカードを使う時はいくらまでと決めることは大切です。

わが家でもクレジットカードを使う金額は決めています。

ただし、その金額の決め方というのが実は難しいのです。

わが家の場合は、上記のように、普段の何気ない支出は月にいくらまでと決め、イレギュラーになる支出については年にいくらまでと決めています。

さらに正確にいうと、クレジットカードを使う金額をいくらまでと決めるのではなく、「クレジットカードも現金も含めていくらまで」という決め方をしています。

「クレジットカードの分は別」というように現金と区別しないようにしています。

クレジットカードでの支払いも現金と同様に「普通の支出」として考えることで「今月は現金と合わせていくらまでならカードを使ってもいい」「この支出にはいくらまでならカードで支払ってもいい」というような利用の限度が見える状態にしてあります。

このような状況で管理すると「カード払いが多いから…」というような悩みもなくなると思いますよ!

まとめ

質問者様は現状生活が苦しいと感じていらっしゃるということですから、できるならまずはクレジットカードの支払いを2ヶ月間一度ストップするところから始められることをオススメします!

その後しっかり家計が管理できる状況が整ってから徐々にクレジットカードの利用を再開するというサイクルにしてみると家計の改善が思ったより早く進むのではないかなと思います!

使う金額の限度は上記のように、カード+現金をあわせていくらまでと考えるといいですよ。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓こんな時はどうする?家計のやりくりアドバイスのご質問のまとめはこちらから
家計のやりくりアドバイスのご質問(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

POSTED COMMENT

  1. ヤマサキ より:

    この度はありがとうございます!
    あきさんの助言を参考に改善できるように頑張ります!今後とも参考にさせていただきます!

    • あき より:

      ヤマザキさんコメントありがとうございます!
      是非是非、家計を立て直してくださいね!本当に心から応援しています!
      またいつでもご利用下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください