正しい家計管理の方法

家計のバランスシートの作り方と記入例!資産と負債を年に1回チェック!

家計管理

家計をバランスシートで見てみよう!とよく言われますよね。

バランスシートとは貸借対照表のことで、おもに企業の財政状況をみることを目的としたものです。

このバランスシートを応用して企業の財政状況ではなく、家計の財政状況を把握するために使ってみようというのが「家計のバランスシート」です。

家計のバランスシートの作り方や記入例、何に注意して見ていけばいいのかについて紹介します。

家計のバランスシートを作ろう!

家計のバランスシートでは、「資産」「負債」のふたつを記入します。

「資産」から「負債」をひいて「純粋な資産」を求めます。

一覧にすると↓以下のような感じです。

家計のバランスシート書き方家計のバランスシート書き方
1.資産欄の記入方法

資産欄には、普通預金や定期預金や財形などの保有額を記入します。

投資信託、株などは時価で計算します。生命保険の解約返戻金は解約したらいくらに相当するかで計算します。

家や車も今売りに出したらいくらに相当するかで計算します。

資産欄に記入した金額は合計します(A)。

2.負債欄の記入方法

負債欄には、住宅ローン、車のローン、教育ローン、奨学金の返済など今あるローンなどの残債総額を記入します。

負債欄に記入した金額も合計します(B)。

3.純粋な資産の計算方法

1の資産欄の合計額(A)から2の負債欄の合計額(B)を引くと純粋な資産が計算できます。

ここがマイナスになっている場合は負債が多い家計、プラスになっている場合は資産が多い家計となります。

できるだけプラスが多くなるような家計設計を心がけることが大切です。

家計のバランスシートのメリットデメリット

家計のバランスシートにはメリットとデメリットがあります。

1.バランスシートのメリット

まずメリットとしては、俯瞰して今ある資産と負債の状況を把握できる点です。

わが家にはどれくらいの資産があり、どれくらいの負債があるのか記入量も少なく把握できますので、手間なく把握できます。

このようなバランスシートを1年に1回でも作成しておくと昨年に比べて資産が増えたのか減ったのか理解できます。

2.バランスシートのデメリット

一般的なバランスシートのデメリットは、株や投資信託など、時期によって変動しやすい資産も含めて資産として考える点です。

ある年に株価の暴落があれば、他でしっかり貯蓄をして成果を出していても、全体としての資産は減少になることがあります。

また逆に、その時だけ株価が高騰していた場合に、まだまだ借金がたくさんあるのに資産の方が多くなるというような現象も起こります。

さらに、家や車の販売価格はあまり家計管理に詳しくない方が記入すると売却価格が正確に出せず、間違えた資産額になる可能性があります。

3.バランスシートはさらに俯瞰して眺めよう

バランスシートを作成した時には上記のようなメリットデメリットを踏まえ、俯瞰して眺める姿勢が大切です。

例えば、まだまだローンがたくさんあるのに、株価が一時的に上昇していることによる資産の増加に惑わされないようにするなど、「一時的」な現象に振り回されないようにしましょう。

また、家や車の販売価格は詳しい人でない限りはあまりあてにせず、その他の資産と負債状況で全体の判断を見てみるという工夫をするのも有効です。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓正しい家計管理で家計を立て直しましょう!
・正しい家計管理の方法(まとめ)

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください