積み立て・口座・貯金

「貯金」と「積立」の違いとは?区別をつける方法!

貯金術

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

今年と支出の多い年で「積立」と「貯金」の分け方、優先が自分の中で揺らいできています。

我が家は築30年ほどの中古住宅に越してきて住んでおります。
外壁塗装の支払いにローンを組みました。
70万のローンが2月から始まります。(2万/月×3年)

今年5〜6月頃にシロアリ薬剤散布16万をしてもらう予定があります。

最大は夫の通勤車の買い替えです。

今年11月に車検なので、全部合わせて程度のいい中古70万以内の軽を考えてます。

そこでこれをどういうプランで出そうか迷っています。

・これから9月頃まで集中して3〜4万程積立てる
・夏ボーナス時に15万程取り置く

の2つで、資金を少しでも作り残りを積立または貯蓄を合わせてと思っているのですが、

積立から出すか貯蓄としてなのか。

これをやると他の積立がほぼできない。

貯蓄もほぼできない(車購入後はまた貯蓄0になる)。

と、自分で分け方がわからなくなっています。。

そもそもどちらも大してたまっていない場合、「貯蓄」と「積立」を分けること自体が難しいのか。

今ある積立と貯蓄は合算してしまい、「積立」として扱い、積立はペースダウンさせ、集中的に「貯蓄」を貯め直したほうがいいでしょうか?

今までお金が上手く貯めれなかったためこうなったと、今更で恥ずかしい限りですが、貯蓄や積立の大切さを本当に痛感しています。(TT)

ぜひアドバイスをいただけたら嬉しいです!

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます。

「貯金と積立の違い」についてですね。

貯金と積立

家計を管理していると、大きな出費が急にあることがあります。

予測もしていなかった大きな支出があると、今まで頑張って貯めてきた貯金があっという間になくなってしまいますよね。

当方ではそのような大きな出費に備えるために「積立」をオススメしています。

一般的な「積立貯金」とは解釈が異なり、当方でオススメしている「積立」は「不測の出費に備えるための積立」という位置づけになります。

貯金は「積立」とは別に行います。

貯金と積立の違い

「貯金」と「積立」。同じようにお金を貯めるという行為なので、その違いは何?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

「貯金」は当面使わないお金。
「積立」は近い将来使う予定のお金。

と考えると分かりやすいと思います。

貯金と積立のどちらを優先する?

貯金の他に積立までするなんてとてもじゃないけど、お金が足りない。

そんな風に思う方も多いのですが、積立(または取り分け)をしておかないと、どちらにしても貯金を崩すことになるので結果としては貯金が減ってしまいます。

それなら使う予定のあるお金はしっかりと積立に分けておく方が安心です。

近いうちに支出が重なる時は?

さて、質問者様もこの件についてお悩みのようですが、近々の大きな出費の予定が非常に多いということなのですね。

外壁塗装についてはすでにローンを組まれたということなので、毎月の支出に組み込まれていると考えるとあらためて積み立てをする必要はありません。

当面用意しなくてはいけないお金は

・シロアリ駆除(16万)5月
・車(70万円)8月ごろ?

合計86万円ということですね。

このお金を出すには今ある積立では足りない。

今後毎月貯めようと思うと貯蓄はできない。

ということなのですね。

その財源として月3,4万円の積立と、夏のボーナス15万円の取り置きを考えているということですね。

月4万円の積み立てを2月から始めれば、5月には16万円が貯まりますので、ひとまずシロアリ駆除のお金は足りそうです。

その後6月、7月、8月と3ヶ月間4万円を貯めると12万円

夏のボーナスから15万円を取り置くと27万円。車を70万円で購入した場合43万円足りない計算になります。

この43万円をどう用意するかを検討しておきましょう。

今貯金の残りがあればそちらを一度積立に回して一度合算してしまってもかまいません。

貯金もお休みして、全額積み立てをしましょう。

ただ、これは大きな支出が重なってしまったためにとる臨時の措置です。

今後も貯金をお休みして積立だけ増やすというのは貯金がいつまでも作れない原因になります。

このように「まだ積み立てがたまっていないのに支出を増やす」というのは今回で終わりにしましょう。

今回のような車の支出は大きな支出なので貯金から出して構いませんが、少なくとも貯金として車を買い替えられるだけのお金が貯まってから。また購入する年数も次回もやはり6年以上になるように間をしっかりあけて購入する。

このように計画し、次回は車の購入に慌てずに対応できるようにしましょう。

今年一年は貯金ができない年になる可能性もありますが、その代わり来年からはしっかり貯めるというように計画しておくと安心です。

今後は「貯金」と「積立」の区別をしっかりつけ、短期的な「車検」「固定資産税」「シロアリ駆除」などのようなお金は積立から。

このようにふたつを区別して貯めていきましょう。

また、貯金は車など大きな支出専用として別に貯める。車の買い替えや外壁塗装のようなローンを組むほどの大きな支出はなるべく「毎年」のように出さず「6年に一度」などなるべく年数をあけるように工夫しましょう。

このように、近いうちに予定される大きな支出に対してあらかじめ備えることを「積立」で行い、「貯金」にはなるべく手を付けないというのが、当方でオススメしている「積立の方法」となります。

このようにすることで、「貯まったと思ったら貯金がすぐになくなる」ということを防ぐことができますよ。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!積み立て・口座・貯金に関するご質問のまとめはこちらから
積み立て・口座・貯金のご質問(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください