家計簿のつけ方

子どもの受験にかかる費用は家計簿では何費?

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

いつもブログを拝見させていただいています。

お伺いしたいことがあるのですが、子供の受験の学校見学に行く交通費は、何に含めたらいいのでしょうか?

ちなみに、教育費の項目は作っています。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます。

「受験にかかる費用」についてですね。

受験にかかる費用

中学校、高校、大学と子どもの受験を控えているご家庭では受験にかかる費用が増えてきますよね。

それらの支出は家計簿では何費に分類したらいいのかと悩むこともありますよね。

子どもの教育にかかる支出だから一般的には「教育費」と考えられがちです。人によっては「子ども費」に分類する方もいるかもしれません。

もちろん「教育費」「子ども費」に分類しても間違いではありません。あとから振り返った時に「この子の教育にはこれだけのお金がかかった」と分かる状態にもできます。

ただ予算管理の面で見ると、「教育費」や「子ども費」に分類してしまうと、「どこまでを教育費にするのか」「予算がいくらまでならOKなのか」という点が見えづらくなります。

例えば、受験をするための「受験料」は「教育費」「子ども費」とすぐにわかるけれど、受験前の見学に行った時の「お昼ご飯代」は「教育費」や「子ども費」なのか?というような点が分からなくなってしまうのです。

また、「教育費」という費目は、学校から支払いの請求がある支出も多く、自分では支払い額が決められない場合も多いので、もともと「予算を立てても守れない」状況になりやすい費目ですが、そこにさらに受験の費用が入るとメチャクチャ。まったく制御も予測もできないという費目になりやすくなります。

「子ども費」という費目も、子どものものだからと何でも「子ども費」に入れているうちに、「予算が全く守れない」という状況を引き起こしやすくなります。

受験にかかる費用は何費にする?

そこで当方のオススメは、

「ちょっとした支出程度は娯楽費」

「今年はかかると見込まれる大きな支出は特別費」

として準備する方法です。

「受験はまだ先だけど、見学もかねて文化祭に行ってみようかしら」と、1年のうちに1回だけしか行かないような場合は「娯楽費」で分類がオススメです(ただし、新幹線を使っていかないといけないような場所で数万円が必要という場合は特別費です)。

「そろそろ本格的に受験シーズン。受験のための学校見学に何校も回り、受験もする」と、1年のうちに頻繁に受験に関する支出が続くような場合は、「特別費」で分類がオススメです。

「特別費」で分類する支出にはあらかじめ年間予算を作成しておきますので、「受験費用 30万円」など大体の概算を予算として見積もり、その金額前後でやりくりできるように考えます。

もちろん受験は子どもの進路のために大切なものですから、予算オーバーになってしまっても仕方がないもの。「旅行を減らす」などして全体調節を行いましょう。

このように分類すると、「予算が立てやすく守りやすい家計簿」にすることができます。

まとめ

上記の点から、ご質問の件については、「1回だけのことで大したお金がかからないこと」なら「娯楽費」がオススメです。

さらに、学校見学で、交通費+昼食代がかかるような場合は、交通費+昼食代を合算して「学校見学代」として計上してしまうと、記入も1行で済みラクですよ。

年間を通じて何度もかかる場合、今年が受験だという場合は「特別費」で「受験30万円」など総額でかかるぶんだけ大きく予算を取っておきましょう。

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!家計簿のつけ方に関するご質問のまとめはこちらから
家計簿のつけ方のご質問(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください