投資

投資をしている時の家計簿のつけ方!支出?貯蓄?毎月どう書く?

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

こんにちは。はじめまして。

現在育休中の33歳公務員です。

今年の6月以降育児休業手当金がなくなり、約一年半夫の収入のみで生活をしていくにあたり、家計の見直しをしたくてあきさんのブログに立ち寄らせていただきました。本も購入し、早速今月からあきさん流の家計簿をスタートさせました。

そこで質問させてくださいm(_ _)m

投資の扱いについてです。

わずかですが毎月投信積立をしています。この投信は年の家計簿の預貯金額に含めますか?

預貯金は支出にカウントしないというやり方が楽でいいかなと思いましたが、投信なので毎月の評価額がかわり、預貯金額に加えると収支があわなくなってしまうなと思い、悩んでいます。

お時間がある時で構いませんので、教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます。

「投資をしている時の家計簿のつけ方」についてですね。

投資をしている時の家計簿のつけ方

ニーサやイデコなどの投資をしている場合、家計簿にはどのようにつけて管理したらよいだろうかと迷うこともありますよね。

そのような場合の家計簿のつけ方について紹介します。

1.投資は貯蓄?それとも支出?

投資は家計簿上の扱いとしては、貯蓄として扱えばいいのか?支出として扱えばいいのか?という点がまず疑問になりますよね。

結論からお伝えすると、いったん「支出」としてみなし、頭の中では「貯蓄」としてみなすという方法が一番わかりやすいと考えます。

2.なぜ投資は一度支出にする?

投資だけでなく、貯蓄性生命保険もなのですが、「将来的にいくら受け取れるかわからない」というものは、一度全額「支出」としてみなしておくことをオススメします。

なぜなら、その金額を100パーセント(またはそれ以上)の金額で貯蓄だけに見積もっていても、株式なら時価、生命保険の返戻金なら解約時までの年数によって受け取れる金額が変動してしまうからです。

投資ならその時の景気や社会情勢貯蓄性の生命保険なら資金繰りの関係で満期以前の解約などにより、場合によってはマイナスに転じることもあります。

そのような不確定な要素を毎月の貯蓄額として現金と一緒に計算してしまうと、自分が家計をやりくりしたことでいくら貯めたのか?ということがわからない家計簿になってしまう可能性があります。

例えば、一年間家計簿を頑張ってきた結果

現金での貯蓄:100万円
投資での貯蓄:-20万円

というように、マイナスがでてしまうと、その年の貯蓄額は80万円になってしまいます。

自分のやりくりでは100万円が貯められているのに、結果は80万円になってしまうと、モチベーションがさがるだけでなく、自分のやりくり力が足りないのでは?もっともっと頑張らなくては!必要以上に自分を追い立ててしまう方向にいきやすいのです。

このような家計管理は、冷静さを欠きますのでよくありません。

3.長い目で見た時にも意味が不明になる

1年単位で収支を追う時だけでなく、2年、3年、10年と長い年月をかけて家計の流れを追う時にも、投資を貯蓄として通常の貯蓄と混ぜて計算しているとデメリットが生じます。
1年目の家計簿の実績
現金での貯蓄:100万円
投資での貯蓄:-20万円
年間貯蓄額:80万円
累計貯蓄額:80万円

と上記の例のように1年だけで貯蓄額を見た時に、投資が入っているとマイナスが出た時に、やりくりが成功しているのかいないのかわからなくなるというのがまず一点目のデメリット。

さらにこれを継続して2年、3年と追っていくと、

2年目の家計簿の実績
現金での貯蓄:100万円
投資での貯蓄:10万円
年間貯蓄額:110万円
累計貯蓄額:210万円

3年目の家計簿の実績
現金での貯蓄:100万円
投資での貯蓄:-5万円
年間貯蓄額:95万円
累計貯蓄額:295万円

年間貯蓄額1年目80万円+2年目110万円+3年目95万円=285万円

というように、年間貯蓄額を足し上げていっても累計貯蓄額とズレが生じます。

長い年月を経れば経るほど、意味が分からない数字ばかりの家計簿になっていきます。

これが投資を現金での貯金と混ぜて貯蓄としてしまうことの2つ目のデメリットです。

4.投資している時の家計簿のつけ方は?

では、投資をしている時の家計簿のつけ方はどうすればいいかということですが、

まずおもに銀行引き落としの支出を記載する年間の家計簿に「投資」の費目を作りましょう。費目名はNISAなどご自分でわかりやすい名前にしてもかまいません。

投資をしている時の家計簿のつけ方1投資をしている時の家計簿のつけ方1

そこに毎月の投資額を記していきます。

次に貯蓄を記入する欄ですが、ここに基本的に投資の分を記入する必要はありません。

投資をしている時の家計簿のつけ方2投資をしている時の家計簿のつけ方2

では、貯蓄となっている投資額はどうするのか?というと、欄外に記入します。

投資をしている時の家計簿のつけ方3投資をしている時の家計簿のつけ方3

1年に一回ほど欄外で金額を記入し、自分でやりくりをした結果の貯蓄額と合算して把握するくらいで充分です。

毎月行いたい場合は、毎月欄外に記入して合算してもOKです。

貯蓄性の生命保険の家計簿のつけ方も同様になります。

⇒貯蓄とは?生命保険、NISA、ideco、投資などをどう扱う?

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!投資に関するご質問のまとめはこちらから
投資のご質問(まとめ)

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ
この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

POSTED COMMENT

  1. もも より:

    あきさんの家計簿で勉強して1年と3ヶ月です!
    家計改善して、積立と貯金ができて、来月、家族で旅行に行けることになりましたー(^▽^)
    やったー!とってもうれしいです♪
    どうもありがとうございます!
    感謝しています。
    あきさんの家計簿で、きっとたくさんの人が幸せになってるんだろうなぁ、うちの家族のように。

    • あき より:

      桃さんコメントありがとうございます!

      家計改善ができて旅行まで行けるようになったのですねー!おめでとうございます!

      家計簿で人生が好転してきているようで何よりです(^^♪

      またいつでもご連絡くださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください