正しい家計管理の方法

子どもの習い事費は月いくらまで?家計を赤字にしない決め方のコツは?

家計管理

「子どもの習い事費」にはいくらまでならかけてもいいの?疑問に思っている方はいませんか?

収入に対していくらまでなら健全な家計管理ができるのか、習い事費が原因で家計の赤字を出さない家計管理のコツを紹介します!

子どもの習い事費にみんないくらかけてる?

子ども一人につき、習い事にいくらくらいかけているのが相場なのでしょうか?

学校外活動費として、文部科学省が調査しているデータがありますので「公立」「私立」別に確認してみましょう。

文部科学省の調査では、「補助学習費」として、家庭での学習に使用する物品・図書の購入費、家庭教師費、学習塾費等の支出や
「その他の学校外活動費」ととして、体験活動、習い事(ピアノ,水泳,習字等)等のための支出、用具の購入費等を含んだ金額で計算されています。当方で端数などを切り上げるなど加工しています。

幼稚園

公立 9.3万円
私立 13.4万円

小学校

公立 21.8万円
私立 61.3万円

(出典:文部科学省 平成28年度「子供の学習費調査」)

調査によれば私立に通っているお子さんの方が公立に通っているお子さんよりも習い事にかける費用は高くなっています。

また、小学校の学年別の補助学習費とその他の学校外活動費を加えた金額は以下の通りです。

公立に通っているお子さんを基準として考えると、だいたい一人につき幼稚園の時で月約8千円、小学校で月1万7千円です。

子どもの習い事費にいくらまでかけてもいい?

子どもの習い事費に平均していくらかけているかを参考にしながら、習い事をいくらまでかけてよいか決めるというのもよいですが、実際はそのように考えてしまうと家計が赤字になってしまうという現象になることがあります。

「子どもの習い事費にいくらまでならかけてもよいか」というのは、実は「各ご家庭の収支のバランスによる」というのが赤字を出さない家計管理の考え方としては正解です。

例えば、毎月キツキツで赤字であるご家庭の方がさらに習い事を増やしてしまうとさらに赤字が拡大してしまいます。

しかし、毎月黒字のご家庭の方なら、習い事をひとつふたつ増やしても赤字にはならず、生活も苦しくなりません。

このように、全体のバランスを見ながら習い事にいくらまでかけるかというのを考えていくことをオススメします。

収入の何パーセントまでというような割合で求める方法は各ご家庭の事情というものを無視してしまうことになりますので、オススメできません。

子どもの習い事費にいくらまでかけてもいい?

では、子どもの習い事費にうちの場合はいくらまでならいいの?ということが気になる場合は、以下の手順で家計状況を把握してみましょう。

(収入)
月収 30万円

(固定費)
住宅 10万円
水道光熱費 1万円
生命保険 1万円
携帯電話 1万円
学費 2万円
小遣い 3万円

合計18万円

(生活費)
食費 5万円
日用品 1万円
その他 3万円

合計9万円

総合計27万円

上記の家計の場合は、家計の毎月の余剰は3万円です。もし習い事を始めるのであれば、少なくとも月3万円以下におさめなくては毎月赤字になってしまいます。

このように、習い事をひとつ追加したときに月収に対して赤字がでないかどうかを確認することが大切です。

子供の習い事費は分散しないのがコツ

上記のように毎月の支出に赤字がでないかどうかを確認してから習い事にかける費用を決めることが大切ですが、もう一つ大切なのは、夫婦で支払いを分散しないことです。

例えば、夫婦で別財布で家計を管理している方ですと、長男の習い事費はパパ担当、長女の習い事費はママ担当など、パパとママで支払いを分担してしまうケースがあります。

このように支払いを分担制にしてしまうと、お互いに収入に対していつの間にかいっぱいいっぱいになるまで習い事を追加してしまい、結果としてパパもママも赤字になってしまうというケースがよく見受けられます。

できれば習い事費はすべて夫担当。夫の収入からはみ出さないようにするなど、片親だけの収入で賄えるようにしておくと家計管理の上でも安心です。

このように考えておかないと、万が一どちらか一方が働けない状況になったときに家計が非常に圧迫され危ない家計になってしまいます。

わが家の場合はどうしてる?

子どもが3人いるわが家の場合は?というと、わが家では子どもの習い事費は夫の収入の枠をはみ出さない範囲でとどめるようにしています。

子どもが3人いてそれぞれに習い事費がかかると考えると、高額な塾などにはとても通えないななど、月収をベースにして考えると身の丈にあわせた習い事費の限度が見えるようになります。

もちろん子どもの夢を応援したい!という気持ちもわかります。ですが、借金をしてまで習い事をさせるのでは本末転倒と考えてよいでしょう。

まとめ

・習い事は収支のバランスを考えて選択する
・習い事をひとつ追加したら月収をこえてしまうやりくりは危険
・習い事のために借金までするような家計管理は本末転倒

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の4冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」
「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓正しい家計管理で家計を立て直しましょう!
・正しい家計管理の仕方(まとめ)

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください