手取り年収500万円の家計

手取り年収500万円台の家計簿公開!子ども3人の支出の内訳は?

家計診断

ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

昨年にマンションのローン返済おわりました。が、やはり一軒家がほしいなと思っておりますが、今のままで購入出来ますでしょうか?

夫(33)、妻(33)、子(9)、子(7)、子(5)

収入
夫、30万、ボーナス(年間130万)
妻、5万

あき計算補足 合計550万円
児童手当42万円をいれると、総収入は592万円。

管理費 36920
食費 35000
ネット 5679
ケータイ 9000
ガス 2000
水道 3500
電気 8500
車保険 17720
ガソリン 10000
授業料(二人分) 16000
子ども習い事 12688
保育料 22600
タバコ 5000
日用品 5000
夫保険 11128(うち7000円貯蓄型)
妻保険 4000
学資保険 11000(あと6年、200万)
積立定期預金 60000
妻iDeCo 23000

あき計算補足 合計約30万円

これに外食費と雑貨がありますが、毎月バラバラで、だいたい2つ合わせて5.6万。多いときは10万くらいいきます。

ボーナスは夏、冬合わせて70万貯蓄して、残りは特別出費にとってあります。
旅行
固定資産税
車税
冠婚葬祭など。

子ども手当は使わず全額貯蓄 年間42万

今現在の貯蓄が450万。

妻独身時代からの貯蓄が200万ほどありましたが、少しづつ使っていて今は150万ほど。

もし、家を買うなら頭金は出せても200万くらいか、、、?マンションが売れたらそれを住宅の繰り上げ返済にまわせたらと思っております。だいたい1000万から800万くらいで売れるかと。

もう一つ、子どもが全員大学に入る前までに一人500万くらいは貯めておきたいです。
3人で1500万。大学費用と一人暮らしするときの仕送り代など。それでも足りるか心配です。

ただローンを払って貯蓄もできて子ども達の大学費用も貯まるのでしたら、頑張って住宅購入したいと思ってます。でも無理なら住宅購入はすぱっと諦めます。

下の子が小学校入学したら、私もしっかり働きたいと思ってます。

長くなってしまい申し訳ありません。お忙しいとは思いますが、アドバイスいただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入592万円
支出480~500万円

収支は年間約約100万円の黒字の予定ということですね。

夫保険 11128(うち7000円貯蓄型)
学資保険 11000(あと6年、200万)
積立定期預金 60000
妻iDeCo 23000

月101000円の貯蓄を支出としてカウントしていますので、実際には、年間221万円の貯蓄がある計算になります。

家計のやりくりはどうする?

質問者様の家計へアドバイスさせていただきたい点は以下の通りです!

1.月の家計を見てみよう!

質問者様の月の家計を見てみましょう。

管理費 36920
食費 35000
ネット 5679
ケータイ 9000
ガス 2000
水道 3500
電気 8500
車保険 17720
ガソリン 10000
授業料(二人分) 16000
子ども習い事 12688
保育料 22600
タバコ 5000
日用品 5000
夫保険 11128(うち7000円貯蓄型)
妻保険 4000
学資保険 11000(あと6年、200万)
積立定期預金 60000
妻iDeCo 23000

合計約30万円

ここまでが毎月かかると想定される支出のようです。

定期預金などいつでもやめられるであろう貯蓄が支出として含まれていますので、実質払わなくてはいけない支出としては月24万円がベースと考えられます。

別途の支出が月5~10万円ほどあるということですので、月の支出としては毎月6万円の定期預金を入れて月35万円のお給料とトントンくらいのやりくりをされているのかな?と考えられます。

ただ、月10万円かかっている月もあるということなので、多い時には月の給料では賄えない場合もあるという状況と言えます。

2.特別費はいくら?

質問者様の家計は、年間130万円のボーナスがあり、だいたい年間60万円ほどの特別費を別にとってあるということですね。

計算上は年間200万円以上の貯蓄ができている家計設計となっています。

3.月の家計を見直してみよう!

質問者様の家計は、まず住宅ローンを完済されていることで、全体的な支出がとても少ないのが素晴らしい家計です。

食費も子ども3人で35000円、水道代も月3500円と、とても少ない予算で上手にやりくりされているのが分かります。

特に見直していただきたいのは以下の点です。

■食費

全体的に、上手に節約できています、食費については育ち盛りのお子さん3人にしてはやや少なすぎる傾向がありますので、もう少し多くてもよいでしょう。

ただ、その他の支出に外食が含まれているということですので、外食費が多く、食費が少ない場合はこのままでも構いません。

■車の保険

車の保険も年間約21万円と高すぎる傾向があります。食費、光熱費はとても節約できている節約上手な方なので、なぜ車の保険が高いのかやや疑問が残ります。

2台分としても高い保険料ですので、お付き合いなどで仕方がない場合を除いて、見直してみたほうがよいでしょう。

■保育料

保育料は今後幼児教育無償化が始まったらどれくらいの負担になるのか考えておきましょう。

■その他の支出について

その他の支出が月によってバラバラということですが、このような管理はあまり良い状況とは言えません。

その他の支出が月10万円になる月があると、月の給料からは赤字になりますので、ボーナスから補填しなくてはならないなど、やりくりが煩雑になります。

おそらく、毎月の支出と特別費の区別がついていないのではないかと感じますので、二つの区別をつけるようにしておくとより家計が回しやすくなると考えられます。

4.予算をもう一度考えてみよう

管理費 36920
食費 50000
ネット 5679
ケータイ 9000
ガス 2000
水道 3500
電気 8500
車保険 10000(仮に2台分として)
ガソリン 10000
授業料(二人分) 16000
子ども習い事 12688
保育料 22600
タバコ 5000
日用品 5000
夫保険 11128(うち7000円貯蓄型)
妻保険 4000
学資保険 11000(あと6年、200万)
積立定期預金 60000
妻iDeCo 23000
娯楽費 25000

合計約33万円

これくらいを月の家計の基本とし、毎月ばらつきを出さないようにしてみましょう。

残りの2万円は特別費に回すようにすると、月の給料で足りなくなるということがなくなり、家計が複雑になることがありません。

貯蓄額はこのままでも年間200万円以上ありますので、毎月の余剰金2万円は特別費に回し、旅行代などに利用してもよいでしょう。

年間の支出は476万円となりますので、年間で237万円貯蓄ができる計算となります。

今後はどうなる?

ご質問の住宅の買い替えですが、こちらについては現在の情報からは何とも言えないところがあります。

予算上では年間200万円以上貯蓄ができていますが、年間200万円以上の貯蓄ができているなら上のお子さんが9歳と考えると、1800万円ほど貯蓄があってもおかしくありません。

しかし、現在の貯蓄額は450万円と少な目です。

この理由がマンションのローンを繰り上げたためなど理由があるのか、それとも計算上では年間200万円以上の貯蓄ができることにはなっているものの本来の家計は違うのか現状の内容からは判断ができません。

この通りに毎年貯蓄ができているのかをまず確認されてみてください。

もし住宅ローンを追加するのであれば、やはり月収の範囲で考えるほうがよいでしょう。

現状では月収からの余剰は月2万円ですので、それ以下の住宅ローンなら現状とほぼ同様に回せるということになります。

奥様が働きだし、月収が上がってから再度考えてみても遅くないでしょう。

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の4冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」
「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる! 「ズボラ家計管理」トレーニング」

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから
手取り年収500万円台以上の家計のまとめ

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ
■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください