お金を貯める節約術や考え方

お金をあるだけ使ってしまう生活をやめる方法3選!

お金をあるだけ使ってしまう生活を変えたいけれど、どこから始めればいいの?と悩んではいませんか?

私は、家計簿・家計管理アドバイザーとして活動していますが、実は私も昔はお金をあるだけ使っていた主婦のひとりです。

でも、そんな私でも、今は3人の子供を育てながら貯金もできる主婦に変わることができました!

今回はそんな私の「お金をあるだけ使ってしまっていた実体験」「お金をあるだけ使ってしまう」という相談者さまのご質問を通して「お金をあるだけ使ってしまう生活を変えるためにできること」を紹介します。

お金をあるだけ使ってしまう生活を変える方法

お金をあるだけ使ってしまう生活をしていると、貯金ができない悩みに直面することになりますよね。

かつての私もそうでしたが、お金をあるだけ使ってしまう生活をしていると、どうしても気になるのは将来の備え。

お金を貯めたいという気持ちはあるのに、どうしていいか分からず不安な日々を過ごしていた私が、そんな生活を変えたい!と思った時にやったことは以下の3つです。

  • 家計簿のつけ方を変えた
  • 月単位の黒字より年単位の黒字を目指した
  • 習慣を変えた

以下、3つの改善点について詳しく紹介しますね。

1.家計簿のつけ方を変えた

「しっかり家計管理をするために家計簿をつけなくては…」と思いながらもなかなかつけられないという人もいると思います。

かつての私は、かろうじて家計簿じたいはつけていましたが、ただつけているだけ。

「家計簿なんてつけるの面倒くさいな~」なんて思っていたこともありましたが「あればあるだけ使ってしまう生活を変えるため」に、家計簿のつけ方を変えました。

具体的に、項目の分け方、何をどこに入れるかという分類ルールなどを変更。

それによって「振り返りのしやすい家計簿」にすることができ、しっかり家計管理ができるようになりました。

家計簿のつけ方
【画像つき】簡単で効果のある手書き家計簿のつけ方(書き方)の見本(記入例)大学ノートを使った手書きのオリジナル家計簿のつけ方(書き方)について画像入りで解説します。 あきの家計簿は、つけるだけでお金が貯ま...

2.月単位の黒字より年単位の黒字を目指した

かつての私は「今月黒字だったか赤字だったか」ということしか考えていませんでした。

そのため、ボーナスや手当があるとお金を使いすぎ、収入が少ない月は肩に力を入れて節約をしていました。

時にはクレジットカードでボーナスを当てにして支払ってしまっていたほどです。

しかし、今月黒字だったか赤字だったかということは気にしない方法に変更。

年単位で黒字が出せればよいというやりくりに変更したところ、収入が多い月も使いすぎず、収入が少ない月も慌てずにお金の管理ができるようになりました。

毎月赤字の家計はこう計算!家計を確実に黒字にする方法毎月赤字で家計は火の車。 貯金がしたくてもどう家計のやりくりをしていけばいいのかわからない。 そんな時は、この計算方法で月の...

3.習慣を変えた

あればあるだけお金を使ってしまっていた時期は「お金のことは面倒くさい」と後回しにしていました。

月に一回の記帳も面倒くさいと2,3ヵ月に一度しかしなかったり、ATMに行くのが面倒くさいと手数料のかかるコンビニでお金をおろしたり、家計簿の集計をしなかったり…。

お金が貯められる人なら当たり前のようにやっていることをサボりがちで、お金としっかり向き合うということを避けていました。

しかし、今度こそ!と決めてからは毎月1度は記帳する、コンビニなどでお金はおろさない、月1回は家計簿を集計するといった作業を習慣にすることにしました。

家計簿の集計の作業が面倒だと感じるようになってからはエクセル家計簿や家計簿アプリも使うようになりました。

余りに頑張りすぎると続きませんが、これくらいの習慣なら苦にならないという程度の習慣は今でも続けています。

2年で350万貯めたズボラ主婦が節約のためにやったやめたこと「頑張らない節約術」で2年で350万円の貯蓄に成功した主婦が節約のために「やったこと」と「やめたこと」を紹介します。 頑張っても効果がない節約は思い切ってやめることも大切です。効果のある節約術だけを取り入れて、楽しい節約生活を送りましょう。...

お金をあるだけ使ってしまう生活を変えたい

はじめまして。
家計について悩んでいたら、つい最近こちらのブログにたどり着きました。
すごくためになる記事ばかりで、目から鱗です。
質問です。うちは決して低い年収ではありません。なのに貯まらないのです。マイナスにはなりません。あるならあるだけ使ってしまっているのかもしれません。
どうしたらその意識が変わるのか、、、
固定費がそもそも多いとか、娯楽費の割合が高いとか、ザックリとはわかってはいるのですが。
どうしても貯めたいです。

質問者様からも「お金をあるだけ使ってしまう」というご相談が届いています。

「お金をあるだけ使ってしまう」という自覚がある場合、まずオススメなのは「習慣を変えること」です。

家計簿をつけるといった作業が苦痛なら家計簿はつけなくてもかまいません。

ただし、お金がどれくらいの残高で推移をしているかという貯金簿は最低限作成しましょう。

貯金簿を作成するには、毎月1回程度の記帳は必須になります。月1回は必ず記帳をするといった習慣からまず変更しましょう。

どうしてもできない場合は、家計簿アプリなどを使ってもかまいません。

最低限の習慣が身につくようになってから「固定費を見直す」「家計簿をつける」といった違う習慣をさらに身につけるように工夫してみてはいかがでしょうか。

質問者様は収入は低くないということですから、しっかりとしたお金の習慣を身につけられるようになると、家計が大きく変わる可能性があります。

是非、できることから取り組んでみてください。

家計簿のつけ方
いわゆる「貯金簿」の書き方とは?こちらは、家計簿&家計管理アドバイザーが日頃の「家計管理に関する疑問や質問」にお答えするコーナーです。 今回は、「わが家の貯金簿の...
関連記事

その他、お金を貯めるための節約術はお金を貯める節約術カテゴリーよりご覧ください。

節約は何から始める?節約初心者のための節約の基本!家計簿&家計簿アドバイザーが日頃の「家計管理に関する疑問や質問」にお答えします。 ※その他免責事項をお読みください。 今回の...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください