簡単な家計管理の方法

貯め期って何?人生で3回から4回に増加?!貯めどきに貯める家計管理の方法!

家計管理

貯め期という言葉を聞いたことがありますか?

これまでは人生に3回あると言われていた貯め期が、なんと人生で4回に増加

貯めどきを逃さず貯蓄に変えるために人生で4度ある貯め期とはいつか?」「それぞれの時期で気を付けることは何か?について紹介します。

貯め期とはいつ?

貯め期とは何か?というと、人生の中でも比較的お金の貯めやすい時期のことです。

貯め期は人生で3回あるとこれまでは一般的に言われてきました。

1回目は結婚してからお子さんが生まれるまで
2回目はお子さんが小さく幼稚園や保育園に上がる前、または小学校低学年まで
3回目はお子さんが大学を卒業した後定年するまで

なかには子どもが保育園、幼稚園に通っている時期も含めて貯め期と表現する方もいますが、子どもが保育園、幼稚園に通っている時期というのは保育料が高く貯蓄ができないという方もいらっしゃるので、私の考えでは「貯め期」とは考えません。

しかし、近年「幼児教育無償化」の決定により、本来貯め期から外れていた「幼稚園や保育園の費用がかかる時期」「貯め期」に加えることができるようになりました。

これまで3度あると言われていた貯め期が4度に増加(もしくは2度目の貯め期の延長)したと言えます。

「貯め期」について知らずに無計画に過ごしてしまうとせっかくの貯められるチャンスをみすみす逃してしまうことに…。

それぞれの時期に合わせた貯め期を逃さない家計設計のコツ」を紹介します。

1度目の貯め期の家計設計のコツ

1度目の貯め期は結婚してからお子さんが生まれるまで。

この時期の貯め期を逃さない家計設計のコツは浪費を防ぐことです。

結婚してお子さんが生まれるまでの間というのは、支出を少なくできる時期なので本来なら貯めやすい時期です。

しかし、様々な要因で貯められない方が多くみられます。

例えば夫婦で財布を別にする。

夫婦それぞれに収入があると、家賃は夫、光熱費は妻といった具合に支出を分担するような夫婦別財布の家計管理をしている方が多くみられます。

夫婦別財布というのは家計管理の観点から考えると非常に貯めにくい管理方法です。

なぜなら夫婦それぞれに衣服や交際費など自分のための浪費が増えてしまうから。

より貯めやすい家計にするには夫婦で生計を共にしてお金を管理することをオススメします。

夫婦で生計を共にすることが難しければそれぞれに浪費しないような仕組みを作りましょう。

■参考:二人暮らしの家計のコツは以下の記事で詳しく紹介しています。

二人暮らしの家計簿!同棲・新婚生活でも貯金するコツは?結婚や同棲で2人暮しが始まると、お金のことをどう考えて行ったらいいか迷うこともありますよね。 特に新婚さんは、子供が生まれたり、車...

2度目の貯め期の家計設計のコツ

2度目の貯め期はお子さんが小さく幼稚園や保育園に上がる前、または小学校低学年まで。

この時期の貯め期を逃さない家計設計のコツは子どもにお金をかけすぎないことです。

子どもが産まれたばかりの頃の家計

お子さんが生まれたばかりでまだ保育園や幼稚園などに行っていない頃もまだまだ支出を少なくできる時期ですので、貯め時と言えます。

この頃の家計の特徴としてはまだまだ二人暮らしの延長程度の支出くらいしかかからないことがあげられます。

まだ小さいお子さんですと食事量も少なく済みますし、小遣いが欲しいと言い出すこともありません。

洗濯物の量も小さな衣類が少し追加されるくらいですので、回数が多くなることもなく、お風呂も一緒に入るでしょうから水道料金が極端にあがるということもありません。

二人暮らしの頃に比べれば多少お子さんに費用がかかるようにはなりますが、それでもまだこれからくる教育費の負担に比べたらかわいいもの

しかし、特に一人目のお子さんですと、あれもこれもといろいろなものをお子さんに与えたくなってしまう時期でもあります。

知育玩具や衣類などを頻繁に購入したり、なかには数十万円もするような早期教育教材をローンで購入するような方もいます。

子どもの成長は楽しみなものですが、身の丈以上に欲張りすぎないように気を付けてほしいものです。

また、子どものために貯金をしなくてはと焦るあまりに学資保険など貯蓄性のある保険に加入しすぎてしまい、のちのち教育費が本当にかかるころに学資保険など貯蓄性のある保険の支払いが苦しくなってしまい解約

元本割れを引き起こし貯蓄性保険の意味がなくなってしまったというケースもよくみられます。

■参考:学資保険が支払えなくなるケースについては以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
学資保険は本当に必要?学資保険で破綻!学資保険が払えない危険な家計子どもが産まれたら学資保険に加入したほうがいい?と気になる方も多いのではないでしょうか。 子どもの学費の準備として学資保険への加入...

子どもが小学生低学年の頃の家計

幼稚園、保育園を終え、公立小学校に進学したお子さんが低学年の頃も支出を少なくできる時期ですので、貯め時と言えます。

この頃の家計の特徴としては一番学費がかからない時期ということがあげられます。

公立小学校の小学校の学費は文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」によると、公立小学校では322,310円とされています。

私立小学校の学習費は1,528,237円となっていますので、私立小学校に比べ公立小学校では年間120万円(月10万円)ほど学習費が少なくなります。

よって私立小学校に入学した場合は貯め期にはなりませんが、公立小学校に入学した場合は貯め期になると言えます。

ただし、この時期に不用意に「子どもの習い事」を増やしてしまうと、せっかくの貯め期でも家計が苦しくなるなど、その後の進学費に影響が出ることがあります。

特にお子さんの習い事費については安易に増やしすぎないように気をつけましょう。

■参考:子どもの習い事はいくらまで?については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
子どもの習い事費は月いくらまで?家計を赤字にしない決め方のコツは?「子どもの習い事費」にはいくらまでならかけてもいいの?疑問に思っている方はいませんか? 収入に対していくらまでなら健全な家計管理が...

■参考:公立小学校6年間にかかる学費については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
公立小学校6年間の学費にいくらお金がかかる?平均や就学援助公立小学校に子どもを通わせた場合6年間でいくら学費がかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか。 公立小学校ならもちろん教科書...

3度目の貯め期の家計設計のコツ

3度目の貯め期はお子さんが大学を卒業した後定年するまで。

この時期の貯め期を逃さない家計設計のコツは老後にローンを残さないことです。

まずは、一番下のお子さんが大学卒業時に主たる働き手となる方が何歳になるのかを確認しましょう。

下のお子さんが大学卒業時に56歳、定年を60歳とした場合は貯め期は4年ほどあることになります。

下のお子さんが出生時の年齢が高いと貯め期がないまま老後を迎えるケースも多くみられますので、貯め期があるのかを確認することが大切です。

また、特にこの時期に注意したいのは、老後にローンを残さない家計設計を行うことです。

教育ローン、車のローン、住宅ローンなど各種ローンが多額に残っている状況で老後に突入してしまうと老後の家計のやりくりが非常に厳しくなることが予測されます。

各種ローンの残金と老後に残したい資金のバランスをとるような家計設計を心がけましょう。

■参考:老後の家計簿については以下の記事で詳しく紹介しています。

老後の家計簿。生活費はいくら必要?年金暮らしの両親の例老後の家計を正常に維持するための「老後の生活費」や「老後の準備のための貯蓄」は一体いくら必要なのでしょうか? 家計簿をつけたことが...

新しい貯め期の家計設計のコツ

上記の3回が通常言われてきた人生で3度ある貯め期です。

しかし、近年「幼児教育無償化」により、本来「保育園や幼稚園の費用がかかり貯めにくかった時期」も「貯め期」に追加することができるようになりました。

この時期は、特に「油断しない」ようにする家計設計を心がけましょう。

子どもが幼児と言われる時期はやはり本来ならそれほど子どもに費用が掛からない時期にあたります。

幼児教育無償化により保育料が無償になったからと油断して安易に支出を増やさないように気をつけましょう。

■参考:幼児教育無償化については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
幼児教育無償化で家計はどうなる?私立幼稚園のわが家の実例で試算してみた!2019年10月から幼児教育・保育の無償化が全面的に始まります。 幼児教育・保育の無償化により大きな恩恵が受けられるのは、「今まで...

何から貯めたらいい?

人生に4度(または2度目の貯め期の延長)となった貯め期にまったく貯蓄ができない家計管理をしていると、厳しい時期の資金の準備が整いませんので、苦しい家計のやりくりを強いられることにもなりかねません。

「住宅」「教育」「老後」の3大資金に計画的に優先順位をつけて備えておきましょう。

■参考:貯金は何から貯める?については以下の記事で詳しく紹介しています。

貯金術
貯金の優先順位が分からない。住宅ローン、教育費、老後。何から貯める?日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。 ※その他免責事項をお読みください。 今回のご相談内容 教...

まとめ

・人生で3度あるといわれている貯め期が4度(または2度目の貯め期の延長)になりました。
・貯め期に貯められない家計にならないような家計設計を心がけましょう。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:他にもある!正しい家計管理の方法については以下にまとめてあります。
・正しい家計管理の方法

■参考:無料で家計簿&家計管理アドバイザーに相談できます。

お問い合わせご訪問いただきありがとうございます。 家計に関するご相談やお仕事のご依頼など お問い合わせは以下のメールフォームをお使いください。...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください