特別費

特別費はどこから支払う?特別費の貯金をするには?

特別費

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

特別費の年間計画を立てたところ628300円になりました。

これを月にすると52359円。

それを毎月の給料から貯金していくのは、難しいです。

どのように対応したらよいでしょうか。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「特別費の貯金」についてですね。

特別費に対応するには?

固定資産税、車検、冠婚葬祭など一度に出ていく大きな支出のことを「特別費」といいます。

この特別費という支出は人によっては年間で100万円以上になることもあり、家計を大きく圧迫するものです。

この特別費に「年間計画」をたて、上手に対応することが家計管理を健全に保つコツです。

■参考:特別費とは?年間計画の立て方については以下の記事で詳しく紹介しています。

【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ) 毎月あるわけではないけど、年間を通じて考えるとある支出を「特別費」と言います。 固定資産税、車検、自動車税など高額になりやすい特別費をわが家は年1回「特別費一覧表」を作成することで管理しています!...

特別費のお金はどこから?

さて、年間でかかる特別費の金額が分かっても、そのお金をどこから支払ったらいいのか分からないということがありますよね。

質問者様の場合は、年間で628300円月にすると52359円

毎月5万円以上の黒字がある家計でないと毎月の給料からは特別費が払えないということになります。

しかし、実際にはそれだけの黒字が毎月の給料からはない場合はどう考えたらよいのでしょうか?

特別費が月の給料から払えない

特別費が毎月の給料からは支払えないという場合は、その他の財源がないかを確認しましょう。

手当やボーナスなどから一度に取り分けてしまうという方法も有効です。

どこからなら支払えるのかを検討してみましょう。

■参考:特別費の積立については以下の記事で詳しく紹介しています。

特別費
特別費は毎月積立?それともボーナスから一度に積立?当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回相...

特別費は他の口座とは分けて準備しよう

特別費をどこから支払うのかが決まったら、特別費は他の口座とは分けて管理することをオススメします。

特別費のお金を生活費の口座などに一緒に入れてしまうと、お金の流れが作りにくくなります。

他のお金とはしっかり区別できる仕組みを作っておくことが大切です。

■参考:特別費口座については以下の記事で詳しく紹介しています。

特別費
特別費口座とは?家計の思わぬ出費に通帳分けで対応する方法!特別費という言葉を聞いたことはありますか? 特別費とは、毎月あるものではないけれど、家計の中では比較的高額になりやすい支出のことで...

■参考:特別費口座をつかった特別費のお金の流れの作り方については以下の記事で詳しく紹介しています。

特別費
特別費の貯め方・使い方!お金の流れの作り方について当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...

こんな特別費の貯金法はNG!

特別費を準備しなくてはいけないと考えるのは素晴らしいことですが、やってはいけない特別費の貯金法があります。

それは特別費の貯金をすると「毎月赤字」になってしまうような貯金の仕方です。

特別費を毎月5万円ずつ積み立てると毎月3万円ずつ赤字になる。

このようなやりくりになると、毎月の赤字を補填するためにどこからかお金を用意しなくてはならず、管理が煩雑になります。

質問者様の場合も毎月の給料から貯金するのが難しいのであれば無理して貯金をして赤字を引き起こさないように気をつけましょう。

■参考:特別費を積み立てると赤字になる時の考え方は以下の記事で詳しく紹介しています。

貯金術
目的別積立貯金で家計と貯金を守る方法!海外旅行だって夢じゃないよ!家計管理をしていると「積立」という言葉をよく聞きませんか?できる主婦たちが続々と取り入れる謎の「目的別の積立貯金」。 でも、「どん...

特別費と通常の貯金は分けて考える

特別費を貯金するというと、どうしても「貯金をしている」という意識になりますが、特別費のための貯金は純粋な貯金とは言えません。

もちろん口座などに貯めているお金ですので、貯金額としてはカウントしていただいてかまいませんが、特別費のための貯金は1年以内になくなってしまうお金です。

通常の純粋な貯金とは別に考える必要がありますので注意してください。

特別費の口座に200万円貯まっていても、純粋な貯金が100万円なら長く残せるお金は100万円だけと考えます。

■参考:特別費と別に準備する貯金については以下の記事で詳しく紹介しています。

貯金口座イメージ画像
貯金口座の作り方!貯金口座を他の口座と分ける意味とは?貯金口座を生活費口座と分けるのは通帳口座の管理方法の基本です。 特に貯金口座については他の口座と分けて管理することを強くオススメし...

特別費があると家計が赤字になる?

特別費の支払いがある月は家計が大幅な赤字になることがあります。

車検20万円+通常の生活費20万円=40万円。

月収が30万円だと、特別費がない月は黒字なのに特別費で車検代を支払ったら今月は大幅な赤字になってしまうというようなケースです。

このような現象が起こると「家計が赤字になってしまう」と心配される方も多いのですが、上記の方法ですでに支払いの準備ができていれば特別費の支払い月に家計が赤字になってしまうのは全く問題ありません。

問題なのは特別費に対して上記のような準備を何もしていない状態で赤字になってしまうことです。

特別費の貯金を何もしていない状態で家計が赤字になってしまうと、特別費の赤字分を埋めるためにクレジットカードの支払いを追加したりローンを組んだりと無謀な家計管理に陥るケースが多発しています。

質問者様も毎月の収入から特別費を貯金するのは難しいということですが、だからといって何の準備もしないと上記のような無謀な家計管理になる可能性があります。

毎月の収入からは難しくても他の収入から貯金をするなど、しっかりと特別費に対応するようにしましょう。

■参考:特別費を払うと収支が赤字になる?については以下の記事で詳しく紹介しています。

特別費
特別費口座にお金を移すと年間の貯金額が狂いませんか?当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...
特別費
特別費口座にお金を入金したら収支がマイナスになりました!当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...
関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:他にもある!特別費に関するご質問はこちらから
・特別費に関するご質問一覧

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

家計相談Q&A
無料家計(家計簿)相談のQ&A一覧(質問疑問にお答えしています)当ブログではメールフォームより個別に無料で家計相談をさせていただいています。 お寄せいただいたご相談ご質問の結果をこちらで公開して...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください