2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

小遣いの家計簿のつけ方。月1回渡している場合と月に数回渡している場合。

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。
今回のご相談内容

この度はあきさんに現金支出と銀行支出についてご質問があるのですが…。

現金でのやり取りは現金支出、銀行引き落としの場合は銀行支出ということでしたが、口座から下ろしたお金をそのまま支払いにあてる場合、これを銀行支出の欄に書いても問題は無いでしょうか?

理由としましては、小遣いなど月1回であること、年間家計簿に記載した方が個人的に分かりやすいなどといったことがあるのですが、引き落とし以外はやはり現金支出として扱ったほうが良いのでしょうか?

質問一覧には目を通していますが、既出のご質問でしたら大変申し訳ありません。

お手隙の際で構いませんので、ご返答いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「小遣いなどの家計簿のつけ方」についてですね。

小遣いなどの家計簿のつけ方


小遣いなど月1度しかない現金払いの支出はどのように家計簿につけたらよいの?と感じる方もいますよね。

小遣いを渡すのは月1回しかないのに毎月の家計簿に「小遣い」という費目を作ると集計が面倒くさい…。

毎月の家計簿の「小遣い」の欄にも1行しか書くことがなくもったいない…。

そのような時の小遣いなど月1度しかない支出の家計簿のつけ方について紹介します。

小遣いの家計簿のつけ方


小遣いを家計簿につける際には小遣いをどのように渡しているのか考えましょう。

1)毎月定額を小遣いとして月1度渡している

2)毎月定額の小遣いではなく、週払いであったり飲み会代など交際費があれば別途追加で渡している

上記のうちひとつめのケースに該当する場合、小遣いを渡す回数は月1回です。

しかし、上記のふたつめのケースに該当する場合は、小遣いを渡す回数は月1度以上になり渡す金額も集計するまで分かりません。

上記のうちどちらのケースに該当するかによって小遣いなどの家計簿のつけ方は変えましょう。

小遣いの回数が月1度の家計簿のつけ方


小遣いの回数が月1回しかない場合の家計簿のつけ方は以下のようにします。

■小遣いの家計簿のつけ方(月1回の場合)

小遣いの家計簿のつけ方(月1回の場合) 小遣いの家計簿のつけ方(月1回の場合)



1)銀行引き落としなどの支出を記入する家計簿の欄に「小遣い」という費目(項目)を作成する。


2)小遣いの金額を毎月記入する。

小遣いは銀行引き落としの支出ではなく、銀行からおろしたお金から渡す現金払いの支出ですが、上記のように銀行引き落としの支出と一緒に記入して構いません。

ただ、一度銀行からおろしてきたお金から支払いますので、現金払いを記入する家計簿の欄の「残高」には気をつけましょう。

小遣いの家計簿のつけ方(月1回の場合)残高欄 小遣いの家計簿のつけ方(月1回の場合)残高欄


銀行から15万円を引き出し、2万円を小遣いとして渡した場合は残高は13万円からスタートさせます。

月の途中で小遣いを渡した場合も、支出として家計簿には記入しないが残高は減らすなどして対応しましょう。

質問者様も支出の回数が月1回しかないということですので、上記のように残高に気を付けながら銀行引き落としの欄に記入しましょう。

小遣いの回数が月1度以上の家計簿のつけ方



小遣いの回数が月1回以上ある場合の家計簿のつけ方は以下のようにします。

小遣いの家計簿のつけ方(月1回以上の場合) 小遣いの家計簿のつけ方(月1回以上の場合)


1)主に現金払いを記入する家計簿の欄に「小遣い」という費目(項目)を作成する。

2)小遣いを渡した時に渡した金額を記入し、残高も減らす。

飲み会代などを都度渡すなど、小遣いを渡す回数が月1回以上になる場合は上記のように記入します。

なお、この場合は月1回小遣いを渡している場合とは異なり、銀行の支出を記入する家計簿には「小遣い」という費目(項目)を作成する必要はありません。

小遣いの家計簿上の扱い方



小遣いの家計簿の扱い方の基本は上記が基本ですが、子どもの小遣いや妻の小遣いの場合はどのように記入したらよいか、どこまでの支出を小遣いとして扱うべきかというご質問も多く寄せられます。

よろしければあわせてご覧ください。

■参考:妻の小遣いに費目は作るべき?

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/8636278

■参考:子どもの小遣いに費目は作るべき?

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/4732

■参考:夫の経費がある場合の小遣いは?

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/17250

■参考:小遣いの範囲とは?

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/16610

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:他にもある!家計簿のつけ方に関するご質問は以下にまとめてあります。
・家計簿のつけ方に関するご質問一覧

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/2105

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. あちゃお
    • June 20, 2019 17:53
    • ご返答ありがとうございます。
      そして本当にすみません…!過去記事に同様の質問があったのを最近になって見つけてしまいました。ご多忙の中さらにお手数をおかけしてしまったこと、本当に申し訳ないです…。
      ただ、改めてご説明いただけたおかげでしっかりと理解することができました。ちょうど今月から子どものお小遣いも始めることにしたので、大変助かりました!
      今度何か分からないことがあったときには、しっかり調べたうえでご相談したいと思います。
      有難うございました(^^)
    • 2. あき
    • June 26, 2019 14:42
    • あちゃおさんコメントありがとうございます。
      いえいえ全部の回答から該当の内容を見つけるのは大変ですよね。
      そんな中見つけてくださりありがとうございます!
      またいつでもご利用ください!楽しみにお待ちしております。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット