みんなの家計簿公開

月収37万円の家計簿公開!節約も限界です。収入を増やすしかないでしょうか?

家計診断

日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

自分で給料内で振り分けてしても、結局予想外出費が出てしまい毎月マイナスです。

節約も限界なので収入を増やすしかないでしょうか?

家族構成
夫、私、子ども4歳の3人

給料 個人事業主なので変動するため、振り分け方は固定費と必要経費、幼稚園月謝を差し引いて残りを生活費にしています。
給料が少なく生活費が出ない場合は、幼稚園の月謝を子どもの貯金から出しています。

★必要経費 月で
家賃 7万
駐車場 1.6万
国民年金 3.3万
国保 4万
所得税 6500円
自動車税 600円
車検 4200円
家賃更新料 3900円
仕事クレカ支払い 5000円

★公共料金 月
NHK 1310
PC 5665
携帯 15500
光熱費 2万
※変動はあるが年単位で考え均等にしたらこの値段
生保 3万
損保3550

JAF 500
弥生会計 1050

幼稚園月謝 3.3万

給料額により
貯金額を決め、差し引いた金額を
生活費にする。

大体生活費は
食費5〜6万
日用品 1万
仕事ガソリン駐車場道具 4万
その他医療お出かけなど1万〜
とみて
※その他項目はかなり変動があります。

平均40万くらいかかります。

貯蓄
予想外出費用 25万
子ども教育 90万
保険終身 200万予定
※ 45歳払込完了 満期後は
解約しない限り利息つき
増え続ける
定期預金 1週間満期で利息つく
ネット銀行 100万

給料が総支給37〜48万という
感じで、とにかく安定しません。

安定しなくても、
赤字が多くて予想外貯蓄から
崩すことが多くなっています。

私も働きたいですが
まだ子どもが幼稚園に入園したばかりでうまくいきません。

家計診断よろしくお願いします。

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「家計簿相談」についてですね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます。

家計のやりくりはどうする?

質問者様の月収は37万円~48万円、自営業で給料が毎月変動する家計をやりくりしているということですね。

急な出費がありうまく家計が回らない。節約も限界と感じているのですね。

月の家計を見てみよう!

まず質問者様の月の家計について見てみましょう。

家賃 7万
駐車場 1.6万
国民年金 3.3万
国保 4万
所得税 6500円
自動車税 600円
車検 4200円
家賃更新料 3900円
仕事クレカ支払い 5000円

★公共料金 月
NHK 1310
PC 5665
携帯 15500
光熱費 2万
※変動はあるが年単位で考え均等にしたらこの値段
生保 3万
損保3550

JAF 500
弥生会計 1050

幼稚園月謝 3.3万

固定費 約29万円。

食費5〜6万
日用品 1万
仕事ガソリン駐車場道具 4万
その他医療お出かけなど1万〜

生活費 11万円。

合計 約40万円。

質問者様の月収は月37~48万円ですので、月収が少ない月は赤字になり、月収が多い月は多少の黒字といったところでしょうか。

月だいたい40万円でやりくりしたいけれど、月によっては急な出費でどうしても赤字になってしまいやりくりがうまくいかないという状況ではないかと推測されます。

家計管理の基本について考えよう!

質問者様の家計はまず「特別費への備えがない」ということが言えます。

急な出費で結局赤字になってしまうというやりくりをされているようですが、そのようなやりくりになってしまう原因は「特別費」というものの概念がおそらくないからだと感じます。

「特別費」という概念がないと、毎月の生活費と臨時支出の区別がつかず、さらに臨時支出に歯止めのない状況が続いてしまい、結果としてうまく貯蓄ができないという状況になります。

また、来月・再来月の家計の予測を立てることが難しくなり、家計簿をつけていてもお金が管理できている実感がわかないという原因にもなります。

■参考:特別費とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ)毎月あるわけではないけど、年間を通じて考えるとある支出を「特別費」と言います。 固定資産税、車検、自動車税などの税金関係から、旅行...

さらに、家計管理の基本は「固定費」「生活費(変動費)」「特別費」の3つに支出を分けて管理することです。

質問者様の場合はこの3つに支出を分けて家計を管理できるようになるとより安定して家計をやりくりできるようになると考えられます。

■参考:家計を「固定費」「生活費(変動費)」「特別費」の3つに分けて見直す方法については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
家計の見直し方のポイントは「固定費・変動費・特別費」!家計を見直したいけれど、何から始めたらいいか分からない。 そのような時は「固定費・変動費・特別費」の3つに支出を分けることから始め...

家計を見直そう!

質問者様の家計の固定費のうち、見直しができそうなのは以下の点です。

■通信費

携帯 15500

仕事上必要で3台以上携帯電話があるというなら分かりますが、お子さんの年齢から考えると2台で十分と言えます。今一度契約プランから見直しましょう。

出来れば月12000円前後まで落とせないか検討してみてください。

■保育料

幼稚園月謝 3.3万

幼稚園の月謝については「現金払いで徴収されるお金」も含まれての金額でしょうか?

おそらく別途の収入として幼稚園の助成金もあるのではないかと推測されます。

現在の幼稚園の助成金の金額と、幼児教育無償化が始まってからの保育料でどれくらい負担が減るか試算しておくとよいでしょう。

負担が減るようであればその分を貯蓄に回せるように準備しておきましょう。

■参考:幼児教育無償化については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
幼児教育無償化で家計はどうなる?私立幼稚園のわが家の実例で試算してみた!2019年10月から幼児教育・保育の無償化が全面的に始まります。 幼児教育・保育の無償化により大きな恩恵が受けられるのは、「今まで...

■保険

生保 3万

生命保険の金額から考えるとおそらく貯蓄性のある保険に加入していると考えられます。

自営業ですので将来への備えもサラリーマンより手厚く考える必要があります。

必要保証額であれば問題ありませんが、多すぎるなどがあれば見直しも検討しましょう。

現状の支出状況から考えると保険への支払い額は重めと言えます。

■その他ローン

PC 5665

こちらの支出はおそらく分割払いと推測されますが、支払いはいつまででしょうか?

今後はローンや分割払いで高額なものを購入するということはなるべく控えましょう。

現金一括で購入できる準備が整ってから購入するようにしましょう。

大きく見直せそうな支出は以上となりますが、質問者様の家計の場合特に見直しが必要なのは「生活費(変動)」と「特別費」についてです。

予算を作り直してみよう!

質問者様の場合は自営業で収入が安定しないということですが、支出は安定させる必要があります。

特に「生活費(変動費)」「特別費」についてはある程度きちんとした予算を作成しておくことが必要です。

特に現状では収入に応じて生活費を変動させているようですが、このようなやりくりは家計管理上オススメできません。

なぜなら収入が多い月は使いすぎ、収入が少ない月は赤字になるなど安定したやりくりができなくなるからです。さらに来月再来月と支出の予測も立てられなくなり、家計が迷子になる可能性が高まります。

■参考:家計のやりくりを安定させる「毎月定額制」については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
超!簡単な貯金法★計算が苦手な人にオススメ!「毎月定額制」家計簿をつけるのがどうしても苦手! ついでに細かい計算も苦手! 家計簿と聞くだけでゾッとしてしまう、数字を見るだけで拒絶反応...

また、現状では急な出費などがあれば仕方がないと貯蓄を崩して対応されているようですが、「特別費」の準備ができていれば貯蓄を崩して対応することは少なくなるはずです。

上記の点を踏まえて予算を作り直してみます。

■固定費

通信費、保育料、その他ローンなどの支払いから月5000円でも支出が少なくできないかまずは検討しましょう。

■生活費

食費5〜6万
日用品 1万
仕事ガソリン駐車場道具 4万
その他医療お出かけなど1万〜

合計 11万円~12万円。

こちらの支出は月11万円で毎月やりくりできるようにがんばりましょう。

■特別費

特別費 月2万円

毎月少なくとも月2万円程度を臨時支出用の口座に入金します。

合計月42万円でやりくりを固定するプランです。月48万収入がある月も生活費を増やさず毎月42万円を引き出しやりくりし、残りは貯蓄にします。

収入の多い月がどれくらいあるか分かりませんが、こちらのプランで年間でどれくらい貯蓄ができるか検討してみてください。

月37万円の月収の月の方が多いようですと黒字額は少ないかもしれませんが、月48万円の月が多ければ確実に貯蓄ができるようになってきます。

その他、児童手当や幼稚園の助成金などその他の収入の金額によってプラス額が変わりますので、そちらの金額もあわせて確認してみてください。

現状では収入が多い月に生活費を増やすやりくりをしていることで家計が上手に管理できていない可能性が考えられますので、赤字黒字に関わらず毎月定額にすることで家計を安定させることから始めるのがよいと考えます。

家計簿相談(まとめ)

自営業の方の家計は収入が安定しないことにより家計管理が混乱することがあります。

同じように自営業でやりくりされている方もいますので、他の方の家計簿も参考になさってみてはいかがでしょうか。

■参考:自営業の家計簿

家計診断
月収50万円台の家計簿公開!子ども3人毎月赤字。税金も滞納しています。日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回のご相談内容 初...
家計診断
月収30万円台の家計簿。夫が転職し大幅に収入が減ることになりました。ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回のご...
自営業の家計簿は、経費と家計の区別をつけるのがコツ!当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...

現在は奥様はなかなか働きに出れないということですが、あと2,3年すればお子さんも小学校に入学し働きやすい環境が整ってきます。

来年以降幼児教育無償化が始まった頃からお子さんが小学校に入学し、奥様が働けるようになってからの数年間が貯め時です。

貯め時を逃さず貯蓄ができるように準備しておきましょう。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■月収をベースに考える!みんなの家計簿はこちらから
・みんなの家計簿公開のまとめ

■その他のご質問のまとめはこちらから

家計相談Q&A
無料家計(家計簿)相談のQ&A一覧(質問疑問にお答えしています)当ブログではメールフォームより個別に無料で家計相談をさせていただいています。 お寄せいただいたご相談ご質問の結果をこちらで公開して...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください