2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

学資保険は本当に必要?学資保険で破綻!学資保険が払えない危険な家計

子どもが産まれたら学資保険に加入したほうがいい?と気になる方も多いのではないでしょうか。

子どもの学費の準備として学資保険への加入を勧められる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、なかには学資保険の支払いで家計が破綻してしまう方もいるので注意が必要です。

家計簿&家計管理アドバイザーとして1000件以上の家計相談をお引き受けしてきた経験と実績から家計管理の点から考える学資保険の必要性や注意点について紹介します。

子ども1人育てるのにいくらかかる?

子ども1人にかかる学費については以下のように言われています。
公立 私立
幼稚園(3年間) 70.2万円 144.6万円
小学校(6年間) 193.2万円 916.8万円
中学校(3年間) 143.7万円 398.1万円
高校(3年間) 135.3万円 312万円

出典元:「子どもの学習費調査」文部科学省 平成28年度 より(子どもの学習費調査では学校の授業料のほか塾や習い事などの学校外教育費も含まれています。当方にて端数の切り上げなどの加工をしています)


4年間
国立大学 242.6万円
私立大学文系学部 389.9万円
私立大学理系学部 530.8万円

出典元:
「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」文部科学省
「私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額」文部科学省 平成28年度
※当方にて端数の切り上げなどの加工をしています

オール国公立でも785万円、大学のみ私立大学文系学部を選択した場合でも933万円の学費がかかることになります。

こちらの金額は教育に関わる支出、いわゆる学費のみの支出の平均を計算したものですから、実際には上記の金額にさらに子どもの生活費(食費など)も加算されます。

■参考:子ども1人育てるのにかかるお金については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/14871

学費の準備のためには学資保険?

子ども1人を育てるには学費だけでも高額になるため、せめて学費だけでも貯めたいと「子どもが産まれたら学資保険」と考える方も非常に多いものです。

もちろん学資保険には「毎月(または年払い)など強制的に支払いが行われることで確実に貯蓄ができる」というメリットがあります。

貯蓄が苦手な方にとっては、強制的に貯蓄ができるのは魅力的ですよね。

また「払込免除特約」により、契約者が死亡、重度の障害を負った場合などにそれ以降の保険料の払い込みをする必要がなくなれば、万が一の時にも子どもに学費を残すことができるという安心感もあります。

このように学資保険に加入することでいくつかのメリットがあるのも事実です。

しかし、家計管理の観点から考えると、この考え方には慎重にならざるをえません。

なぜなら、家計相談に見えられる方の多くの家計で「学資保険の支払いにより家計が破綻している」というケースが多発しているからです。

学資保険で家計が破綻?

なぜ子どもの学費のためにと始めた学資保険で将来的に家計が破綻してしまうことがあるのでしょうか。

その理由はたった一つ。

「将来かかる支出の見込みが甘く、支払い能力を超えた契約をしてしまう」ためです。

学資保険は、子どもが産まれてすぐに契約するケースが多くみられます。

子どもが小さなうちから長い期間をかけて学資保険を支払えば月々の支払額も抑えることができます。

しかし、この学資保険の契約を検討する子どもが小さな時期というのは「生涯の中でももっとも子どもの学費がかかっていない時期」なのです。

そのため、子どもが小さなうちは学資保険の支払いに余裕があっても、子どもが大きくなるにつれ他の支出に家計が圧迫され、徐々に学資保険の支払いが重くのしかかってくることになってしまうのです。

特に子どもが小学校高学年以降になり、「貯め期」を外れたころから他の支出の増加により学資保険の支払いが苦しくなるというケースが多発しています。

学資保険は途中で解約を行うと元本割れを引き起こしますので、学資保険で貯蓄をする意味がなくなってしまいます。

学資保険で貯蓄はできても貯金ができない?

また、かろうじて破綻とまではいかないまでも、深刻な「現金不足」を引き起こしている家計も多くみられます。

貯蓄性の保険商品は将来的には現金として戻ってきます。

しかし、満期を迎えるまでは引き落としで支払うことになるため「手元に現金は残らない」ことになります。

そのため「学資保険の支払いなどで年間100万円以上貯蓄ができている」にも関わらず、「手元に現金が全くない」という家計管理に陥る方が非常に多くみられます。

現金が手元に全くない状態が続くと「家電の買い替え」などちょっとした支出にもローンを組むなど、高額な支払いに対応できず非常に苦しい生活を強いられるケースも見られます。

学資保険は将来の支出を見越して加入を

学資保険に加入することは悪いことではありませんが、支払い能力をこえた契約はのちのちの家計管理を破綻させる原因につながります。

上記の通り、子ども1人を育てるのにかかるお金は学費だけではありません。

食費など生活にかかる支出も増加しますので、様々な支出が増加した場合でも支払い終えられる金額内で契約しなければ満期まで支払い続けることができません。

学資保険への加入を検討するなら、子どもが小さなうちの支出額で家計を考えるのではなく、子どもが小学校高学年以降になったころの家計の支出額を想定したうえで、どれくらいの支払い額までなら支払い可能なのか検討しながら加入しましょう。

学資保険の支払いにボーナスをあてにしすぎない家計管理を

学資保険の支払額が高額になってしまうからと、学資保険の支払いをボーナス一括払いにしている方も多いのですが、ボーナスは景気が悪くなれば支給額が減ることも多いものです。

また、転職などによりボーナスがなくなるということも十分にあり得ます。

ボーナスをあてにしすぎてしまい、返済が滞ることのないような家計設計も同時にこころがけましょう。

まとめ


学資保険は、貯蓄が苦手な方にとっては頼もしい味方ですが、家計全体を見て慎重に判断しましょう。

関連記事
合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:他にもある!正しい家計管理の方法については以下にまとめてあります。
・正しい家計管理の方法

■参考:無料で家計簿&家計管理アドバイザーに相談できます。
https://kakeibo.kosodate-info.com/mail
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット