手取り年収400万円の家計

30代4人家族の家計簿公開!手取り年収400万円台。大きなお金が貯まりません!

家計診断

日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

あきの家計簿をつけ始め、お金がない〜と漠然と不安に思っていた気持ちから解放され、しっかり収入・支出をみれるようになったと感じています。

赤字は脱却できたのですが、まとまったお金をためることが難しく、アドバイスいただきたいです。

2年以内の車の買い替えがある予定なのでそれに向けて貯蓄のペースをあげたいです。

●家族構成●
夫(34)、妻(32)、子(小1)、子(年中)

1、収入
夫 年間260万円(手取り)
妻 年間100万円(手取り)
手当 年間24万円
臨時収入 40万円(こどもの入学祝い・補助金5万円・両親からの援助)

合計 年間424万円

2、銀行支出
住宅ローン 年間37.2万円(月3.1万円)
電気代 年間18万円 オール電化の為、冬場にあがる
水道代(上下水道) 年間10万円

携帯1台・wafiこみ 年間9.6万円
保育園 年間7.9万円
児童センター 年間4.9万円
小学校引落 年間10万円
療育(兄) 年間5.8万円
療育(弟) 年間2.6万円

保険 年間10万円(夫・妻)
保険一括(車) 年間4.2万円
特別費 年間100万円 (税金・車検代含む、つみたて月20000、美容院 )
カード払い 年間10万円
合計 230.2万円

2、現金支出
食費 年間48万円
日用品費  年間10万円
娯楽費 年間50万円
パパお小遣い 年間12万円
ママお小遣い 年間7.2万円
ガソリン代 年間11万円

合計 138.2万円

(昨年度貯金実績)
昨年は年間で70万円くらいは貯金が出来ています!
※子供手当含め。

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「家計診断」についてですね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます。

年間収支は?

収入424万円
支出約368.4万円

収支は年間約55.6万円の黒字の予定ということですね。

家計のやりくりはどうする?

質問者様の家計へアドバイスさせていただきたい点は以下の通りです。

月の家計を見てみよう!

まず質問者様の月の家計について見てみましょう。

住宅ローン 年間37.2万円(月3.1万円)
電気代 年間18万円 オール電化の為、冬場にあがる
水道代(上下水道) 年間10万円

携帯1台・wafiこみ 年間9.6万円
保育園 年間7.9万円
児童センター 年間4.9万円
小学校引落 年間10万円
療育(兄) 年間5.8万円
療育(弟) 年間2.6万円

保険 年間10万円(夫・妻)
カード払い 年間10万円

食費 年間48万円
日用品費  年間10万円
娯楽費 年間50万円
パパお小遣い 年間12万円
ママお小遣い 年間7.2万円
ガソリン代 年間11万円

合計 264.2万円(約22万円)

質問者様の月収は分かりませんが、まずはご夫婦合わせての月収が22万円以上あるか確認してみてください。

特別費のやりくりは?

質問者様の家計の特別費にあたる支出は以下のとおりです。

特別費 年間100万円 (税金・車検代含む、つみたて月20000、美容院 )

特別費については、明細の記載がないためなんといえないところがありますが、うち積立が24万円あると考えると、実質必要な特別費は76万円となります。

家計を見直そう!

質問者様の家計は、内訳が分からない支出がありますので、全体的に何とも言えない部分があります。

特に以下の支出の内訳を確認されることをオススメします。

■カード払い

カード払い 年間10万円

クレジットカードの支払いが年間10万円あるようです。

年間で10万円なので、月で考えると8000円ほどとなります。

決して多い金額ではありませんが、支払いの内訳については確認しておきましょう。

クレジットカードについては、できればクレジットカード費という費目は作らず、本来の各費目に支出を振り分けるようにすることをオススメします(例えば、食費のクレジットカード払いはクレジットカード費ではなく食費に計上する)。

■参考:家計簿にクレジットカード費はそもそも必要?については以下の記事で詳しく紹介しています。

クレジットカード・電子マネー
家計簿にクレジットカードの費目は必要?クレカ払いがどうしてもやめられないのですが。日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回のご相談内容 あきさ...

■参考:家計簿のクレジットカードの支払いの基本についは以下の記事で詳しく紹介しています。

あきの家計簿
クレジットカード払い時の正しい家計簿のつけ方(書き方)クレジットカードは、ネット通販が便利な今、手放すことのできない便利なもの。 でも、カード払いで買い物をした時、家計簿にどうつければ...

■娯楽費

娯楽費 年間50万円

娯楽費についても月約4.2万円とやや高めのようです。

その他の無駄遣いが多いわけではないので、これくらい娯楽費があっても問題はありませんが、内訳については今一度確認しましょう。

■参考:娯楽費の平均については以下の記事で詳しく紹介しています。

あきの家計簿
娯楽費とは?月平均や内訳の例。家計簿の交際費やレジャー費との違いは?家計簿に「娯楽費」という費目を作ったけれど、「娯楽費」という項目に何を書けばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 ...

■特別費

特別費 年間100万円 (税金・車検代含む、つみたて月20000、美容院 )

特別費についても、内訳が分からないので無駄遣いがあるのかどうか判断ができません。

積立を除いた76万円の支出の内訳について今一度見直しましょう。

税金、車検を除いても残り50万円前後の特別費があるように感じます。

この残りの特別費の使い方により、節約すべきなのかどうかの判断をしましょう。

■参考:特別費については以下の記事で詳しく紹介しています。

【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ)毎月あるわけではないけど、年間を通じて考えるとある支出を「特別費」と言います。 固定資産税、車検、自動車税などの税金関係から、旅行...

予算を見直そう!

質問者様の家計の場合は、上記の点についての内訳によってはもう少し節約が可能と考えられます。

ただ、現状でもよく節約しており、それほど大きく無駄遣いの多い家計ではありませんので、必要以上に頑張りすぎない程度に見直しを進められてみてはいかがでしょうか。

大きな支出について確認しよう

質問者様の家計は、

・2年後に車の買い替えを検討されている
・まとまったお金が貯まりにくい

という点から、年間で貯蓄はできているものの大きな支出があると貯金がなくなりやすい家計ではないかと推測できます。

貯まったと思ったらなくなるということを繰り返してしまうと全体的な貯蓄はなかなか増えません。

特に車の買い替えのサイクルと、貯蓄のスピードについては確認しておきましょう。

車の買い替えの貯金、教育費の貯金、老後の貯金といくつかの貯金を並行して今後も行う必要があります。

毎年の貯金額が車の買い替えだけでなくならないようなペースを保つ必要があります。

■参考:車の買い替えのタイミングについては以下の記事で詳しく紹介しています。

家計相談Q&A
車の買い替えのタイミングは何年おきがお得?貯金したほうがいい?ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回のご...

■参考:車を現金一括で購入する方法については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計相談Q&A
車の購入時のお金の貯め方と払い方!現金一括で買うテクニックブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回のご...

今後の家計について

お子さんの年齢を考えると、今は「貯め期」にあたる時期です。

これから5.6年の期間が一生のうちでも一番お金が貯めやすい時期にあたります。

その後はお子さんの進路によってもっとお子さんにお金がかかるようになってきますから、「貯めるなら今から5、6年」という意識を持たれて家計を管理された方が良いでしょう。

なお、手取り収入の金額から考えるとお住まいの地域によっては小学校については「就学援助」などの手当の該当世帯になるかならないかギリギリのところかもしれません。

お住まいの地域の就学援助の該当になる収入と正確な手取り収入について一度調べておくことをオススメします。

■参考:就学援助については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
公立小学校6年間の学費にいくらお金がかかる?平均や就学援助公立小学校に子どもを通わせた場合6年間でいくら学費がかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか。 公立小学校ならもちろん教科書...

家計診断まとめ

質問者様の家計は、内訳が分からないことにより具体的な見直しをご自身で進めていただく必要があります。

上記の点について見直しても節約できないということなら、すでに十分な節約を行っていると判断できます。

4人家族の生活費としても非常にコンパクトにできています。

住宅ローンもしっかりと抑えていますし、全体的な家計のやりくり力は非常に高いと言えます。

現状では気になる大きな支出の頻度と各支出の内訳について今一度確認した上で、自信をもって今後も家計管理をされて行ってくださいね。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:同じくらいの年収の方の家計は以下にまとめてあります。

・手取り年収400万円台の家計のまとめ

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

家計相談Q&A
無料家計(家計簿)相談のQ&A一覧(質問疑問にお答えしています)当ブログではメールフォームより個別に無料で家計相談をさせていただいています。 お寄せいただいたご相談ご質問の結果をこちらで公開して...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

POSTED COMMENT

  1. つまこ より:

    丁寧に診断していただきありがとうございました。

    診断していただき、まだまだ不明確な点が多いのだと、再確認できました!
    特別費は年間予定表を作っているのですが、予算立てがまだ難しく、大目にとっている感じです。

    車購入にむけて、さらに削れすべきところはないか見直していきたい思います。

    ありがとうございました(^^)/

    • あき より:

      つまこさんコメントありがとうございます!
      特別費は管理が一番難しい支出ですからゆっくり把握していきましょう~(^^♪
      2,3年かけてゆっくり把握すると、その後はぶれない家計管理ができるようになりますよ!

      車購入の実現!応援しています!

      またいつでもご利用ください!楽しみにお待ちしております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください