2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

一人暮らしの家計簿。月収20万円貯金ゼロですが、節約するには?

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。
今回のご相談内容

はじめまして。今後節約そして貯金していきたいと思っている35歳独身です。

派遣社員を経て正社員となり半年経ちます。貯金は色々あり、無いに等しいです。アドバイスお願いします。

家族構成

実家ではありませんが、家賃負担なし(一人暮らし)

実績
食費→3万
娯楽費→4万
支払い→8万
保険→5000
貯金→2万

収入
20万前後

賞与
予定では年間80万程度

なかなか毎月の貯金は難しいので、賞与で貯めたいと思っていますが、よろしくお願いします。


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「一人暮らしの家計簿」についてですね。

一人暮らしの家計簿


独身で一人暮らしの時の家計簿のつけ方や、注意点は何?

これから家計管理を始めたいけど、どこからはじめればいい?

と気になる方もいるのではないでしょうか。

独身や一人暮らしの方の家計簿は、お子さんがいたりパートナーがいたりという複数のご家族の家計管理とは異なります。

より貯金がしやすく、かつ効率的にお金が貯められる状況をつくるためには一人暮らしの家計をどのように考えればいいかについて紹介します。

一人暮らしの家計を変えるためにやること1


独身や一人暮らしの方で、家計管理を始めたい、家計簿をつけたいと考えている場合、どこから始めたらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そのような場合、まず始めてほしいのは「固定費」を書き出すことです。

家賃や光熱費や携帯電話など毎月支払っている支出を書き出してみましょう。

さらに、月収から固定費を引いたらいくら残るのかを計算してみましょう。

例えば、月収20万円で固定費が10万円なら残りは10万円ですね。

この計算をまずやってみることが一人暮らしの家計簿の考え方の基本です。

家計を見直したいといいながらもご自分の固定費さえ把握していない方も多いので、気をつけましょう。

■参考:固定費とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/1183

一人暮らしの家計を変えるためにやること2


「固定費」の書き出しが終わったら、次は「生活費(変動費)」の書き出しを行いましょう。

家計簿をつけていない方はこの「生活費」の書き出しができないことがありますが、だいたいの概算で書き出しましょう。

この「固定費」と「生活費」を足した金額が「月の家計」です。

食費をどうにかして節約しなくては…

小遣いをもっと減らさないと…

そのような具体的な節約を考える前に、基本的にだいたい毎月これくらいの金額があれば足りるという金額をざっくり把握すると家計の見直しに役立ちますよ。

固定費と生活費をざっくり把握してだいたいの家計の現状を把握すること

これが家計を見直す初歩中の初歩です。

■参考:生活費について調べる方法については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/653

毎月の家計簿を見てみよう!


質問者様の場合も上記のようにして月の家計簿の状況を見てみましょう。

食費→3万
娯楽費→4万
支払い→8万
保険→5000
貯金→2万

合計 17.5万円

月収20万円にたいし、現状での支出状況は月17.5万円。

計算上では月2万円の貯金をしてもあと月2万5千円の余りがでることになります。

しかし、現状では「毎月の貯金は難しいので賞与で貯めたい」というご感想をお持ちのことから、この月2万5千円は「使途不明金」になってしまっているのではないかと推測されます。

毎月の家計簿を見直そう!


質問者様の家計でまず見直していただきたいのは、毎月の支払いについてです。

支払い→8万
保険→5000

住居費がかかっていない状況で、月8万円の支払いの内訳は何でしょうか。

保険は別途書き出しがありますので、その他何の費用が含まれているのかを確認しましょう。

また保険についても独身でいらっしゃるということですから保証が手厚すぎないか今一度確認しましょう。

基本的に一人暮らしや独身の方の家計簿は、この毎月固定ででていく支払い額の多さに大きく左右される傾向があります。

内訳を調べたうえで月数千円でも減らせる支出がないか確認してみましょう。

貯金ができない理由を考えよう


質問者様の家計の場合は、現状で毎月2万円の貯金の他に、月2.5万円の使途不明金があり、別途ボーナス80万円があります。

月4.5万円×12ヵ月=54万円
ボーナス 80万円
合計 134万円

本来なら上記の内容でやりくりができれば年間134万円の貯金ができる計算になりますが、現状ではほぼ貯金はゼロ

なぜ貯金ができていないのかについて考えてみましょう。

・月2.5万円の使途不明金は何に使っているのか?
・ボーナスは何に使っているのか?

半年前に正社員になられたばかりということですので、ボーナスについてはまだ1回しか出ていない状況かもしれません。今後回数を重ねた場合に、いくらぐらいを使い、いくらぐらい残すのか「使う」と「貯める」の配分を確認しておきましょう。

特にボーナスについては、ダラダラ使いすぎずきちんと配分を決めて使うクセをつけると、貯蓄のしやすい家計になります。

■参考:ボーナスの使い道の考え方については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/13238

1ヵ月だけでも家計簿をつけよう


質問者様の場合は、月に2.5万円の使途不明金がありますので、こちらの支出が何なのかを突き止めるために、1ヵ月だけでも家計簿をつけてみるというのも有効です。

固定費についてはだいたい把握できているようですので、特に「現金でやりくりしているお金(クレジットカード払いを含む)」の明細を書き出すことを中心に行ってみてはいかがでしょうか。

この使途不明金を把握できるようになることで、家計は大きく変わる可能性があります。

家計の見直しは一歩ずつですが、質問者様の家計はしっかり見直せば立て直すことが容易な家計ではないかと推測されます。

是非家計を見直されてみてくださいね。応援しています。

■参考:主に現金でのやりくりを記入する家計簿のつけ方については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/811
関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■月収をベースに考える!みんなの家計簿はこちらから
・みんなの家計簿公開のまとめ

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/2105

■参考:無料で家計簿&家計管理アドバイザーに相談できます。

https://kakeibo.kosodate-info.com/mail

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット