家計簿の基本のつけ方

あなたも気をつけて!「つけても貯まらないダメ家計簿」の5つの特徴とは?

家計簿をつけているのにお金が貯まらない…

そんな悩みを抱えている人は「つけても貯まらない家計簿のつけ方」をしていることが原因であることが多いものです。

これまで家計簿&家計管理アドバイザーとして1000件以上のご相談をお引き受けしてきた実績から家計簿をつけているのにお金が貯まらない原因を紹介します。

「つけても貯まらない家計簿」の5つの特徴

家計簿をつけているのにお金が貯まらない…という時は、以下の特徴にご自分の家計簿が当てはまっていないか確認してみましょう。

1.項目(費目)の数が多すぎる(または少なすぎる)

家計簿の項目は、多すぎても少なすぎてもいけません。

家計簿の項目を考えるのが面倒だからと「費目を1~3つ」と極端に少なくする方も見受けられます。

一見すると、項目の数が少ないため、簡単な家計簿になる気がしますが、実はそこが落とし穴。

極端に費目を少なくするとその費目に該当する支出が異常に多くなるという現象が起こります。

例えば、月に100回の支出があったとします。

費目の数が1つだと、1つの費目の中に100個の支出が記入されます。2つの場合は50個。3つの場合は約33個。

この33個から100個にもなる支出の中から「今月無駄遣いだったと思う支出を抜き出してください」と言っても、探すことが非常に困難になります。

また、反対に項目の数を極端に増やし、20個にするとどうなるでしょうか。

100個の支出は10個ずつに振り分けられるとすると数も多くないため振り返りがしやすくなる気がします。

しかし、各10個ずつ支出が振り分けられるとは限りません。

月によっては0個という項目も存在することになります。

また、費目の数が多すぎることによって部分は見えるが全体が見えないという状況に陥りやすい傾向があります。

家計簿の費目は4個~7個程度に収めましょう。

■参考:家計簿に作ってはいけない費目については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計簿の項目の注意点!この費目は家計簿には作ってはいけない!家計簿の項目の選び方で「貯まる家計簿になるかならないか」が決まります。 特に家計簿の費目のなかでも「この費目が家計簿にあると貯まら...

2.予算が立てにくく守りにくい

家計簿をつけるなら予算が立てやすく守りやすいことが大切です。

しかし、家計簿をつけているのに貯まらない方の家計簿は「予算が立てにくく守りにくい」という特徴があります。

「食費は月5万円の予算にしよう」など、項目に対して予算を立てることは誰にでもできます。

しかし、その実績はどうでしょうか?

・予算を守ろうと努力したけど結局7万円になってしまった
・今月は極端に少なく4万円になってしまった

など、予算を立てても守れない家計簿のつけ方をしている人が非常に多いのです。

これでは家計簿をいくらつけても貯まらないのは当然です。

何の支出をどこにいれるかを今一度振り返ることで予算が立てやすく守りやすい状況にすることができます。

特に、まず食費と日用品に何の支出を分類するかということに注意すると、全体的な予算が立てやすく守りやすくなります。

■参考:食費だったらどのように分類するかについては以下の記事で詳しく紹介しています。

食費・日用品節約術
食費とは?家計簿ではどこまでが食費か分け方を決めるのがコツ!食費といっても、家計簿ではどこまでを食費として扱えばいいのか迷うことはありませんか? 家計簿につける時は、外食もお総菜も食事に関わ...

■参考:日用品だったらどのように分類するかについては以下の記事で詳しく紹介しています。

家計簿のつけ方
これって日用品費?!やりがちNG家計簿のつけ方&書き方の例!家計簿に「日用品費」を作ったというあなた!でも、その「日用品費」に何を書けばいいのか知っていますか? ついつい日用品費にいれがちな...

3.1ヵ月の収支は把握できても年間の収支が把握できない

つけても貯まらない家計簿の特徴としては月の収支しか把握できない家計簿の構成になっているということも挙げられます。

家計というのは、月単位だけで赤字になった黒字になったということが大切なのではなく、年間で黒字だったか赤字だったかを常に見通せるようにしておくことが大切です。

さらにひいては「来年、再来年など長期的な家計状況はどうか」というところまで見通せればほぼ完璧です。

しかし、多くの家計簿では「初心者向け」にこだわるあまり「月の収支しか重視しない」という形式を採用しているものが非常に多いのです。

そのため、年間では黒字の家計の方でも「今月も赤字だった…」とムダに赤字に悩んでいる場合もあります。

もちろん年間で収支を考えることは初心者がいきなりやろうとしても難しいものです。

できれば1年程度家計簿を続けると年間収支が分かるようになります。

■参考:家計が赤字の場合の考え方については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
毎月赤字の家計は、こう計算!家計を確実に黒字にする方法貯金がしたくても、毎月赤字。 どうやって家計のやりくりをしていけばいいのかわからない。 そんな時は、この計算方法で、月のやり...

4.見返しても意味が分からない

家計簿をつけるなら振り返りをすることが何より大切です。

・この支出が多すぎたのではないだろうか
・この支出ももっとこうしたらよかったのではないか

このような振り返りをすることが非常に重要なのですが、つけても貯まらない家計簿をつけている方は「振り返りをしても意味が分からない家計簿をつけている」という特徴があります。

つけるだけで満足してしまい、振り返りをしていないという方もいますので注意しましょう。

■参考:正しい家計簿のつけ方については以下の記事で詳しく紹介しています。

あきの家計簿
【正しい家計簿のつけ方】の3つの条件。これなら家計簿が続く!貯められる!家計簿をつけていても貯められない。 家計簿が続けられない。 家計簿についての悩みはそれぞれありますよね。 私が10年以上か...

5.家計を正確に把握できない

つけているのに貯まらない家計簿の特徴としては家計が正確に把握できないということも挙げられます。

毎月しっかり家計簿をつけ、貯金もできている

という方でも、実はその貯金は「たまったと思ったら崩す」ということを繰り返しているだけで、一向に増えていない。

このような意味のない家計簿のつけ方をしている方が非常に多く見受けられます。

家計簿をつけているなら、最低限収支はしっかり把握できていなくてはいけません。

むしろ、明細をきれいにたくさん書くに意味はなく、最終的な収支さえ把握できていれば明細などどうでもいいのです。

見せかけだけ黒字の家計簿ではなく、本当に黒字の家計簿にする必要があります。

■参考:家計簿で貯金をしていると勘違い?については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計簿で貯金はウソ!?見せかけだけ黒字のでたらめ家計簿が危険!貯金をするために家計簿をつけているという方は多いものです。 しかし、この家計簿。実はつけ方を間違えてしまうと「家計簿上では貯金がで...

「つけても貯まらない家計簿」のまとめ

つけても貯まらない家計簿があるのと同様に、つけるだけで貯まる家計簿というものもあります。

つけても貯まらない家計簿、つけるだけで貯まる家計簿、両方を特徴を知っておくことで家計簿をより効果的に活用することができるようになりますよ!

■参考:つけるだけで貯まる家計簿、つけても貯まらない家計簿の特徴については以下の記事で詳しく紹介しています。

「つけるだけで貯まる家計簿」と「つけても貯まらない家計簿」の特徴とは?!家計簿さえつければお金が貯まると勘違いしている人は多いのですが、ただやみくもに家計簿をつけてもお金は貯まりません。 これまで家計簿...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください