家計簿のつけ方

1ヵ月に2ヵ月分の引き落としがあったら家計簿にどうつける?

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

はじめまして。あきさんの本より家計簿を参考にさせていただいています。シンプルで分かりやすいですね。

現在、導入3か月目です。

「年間の口座引き落としの記入」についてです。

毎月27〜31日に口座振替があります。

今年4月の分はほとんどGW開け5/7に引落しとなりました。

その際、今までは4月引落しは年間表の4月の欄に記入していますが、今年は引落しのあった5月の欄に記入するのですか?

例えば、電気代の場合、4月は電気代が無く、5月に5/7と5/27引落しの電気代2回分を記入となるのですか?

引落月の記入だと収支がゴチャゴチャになりますし、今月はいくらかかったか等、一目でみることができなくなります。

ですが、支払のない月に記入するのも違うのではないかと困っているところです。

お忙しいところ恐縮ですが、ご指導くださいませ。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「1ヵ月に2ヵ月分の引き落としがあった時」についてですね。

1ヵ月に2ヵ月分の引き落としがある時

祝日や休日の関係で、月末引き落としの支出が翌月になってしまった。

月末にその月の引き落としもあり、1ヵ月に2ヵ月分の引き落としがあった。

そのような時に家計簿にはどのように書けばよいの?と迷う方もいるのではないでしょうか。

ここでは同じ月に2回引き落としがあった場合の家計簿のつけ方を紹介します。

1ヵ月に2ヵ月分の引き落としがある時

1ヵ月に2ヵ月分の引き落としがある時、一番簡単で基本的な家計簿のつけ方は、引き落とされた月にそのまま記入するという方法です。

質問者様のように

・4月の引き落としが5月になってしまった
・5月の引き落としもあり5月は4月と5月の2回引き落としがあった

このような時は、

1)4月の支出には何も書かない
2)5月の支出として2ヵ月分記入する

という方法をオススメします。

質問者様は、そのような書き方にどうしてもモヤモヤしてしまうということですが、このようなイレギュラーケースというのは年に何回もあるわけではありません。

数年に1度程度のことであればあまりに気しない方がよいでしょう。

1ヵ月に2ヵ月分の引き落としが気になるとき

上記の通り、基本的な家計簿のつけ方としては1ヵ月に2回引き落としがあっても気にせず引き落とされた月に記入するという方法をオススメします。

しかし、どうしても気になるという時は、以下の方法を試してみてもよいでしょう。

銀行残高と整合性をとる

どうしても4月の支出は4月の支出、5月の支出は5月の支出として記入したいという場合には、銀行残高とのズレを確認しましょう。

4月25日 銀行残高5万円
5月7日 4月分引き落とし 1万円 銀行残高4万円

という残高でしたら

1)5月に引き落とされた4月分の支出を4月分として記入する
2)4月分の集計をする際の残高は5月7日の残高4万円で集計する

という方法でも問題ありません。

その月のみ家計簿の締め日をずらして対応するという方法です。

■参考:家計簿の締め日とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計簿のつけ方
家計簿の締め日の決め方!毎月25日が給料日の人は気をつけて!当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...

ただし、以下のような残高になっている時は注意が必要です。

4月25日 銀行残高5万円
5月2日 5月分引き落とし 2万円 銀行残高3万円
5月7日 4月分引き落とし 1万円 銀行残高2万円

このように、4月分の引き落としの前に5月分の引き落としが入ってしまっている場合は、注意しましょう。

残高2万円で処理してしまうと、5月分の引き落とし分も混ざってしまうことになり集計が合わなくなります。

このような時は、少し面倒ですが、残高を無理やり調整するなどして残高を合わせて対応しましょう。

■参考:家計簿の収支が合わない時にチェックすることについては以下の記事で詳しく紹介しています。

家計簿の計算が合わない時はもう一度ここをチェックしてみよう!当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...

まとめ

1ヵ月に2ヵ月分の引き落としがあっても、引き落としがあった月の支出として記入してしまうのが家計簿の一番簡単な対処法です。

計算を合わせる作業を考えるのが面倒という場合は、あまり気にせず2ヵ月分の支出を1ヵ月にまとめて書いてしまっても大丈夫です。

しかし、上記のようにどうしても気になるという場合は、

1)その月だけ家計簿の締め日をずらす
2)残高の狂いに注意して集計する

この2点に気を付けながらその月の支出として計上しても大丈夫ですよ。

お好みに応じてやり方を考えてみてくださいね。

ちなみにわが家は締め日をずらし残高の狂いが出ないようにして対応するときもありますが、基本的には気にせず引き落とし月に記入します。

早3カ月、家計簿のご利用ありがとうございます。引き続き家計簿を続けられてくださいね。

関連記事

■参考:他にもある!家計簿のつけ方に関する記事はこちらにまとめてあります。
・家計簿のつけ方に関するご質問(まとめ)

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

家計相談Q&A
無料家計(家計簿)相談のQ&A一覧(質問疑問にお答えしています)当ブログではメールフォームより個別に無料で家計相談をさせていただいています。 お寄せいただいたご相談ご質問の結果をこちらで公開して...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください