積み立て・口座・貯金

貯金口座の使い分け!貯金専用口座は3冊あるけどもっと増やす?

通帳、口座管理

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

先日はお忙しい中、ご返信をくださりありがとうございました。

あき様の著書を購入させていただき、日々家計の見直しに努めています。

今回は貯金管理のご相談をしたく、メール致しました。

給料が振り込まれてから、毎月自分の貯蓄〔銀行の積立預金を利用〕、子供の貯蓄、家族の貯蓄〔子供と家族は別の銀行〕をしています。

最近はそろそろ家の家電も買い換えたいので、その分のお金を貯めたいと思っています。

ただ、すでに3つの口座をもっているためこれ以上口座を増やしていいものか、迷っています。

何か良い貯蓄方法があれば教えてください。

恐れ入りますが、よろしくお願いします

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「貯金口座」についてですね。

貯金口座

貯金をするなら貯金専用口座を持った方がいいと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、その貯金口座は1冊だけの方がいいの?何冊かに分けた方がいいの?もっと増やした方がいいの?と迷う方もいますよね。

ここでは家計簿&家計管理アドバイザーとして1000件以上の家計相談をお引き受けしてきた経験と実績から効果的な貯金口座の使い分けの方法について紹介します。

貯金専用口座を持とう!

私も書籍の中で書かせていただきましたし雑誌や新聞でもとりあげていただきましたが、「効率よく貯金をしたいなら貯金専用口座を持つ」というのは貯金法の基本です。

貯金をするなら貯金専用口座がなくては貯まるものも貯まりません

なぜなら、お金というのは「出たり入ったりを繰り返す」いくらまでが貯金でいくらまでが使ってもいいお金なのかがわからなくなるからです。

貯金口座を持っていないと知らないうちに貯金を使い込んでしまうのですね。

そのような理由から当方では家計簿をつけるよりも何よりも優先して「貯金専用口座を持つ」ことをオススメしています。

新しく口座を開設してもいいですし、すでに通帳をたくさん持っている場合は、その中でも「引き落としのかかっていない口座」を選ぶようにしてください。

■参考:貯金口座とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

貯金口座イメージ画像
貯金口座の作り方!貯金口座を他の口座と分ける意味とは?貯金口座を生活費口座と分けるのは通帳口座の管理方法の基本です。 特に貯金口座については他の口座と分けて管理することを強くオススメし...

貯金専用口座を使い分けよう!

貯金専用口座を作成しても、用途別に貯金口座を使い分けた方がいいのではないかと考えることがありますよね。

例えば車用貯金口座、住宅費貯金口座、教育費貯金口座など目的別に通帳を分けた方がいいのかなど。

もちろん「各貯金がいくら貯まっているかを視覚化する」という意味では上記のように目的別に貯金通帳を分けるのは効果的です。

しかし、「旅行用」「家電用」「小銭貯金用」「夫用」「妻用」「子供用」など分けようとすればいくらでも細かく分けられてしまいます。

あまりにたくさんの通帳を持ちすぎると「通帳記入をするのが面倒」などの理由から管理がずさんになることも考えられます。

ある程度の冊数を目的別に使い分けるというのはオススメできますが、多すぎない程度にとどめることをこころがけましょう。

■参考:通帳が多すぎるについては以下の記事で詳しく紹介しています。

通帳、口座管理
通帳は何冊?多すぎてどう管理していいか分からない!当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...

オススメの貯金口座の使い分け法は?

上記の点を踏まえ、貯金口座は以下のように使い分ける方法をオススメします。

1)夫婦専用の貯金口座

夫と妻など各人で貯金口座を持つことは相続預金保険制度の観点からもオススメできます。また、万が一離婚といったことになった場合でも夫婦共同の口座に貯金があるよりも夫婦で貯金口座を分けておいた方がもめ事を少なくできます。

2)子供専用の貯金口座

お年玉や親せきからの小遣いなど、子どもにも収入があることがあります。
子ども専用の貯金口座に子どものお金を管理するという点では子供専用の貯金口座を持つこともオススメできます。

■参考:子ども名義の通帳については以下の記事で詳しく紹介しています。

通帳、口座管理
子ども名義の通帳は何の目的でいくら貯める?意外なデメリットも当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...

3)教育費の貯金口座

教育費の貯金口座を子ども別に分けて作成した方がよいのだろうかというご質問もよくありますが、特にその必要はないと判断します。

なぜなら、一人いくらと決めて貯金をしても子供の進学先によっては余ったり足りなくなったりということになり、兄弟間の通帳でお金の貸し借りをするべきなのかなど最終的には管理が混乱しずさんになることが予測されるからです。

また教育費は子ども名義の通帳がよいのか親名義の通帳がよいのかというご質問もよくいただきますが、上記のような理由から親名義にすることをオススメしています。

■参考:教育費は子ども名義の通帳?それとも親名義の通帳?については以下の記事で詳しく紹介しています。

通帳、口座管理
教育費の口座は子供名義?それとも親名義?どちらの口座で貯める?日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。 ※その他免責事項をお読みください。 今回のご相談内容 ア...

4)車用、住宅費など目的別の貯金口座

車用、住宅費など目的別に貯金口座を分ける必要も特にないと判断します。

このように目的別に分けると分けすぎる傾向になり、最終的には管理しきれなくなる可能性が高いと予測されるからです。

今回紹介しただけでも相当な数の通帳を管理することになりますので、総合的な貯蓄用口座を夫婦別々に持っておくことで代用してもよいでしょう。

5)特別費用の貯金口座

家計には特別費といって「冠婚葬祭・車検・旅行・家電の買い替え」など、毎月ではないものの年に数回程度高額になりやすい支出があります。

この特別費用の貯金口座を作成することは家計管理上非常に有効です。他の貯金口座と分けることで貯金を使い込んでしまうということも防ぐ効果が見込めます。

■参考:特別費とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ) 毎月あるわけではないけど、年間を通じて考えるとある支出を「特別費」と言います。 固定資産税、車検、自動車税など高額になりやすい特別費をわが家は年1回「特別費一覧表」を作成することで管理しています!...

■参考:特別費口座については以下の記事で詳しく紹介しています。

特別費
特別費口座とは?家計の思わぬ出費に通帳分けで対応する方法!特別費という言葉を聞いたことはありますか? 特別費とは、毎月あるものではないけれど、家計の中では比較的高額になりやすい支出のことで...

6)封筒積み立て金の保管用貯金口座

高額になりやすい車検代や固定資産税を毎月封筒に積み立てているなど、封筒などを使って目的別の積み立てをしている方も多くみられます。

このような目的別の封筒積み立ては高額な支出に前もって備えるという点では有効ですが、おうちに大金が置きっぱなしなるなど防犯面ではあまりオススメできません。

ある程度封筒にお金が貯まってきたら一時的に積立金を保管しておく口座を作成するというのもオススメです。

■参考:目的別に通帳を分ける?については以下の記事で詳しく紹介しています。

通帳、口座管理
目的別貯金のやり方。口座と封筒を使い分け!項目と内訳の例は?毎月しっかり貯金をしているハズなのに、「貯まったと思ったら使ってしまい、何年たってもたいして貯まらない」という現象に悩まされている方はい...

貯金口座は増やす?

上記の点から考えると、質問者様の場合は「家の家電の買い替えのためのお金を貯めたい」ということですから、上記の「特別費口座を持ちたい」ということと推測されます。

特別費口座はあると便利な口座ですので、一冊通帳を増やしてでも作成する方がメリットがあると考えられます。

通帳を作成することに抵抗があるようでしたら、封筒積み立てで代用してもよいでしょう。

■参考:封筒積み立てについては以下の記事で詳しく紹介しています。

特別費を封筒(袋分け)で積立!急な出費や高額な支出に備える方法。特別費を積み立てる方法とは、毎月、または年に数回、今後の支出に備えて封筒(袋)を使って、定額を積み立てる方法です。 特に、高額な支...
関連記事

■参考:他にもある!積み立て・口座・貯金に関する記事はこちらにまとめてあります。
・積み立て・口座・貯金に関するご相談(まとめ)

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

家計相談Q&A
無料家計(家計簿)相談のQ&A一覧(質問疑問にお答えしています)当ブログではメールフォームより個別に無料で家計相談をさせていただいています。 お寄せいただいたご相談ご質問の結果をこちらで公開して...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください