2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

三人家族の家計簿公開!夫の小遣い増額で貯金ができません。

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。
今回のご相談内容

はじめまして。
あきさんの家計簿を知り、今年の4月から付け始めています。

何となくお金の流れは見えて来たものの、
もっとうまく何か出来るのではと思い診断をお願いしました。

そして、もう1人子供が欲しいのですが経済面的に厳しいのかと思い踏み切れません。
しかし年齢的にも産めるリミットが近づいており…。
しかし経済面で…と頭の中はその2つで行ったり来たりです。
アドバイス、よろしくお願い致します。

●家族構成●
夫(38)、妻(35)、子(小4)

●継続月数●
チャレンジ4ヵ月目
●予算●
食費  3.2万円
日用品 0.3万円
娯楽費 2.5万円

●実績●
収入
(夫)23〜25万円
残業代で毎月数万違います
ボーナス(夫)23万×2回
(妻)11万〜12万 パート

住宅ローン(管理費込)8.6万
電気代 1.1万
ガス代 0.8万
携帯 0.6万(2台合わせて)
ネット 0.4万
保険 3万(医療、生命等掛け捨て)
学校 0.6万
ガソリン代 1.5万
(遠出が多かったので今回は多め。いつもは0.5万程)
学童 1.5万
子供習い事 1万
学資保険 1万
子供通信教育 0.6万
妻交通費 1万
(夫の交通費は半年に1回別に出てるのでそこから毎月出してます)
トドック 0.3万
カード払い 0.7万(洋服。現金でよけていませんでした)
食費  3万円
日用品 0.4万円
夫小遣い 2.5万円
妻小遣い 0.5万円
夫食費 1万(基本お弁当ですが、私が作れない時や毎日深夜まで働いてるのでお腹が減った時に買えるように)
娯楽費 3万円
特別費積立 2万円
家電積立 0.5万
毎月計算し余ったら貯金へ回す。

○年間特別費○
車税 4.5万
固定資産税 6万
(ローン控除があるので4年後は16万になります)
車検 12万(2年に1度)
親にあと90万借金あり、毎回ボーナスの半分を返してます。

あきさんのブログを読みましたが、特別費がやはりうまく行きません。

因みに今月の特別費は、洋服 1.2万、夫出張のご飯代など3万、病院1.2万、結婚祝い1万×2件

私はもう1人子供が欲しいのですが、夫は経済面が厳しいからいらないと反対していました。

しかし、何度も説得した所「夫のお小遣いを2.5万にして生活出来、将来子供が増えた場合も考え計算し、ちゃんと生活出来るならOK」との事になりました。

夫のお小遣いは今までは1万でした。

飲み会があるとそのお小遣い+家計から足りない分を出していました。

が、今回から2.5万にし、その中で飲み代もやりくりしてもらっています。

しかし、このお小遣いの金額だと貯金も、元々出来ていなかったのに、さらに出来なくなり、やはりもう1人子供は無理なのではないだろうかと思い始めています。

診断、よろしくお願い致します。


ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。
「家計診断」についてですね。

全体的な感想について


まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます。

家計のやりくりはどうする?


質問者様の家計へアドバイスさせていただきたい点は以下の通りです。

月の家計を見てみよう!


まず質問者様の月の家計について見てみましょう。

住宅ローン(管理費込)8.6万
電気代 1.1万
ガス代 0.8万
携帯 0.6万(2台合わせて)
ネット 0.4万
保険 3万(医療、生命等掛け捨て)
学校 0.6万
ガソリン代 1.5万
学童 1.5万
子供習い事 1万
学資保険 1万
子供通信教育 0.6万
妻交通費 1万
トドック 0.3万
カード払い 0.7万(洋服。現金でよけていませんでした)
食費  3万円
日用品 0.4万円
夫小遣い 2.5万円
妻小遣い 0.5万円
夫食費 1万(基本お弁当ですが、私が作れない時や毎日深夜まで働いてるのでお腹が減った時に買えるように)
娯楽費 3万円
特別費積立 2万円
家電積立 0.5万

合計 35.6万円

質問者様の家計では月の支出が毎月約35.6万円

質問者様のご夫婦合わせての月収は34~37万円ですので、毎月約1万5千円の赤字~1.4万円の黒字がある家計となります。

家計が赤字になるか黒字になるかはご主人の残業代次第で、残業代が多ければ黒字になり、少なければ赤字になるという家計のやりくりになっているようです。

水道代の記載がありませんので、記入漏れの可能性もあり、支出はもう少し多い可能性もあります。

特別費を見てみよう!


質問者様の家計のうち、特別費にあたる支出は以下の通りです。

車税 4.5万
固定資産税 6万
(ローン控除があるので4年後は16万になります)
車検 12万(2年に1度)
両親に借金返済 23万円
合計 45.5万円

質問者様の家計では現状の内容では年間約45.5万円の特別費があるようです。

毎月の支出と合わせると472.7万円の支出があることになります。

質問者様の家計の手取り年間収入は466万円に児童手当と考えられますので収支はほぼトントンとなります。

ただし、学資保険がある点、特別費積み立てがあり一部支出の重複がある可能性がある点から貯蓄はゼロではありません。

おそらく年間12万円~30万円前後の貯蓄額ではないかと推測されます。

なお、自動車保険料の記載もありませんので、こちらも記載漏れの可能性があります。

家計を見直そう!


質問者様の家計では、今後お子さんをもう一人できれば迎えたいというご希望もお持ちということですから、ご希望を叶えることが可能かも含め以下の点について見直しをされることをご提案いたします。

■食費、日用品
食費  3万円
日用品 0.4万円
トドック 0.3万

食費や日用品については非常によく節約できています。トドックは生協ということですので、食費や日用品の一部として考えこちらに計上します。

ご主人のお弁当も作られているということですから、食費についてはむしろやや少なすぎる印象もあります。
今後お子さんが成長するに従い食費はもう少し増やしてもよいでしょう。

■参考:食費の平均については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/11621

■保険
保険 3万(医療、生命等掛け捨て)
学資保険 1万

保険の支払いには自動車保険は入っているでしょうか?

入っていない場合は記載漏れの可能性もありますので、今一度支出を確認してみましょう。

また、医療保険など掛け捨てだけの保険で月3万円、学資保険もあわせて月4万円の支出は収入に対して高すぎると言えます。

求めていらっしゃる補償内容にもよりますが、金額的にもう少し節約できないか見直しましょう。

■車費
ガソリン代 1.5万

ガソリン代についても、いつもは5千円程度であったものの、今月は遠出が多く1.5万円だったとのことです。

このようなガソリン代の管理は家計管理上あまり良い状況ではありません。

ガソリン代は毎月いくらと予算を決め、その予算を守れるように調整した方がよい支出です。

レジャーに関わるガソリン代は「娯楽費」や「特別費」を利用するなど分類を工夫してみましょう。

■参考:ガソリン代の分類については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/9104533

■洋服代
カード払い 0.7万(洋服。現金でよけていませんでした)
因みに今月の特別費は、洋服 1.2万

洋服代についても月2万円近くかかっている可能性があります。毎月ではないものの、洋服代についてはやや管理が甘そうな印象を受けます。
食費や日用品といった比較的目の届きやすい支出は一生懸命節約しますが、その分洋服などの支出には甘いという傾向があるのではないかと推測されます。

■参考:洋服代については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/18425

■小遣い
夫小遣い 2.5万円
妻小遣い 0.5万円
夫食費 1万(基本お弁当ですが、私が作れない時や毎日深夜まで働いてるのでお腹が減った時に買えるように)

妻の小遣いは5千円と大変少ない金額でやりくりしているのに対し、夫の小遣いは月に3.5万円とやや多いようです。

仕事で必要な食費も含めて月に3.5万円であれば納得できますが、お弁当持参で月3.5万円は収入に対してやや浪費がちと言えます。

できれば食費1万円もふくめ月2.5万円程度にすることができると節約になります。

■参考:夫の小遣いについては以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/18284

■特別費
特別費積立 2万円
因みに今月の特別費は、洋服 1.2万、夫出張のご飯代など3万、病院1.2万、結婚祝い1万×2件


特別費についても月2万円積み立てていても実際には月7.4万円と積み立てだけでは足りていないようです。

特別費については少ない予算にし節約したいとは思いますが、実際に必要な金額が用意できなければ予算を立てても意味がありません。

必要な金額をしっかり確保できるように検討しましょう。

■参考:特別費については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/7062239

家計の予算を作り直そう!


質問者様の家計は家計簿歴4カ月と考えれば順調に節約できていると言えます。

特別費の管理が難しいということですが、今後長く続けていくことで徐々に上手になると考えられます。

4カ月でここまでできるようになっているのですから基本的なやりくり力には自信を持ちましょう。

しかし、せっかくですので早期に結果の出る家計簿まで引き上げることを考え、以下の予算のプランをご提案いたします。

住宅ローン(管理費込)8.6万
電気代 1.1万
ガス代 0.8万
携帯 0.6万(2台合わせて)
ネット 0.4万
保険 1万(医療、生命等掛け捨て)
学校 0.6万
ガソリン代 0.5万(毎月必要なガソリンのみ。その他は娯楽費、特別費へ)
学童 1.5万
子供習い事 1万
学資保険 1万
子供通信教育 0.6万
妻交通費 1万
トドック 0.3万
カード払い 0万(娯楽費、特別費へ)
食費  3.5万円
日用品 0.4万円
夫小遣い 3万円(食費ふくむ)
妻小遣い 0.5万円
夫食費 0万(夫小遣いへ)
娯楽費 3万円
家電積立 0.5万
特別費積立 3万円
合計 約33万円

車税 4.5万
固定資産税 6万
車検 12万(2年に1度)
両親に借金返済 23万円
合計 45.5万円

支出合計約441.5万円となりますので、年間貯金額は36.5万円になるプランです。

別途学資保険が年間12万円ほどありますので、年間貯蓄額は48.5万円になります。

質問者様の家計では特に保険の割合が収入に対して高いという特徴がありますので、掛け捨ての保険については徹底的に見直しを検討してみましょう。

食費、特別費については増額しましたので、年間を通じてはみ出さないように調整できるとよいでしょう。

家計の今後はどうなる?


質問者様の家計は本来なら貯め期にあたる時期です。

しかし、収入に対して保険の割合が高い点、ご主人の小遣いが弁当持参であるにもかかわらず多い点、ご両親への借金返済がある点から貯蓄がしにくい家計になっていると言えます。

今後ご主人の収入が増える見込みがあればよいですがない場合は以下のような予算を目指されてみてはいかがでしょうか。

住宅ローン(管理費込)8.6万
電気代 1.1万
ガス代 0.8万
携帯 0.6万(2台合わせて)
ネット 0.4万
保険 1万(医療、生命等掛け捨て)
学校 0.6万
ガソリン代 0.5万(毎月必要なガソリンのみ。その他は娯楽費、特別費へ)
学童 1.5万
子供習い事 1万
学資保険 1万
子供通信教育 0.6万
妻交通費 1万
トドック 0.3万
カード払い 0万(娯楽費、特別費へ)
食費  4万円
日用品 0.4万円
夫小遣い 2万5千円(食費ふくむ)
妻小遣い 0.5万円
夫食費 0万(夫小遣いへ)
娯楽費 2万5千円
家電積立 0.5万
特別費積み立て 4万5千円
合計 約34万円

自動車税、固定資産税、車検など30万円
合計 30万円

年間収入478万円にたいして、年間支出は438万円。学資保険12万円を加算し、年間52万円貯蓄をするプランです。

お子さんをもう一人迎えると想定すると、保育料がかかる3歳までは上記の支出にプラス1.5万円ほどは支出増が見込まれます。4歳以降は反対に1.5万円ほどは貯蓄の増加が見込めます。

あくまでプランですから、ご自由にご変更いただいて構いません。

タイプ診断としては、保険もかけたい、子どもの習い事もさせてあげたい、夫にもお小遣いをしっかり渡してあげたい、学資保険も入らなければと理想を追い求めすぎて家計を窮屈にしてしまっている家計に近いと考えられます。

よろしければ下記タイプ別の結果についてもよろしければご覧ください。

長期的な計画についてはライフプランの作成をオススメします。

■参考:理想追い求めすぎの家計の特徴は以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/2379087

■参考:チェックリストでわかる!お金が貯められないタイプ別診断については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/647

■参考:ライフプラン表の作成方法については以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/8650699
関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:月収をベースに考える!みんなの家計簿については以下にまとめてあります。
・みんなの家計簿公開!の家計のまとめ

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/2105

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 家計がんばるママ
    • September 26, 2019 17:43
    • あきさん、家計診断ありがとうございました!!
      自動車保険(6500円)は、保険3万円の中に含んでいました。
      水道代も記入もれしていてすみません。
      あきさんのおっしゃる通り、習い事も~、保険も~…と追い込み過ぎてると自分でも思いました。
      そして!!私と主人2人とも給料上がる事になり、まだはっきりはしませんが月5、6万くらい手取りが増えそうです。
      しかしお給料が増えるからと言って予算は増やさず、あきさんが見直してくださった予算を目標に管理していきます。
      今後もブログを参考に頑張っていきます!
      ありがとうございました!!
    • 2. あき
    • October 04, 2019 11:41
    • 家計がんばるママさんコメントありがとうございます!
      なんと収入が上がる見込みができたとのこと。
      本当におめでとうございます。
      そのような中でも予算を増やさずしっかりと家計を管理されて行こうとされているご様子ですね。
      ぜひ安心してお金を使える家計にされて行ってくださいね。
      今後の成果報告などを楽しみにしています!またいつでもご利用ください。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット