みんなの家計簿公開

月収43万円!社会人娘と発達障害息子が転居で家計はどう変わる?

家計診断

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

今回教えて頂きたいのは家族が増えた時の家計管理はよく目にするのですが、家族が減った時の家計管理はどのようにしたらいいのか?です。

長女が来月から他県に引越し、長男が発達障害のため自立支援施設の入所が決まり、5人家族から一気に3人家族に減ります。
どのくらい予算を減らすべきでしょうか??

夫 手取月収 35万円
妻 手取月収 8万円
長女 社会人
長男 中学生
次女 保育園
犬2匹

【現状予算】

先取り貯金 5万円

[固定費]

家賃(駐車場込) 7万円
電気 1万円
ガス(プロパン) 1万円
水道(2ヶ月) 1万円
携帯(3台) 2万円
保育料 3.5万円
学費(長男) 1.2万円
生命保険(共済5人分) 1万円
生命保険(夫 定期保険)0.4万円
車保険(2台) 1万円
ネットショッピング 1.5万円
スイミング(次女) 1万円

基本的に予算内で収まるので
余りは特別費用貯金

[流動費]

食費 5.5万円
日用品(犬用品 おむつ代含) 1.2万円
医療費(妻 歯科治療中) 1.3万円
娯楽費(外食含) 3万円
教育費(写真代 用品代など)1万円
その他(被服費 ガソリン代 お小遣いなど) 3〜4万円

お小遣い制ではなく必要な時に申告する形です。多くても月1万円くらい。

余れば特別費用貯金。

流動費からは小銭貯金もしてるので2〜3ヶ月に3万円ほど特別費用貯金。

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。
「家計診断」についてですね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます。

家計のやりくりはどうする?

質問者様の家計へアドバイスさせていただきたい点は以下の通りです。

月の家計を見てみよう!

まず質問者様の月の家計について見てみましょう。

家賃(駐車場込) 7万円
電気 1万円
ガス(プロパン) 1万円
水道(2ヶ月) 1万円
携帯(3台) 2万円
保育料 3.5万円
学費(長男) 1.2万円
生命保険(共済5人分) 1万円
生命保険(夫 定期保険)0.4万円
車保険(2台) 1万円
ネットショッピング 1.5万円
スイミング(次女) 1万円
食費 5.5万円
日用品(犬用品 おむつ代含) 1.2万円
医療費(妻 歯科治療中) 1.3万円
娯楽費(外食含) 3万円
教育費(写真代 用品代など)1万円
その他(被服費 ガソリン代 お小遣いなど) 3〜4万円
合計 37.6万円

質問者様の家計では月の支出が毎月約37.6万円

質問者様のご夫婦合わせての月収は43万円ですので、毎月約5万4千円の黒字がある家計となります。

特別費を見てみよう!

質問者様の家計では、特別費にあたる支出の記載がありません。

上記の内容から考えると、毎月固定費のあまりと、生活費のあまりの小銭貯金から年間20万円前後を特別費貯金として用意しているようです。

現状の内容からは年間20万円前後で特別費がすべてまかなえているのかが不明です。

年間20万円前後で特別費がすべてまかなえているとすると、貯金額は年間64.8万円。学資保険がありますので貯蓄を含めると、年間79.2万円ほど貯蓄ができていることになります。

その他ボーナスや手当の記載などがありませんので、収入がもう少し多いと考えると年間貯蓄額ももう少し多いと推測されます。

ただし、特別費の持ち出しが年間20万円前後以上にある場合は、貯蓄額は減少することになります。

家計を見直そう!

質問者様の家計では、基本的にやりくりしなくてはいけない生活費が5人家族分から3人家族分に減少するということです。

生計を共にする世帯人数が減るということは、支出も減少することが見込まれます。

減少する支出について検討しながら、以下の支出について見直しを検討されてみてはいかがでしょうか。

■水道光熱費

電気 1万円
ガス(プロパン) 1万円
水道(2ヶ月) 1万円

3人家族として考えると、水道光熱費はやや高いと言えます。
ガス料金はプロパンなので仕方がないとしても、電気や水道についてはもう少し節約できるのではないかと考えられます。

■通信費

携帯(3台) 2万円

携帯電話の料金については3人家族にしてはということではありませんが、やや高めと言えます。月数千円程度安くできないか見直しましょう。

■車費

車保険(2台) 1万円
その他(被服費 ガソリン代 お小遣いなど) 3〜4万円

自動車を2台所有されているとしても、保険料がやや高めと言えます。こちらもあと数千円でも節約できないか考えてみましょう。

また、その他の費用にガソリン代が含まれているようですが、お小遣いや被服費を抜いて考えると月のガソリン代は2台で1万円前後と非常に少ない可能性があります。

2台で月1万円前後の給油であれば、利用頻度はそれほど高くない可能性もありますので、あまり使っていない車があるようでしたら1台は原動機付自転車にするなど工夫すると大幅に車の費用を節約できます。

■食費

食費 5.5万円

食費についても、3人家族と考えるとやや高めといえます。
食事にこだわりがあり、この金額である場合は特に変更する必要はありませんが、生計を共にする世帯構成員が減少することでゆとりがでるようであれば、月5千円程度節約できないか検討してみましょう。

■参考:食費の平均については以下の記事で詳しく紹介しています。

食費・日用品節約術
食費は月平均いくら?17人の節約主婦たちの収入・世帯構成別食費と内訳例!食費の平均っていくら?うちの毎月の食費は高い?安い? 毎月の食費の平均が今のままでいいのか、いくらでやりくりすればいいのかわからな...

■娯楽費用

ネットショッピング 1.5万円
娯楽費(外食含) 3万円

ネットショッピングと娯楽費が合わせて月4.5万円というのも3人家族として考えると、やや高いと言えます。

ネットショッピングの内訳が分かりませんので、特別費にあたる支出なのか娯楽費にあたる支出なのかはっきりとした判断はできませんが、できればあわせて娯楽費3万円程度に収めると節約になります。

■参考:娯楽費については以下の記事で詳しく紹介しています。

あきの家計簿
娯楽費とは?月平均や内訳の例。家計簿の交際費やレジャー費との違いは?家計簿に「娯楽費」という費目を作ったけれど、「娯楽費」という項目に何を書けばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 ...

■保育料

保育料 3.5万円

保育料についても、幼児教育無償化に該当するのであれば月2.5万円ほどの支出の減少が見込まれます。お子さんの年齢は分かりませんが、スイミングに通われる年齢であれば該当する可能性があるのではないかと考えられます。

■参考:幼児教育無償化については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
幼児教育無償化で家計はどうなる?私立幼稚園のわが家の実例で試算してみた!2019年10月から幼児教育・保育の無償化が全面的に始まります。 幼児教育・保育の無償化により大きな恩恵が受けられるのは、「今まで...

家計の予算を作り直そう!

質問者様の家計は、上記の点をふまえて以下のような予算のプランをご提案いたします。

家賃(駐車場込) 7万円
電気 0.8万円
ガス(プロパン) 1万円
水道(2ヶ月) 0.6万円
携帯(3台) 1.8万円
保育料 3.5万円
学費(長男) 1.2万円
生命保険(共済5人分) 1万円
生命保険(夫 定期保険)0.4万円
車保険(2台) 0.8万円
ネットショッピング 0万円(娯楽費へ)
スイミング(次女) 1万円
食費 5万円
日用品(犬用品 おむつ代含) 1.2万円
医療費(妻 歯科治療中) 1.3万円
娯楽費(外食含) 3万円
教育費(写真代 用品代など)1万円
その他(被服費 ガソリン代 お小遣いなど) 3〜4万円
合計 34.6万円

月の黒字は8.4万円になりますので年間貯金額は100.8万円になるプランです。

別途学資保険が年間12万円ほどありますので、年間貯蓄額は115.2万円になります。

ただし、この予算にしてしまうと今までできていた特別費積み立てに回せるお金が少なくなってしまうということでしたら、年間貯蓄額は20万円ほど減らしてもよいでしょう。

特別費積み立て用に20万円貯蓄を減らしても以前の予算より年間15万円ほど節約ができます。

家計の今後はどうなる?

質問者様の家計は上のお子さんが社会人になられていますので、今後は下のお子さん二人の教育費の準備が当面の課題となる家計です。ご年齢によっては老後の準備も必要になります。

ご夫婦のご年齢が分からない点、すでにどれくらいの教育費の準備ができているかが分からない点から今後どれだけの教育費や老後資金が必要かは分かりません。

主にかかる教育費が一番下のお子さんだけであれば、今の時期は貯め期にあたります。

今後必要になる教育費や老後の資金に応じて、貯め期である今のうちにしっかりと今後の準備をしていきましょう。

■参考:貯め期については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
貯め期って何?人生で3回から4回に増加?!貯めどきに貯める家計管理の方法!貯め期という言葉を聞いたことがありますか? これまでは人生に3回あると言われていた貯め期が、なんと人生で4回に増加! 貯めど...

家計の注意点は?

上記の通り、特別費は年間20万円ほどの支出内に収まっていると考えた場合は上記のような貯蓄プランをご提案いたします。

しかし、特別費の管理が別途うまくいっておらず、一度貯金したお金も崩してしまっているようでしたら上記のプランは見直しましょう。

貯金したお金がしっかり残せるように、特に特別費と貯金の切り分けができているか見直しましょう。

■参考:特別費と貯金については以下の記事で詳しく紹介しています。

特別費
特別費は貯金ではない。初心者が勘違いしがちなお金の貯め方。日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。 ※その他免責事項をお読みください。 今回のご相談内容 こ...
関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:月収をベースに考える!みんなの家計簿については以下にまとめてあります。
・みんなの家計簿公開!の家計のまとめ

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

家計相談Q&A
無料家計(家計簿)相談のQ&A一覧(質問疑問にお答えしています)当ブログではメールフォームより個別に無料で家計相談をさせていただいています。 お寄せいただいたご相談ご質問の結果をこちらで公開して...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

POSTED COMMENT

  1. ヨコ より:

    診断ありがとうございました。
    大変 参考になりました。

    あきさんからのアドバイスを見て
    年間100万 貯蓄できるように
    目指して行きたいと思います。

    本当にありがとうございました。

    • あき より:

      ヨコさんコメントありがとうございます。
      参考になられたということでこちらもうれしいです。

      年間100万円の貯金をめざしてぜひこれからも頑張っていかれてくださいね。

      応援しています。

      またのご利用を楽しみにお待ちしております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください