正しい家計管理の方法

クレジットカードの家計管理は「現金払い扱い」がオススメ!

クレジットカード・電子マネー

クレジットカードの家計管理の方法として、オススメなのは「現金払い扱い」にするという方法です。

・クレジットカードをついつい使いすぎてお金が貯まらない。

・クレジットカードの支払いに家計が圧迫されてしまう。

このような時こそ、クレジットカードの家計管理の方法を「現金払い扱い」にすることをオススメします。

家計簿&家計管理アドバイザーとしてこれまで1000件以上のご相談をお引き受けしてきた実績からクレジットカードの家計管理を現金払い扱いにする方法を紹介します。

なお、こちらの内容は書籍(あきのズボラ家計簿 講談社)にも紹介され、新聞にも掲載された方法となります。

クレジットカードの家計管理の方法

「クレジットカードを使うとポイントが貯まるので、支払いは何でもクレジットカード」という方も多いのですが、
ついつい貯まるポイント以上に使いすぎるのがクレジットカードの怖いところです。

そこでオススメしたいのがクレジットカードの利用明細を記入し月末に現金を取り分けるという方法です。

クレジットカードを現金払い扱いにするには?

クレジットカードを現金払い扱いにするために具体的には以下のように対応します。

■買い物をしたら利用金額を控えます。

家計簿をつけていない場合は以下のようなメモでもよいでしょう。

クレジットカードの家計管理法1

スケジュール帳を利用しても構いません。

クレジットカードの家計管理法2

家計簿をつけているなら「各費目」に支出を振り分けます。例えば、食品を購入したなら「食費」の欄に支出を記入します。

クレジットカードの家計管理法3

月末になったら1ヵ月のクレジットカードの利用額を合計します。

だいたいの端数は繰り上げて構いませんので、合計額分の現金を財布などから抜き取り封筒などにいれて保管します。

クレジットカードの家計管理法5
わが家では封筒に「カード払い」と記し、クレジットカードに利用した金額を封筒に入れています。

引き落とし月が来たら、引き落とし額を口座に入金します。

クレジットカードの家計管理法6

なお、わが家では「クレジットカードの明細」をメモした付箋を封筒に貼り、支払いのすんだものにチェックをいれるようにしています。

クレジットカードの家計管理法7

クレジットカードの家計管理をするメリット

上記のようにクレジットカードを管理することで、「持っている現金以上にクレジットカードを使いすぎない」という効果が見込めます。

取り分ける現金がない場合は、クレジットカードを使いすぎているという証拠になります。

クレジットカードの家計管理は、クレジットカードと上手に付き合うことから。

ポイントなどを有効に活用するためにも、クレジットカードの支払いに翻弄されない家計を目指しましょう。

お知らせ

こちらの記事をもとにした内容が新聞やテレビで紹介されました!

・日刊ゲンダイ「ズボラ主婦の家計再生指摘」
・NHK「人生レシピ」
・日本テレビ「ヒルナンデス」

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:皆さんからいただいた電子マネーやカード払いについてのご質問はこちら
・電子マネー・カード払いのご質問(まとめ)

■参考:クレジットカード利用時の家計簿のつけ方については以下の記事で詳しく紹介しています。

あきの家計簿
クレジットカード払い時の家計簿のつけ方(書き方)とは?クレジットカードでお金を払ったら家計簿にはどうつければいいの? と迷っている方はいませんか? 「クレジットカードは利用額が引...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください