みんなの家計簿公開

50代の家計簿診断「食費予算月1万円でも生活が苦しい」

家計診断

読者の皆さんからの家計相談に家計簿&家計管理アドバイザーがお答えする無料家計相談&家計診断コーナー

今回の相談者様は、50代のご夫婦。お子さん二人はともに20代と成人しています。
奥様が働けなくなりご主人だけの収入になったことで食費月1万円の予算でも生活が苦しいとご相談いただきました。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

●家族構成●
夫(54)、妻(52)、子(22)、子(20)
●継続月数●
チャレンジ1ヵ月目
●予算●
食費  1万円
日用品 1万円
娯楽費 5000円

●実績●
収入 30万円
食費  1万円
日用品 1万円
夫小遣い 3万円
妻小遣い 1万円
娯楽費 2万円
特別費 2万円

うまくいかない。がちがちになりすぎて。娯楽が多い。

先生、診断お願いします。

赤字が多くて。

こんにちは。家計簿&家計管理アドバイザーのあきです。

ご相談者様は現在ご夫婦ともに50代。二人のお子さんは22歳、20歳とすでに成人されているようですね。お子さんが成人され、主な教育費の支払いも終盤。これからはご夫婦二人の生活を中心に家計を安定させたい時期です。

家計を確認

まず、ご相談者様の毎月のやりくりに必要なお金を見てみましょう。

50代の家計簿診断「食費の予算月1万円でも生活が苦しい」50代の家計簿診断「食費の予算月1万円でも生活が苦しい」

毎月の生活に必要な基本的なお金は10万円(年間120万円)となっています。

ご相談者様の月収は30万円ですから、おおよそ月に必要なお金は20万円は余る計算になります。

しかし実際には「うまくいかない」と感じていらっしゃることから、実際にはもう少し支出があると想定されます。家賃や光熱費などの記載がないことから、基本的な支出の書き出しが必要な家計といえます。

家計の見直し

ご相談者様の家計は、計算上では月20万円ほどの余剰がある家計となりますが、実際には家賃や光熱費などその他の支出があるものと想定されます。

おそらくこれまでは家計管理はしてきていない状況で、何から始めていいか分からないというところからのスタートではないかと想定されます。

したがって、今回いただいた内容についての節約を行うことよりも、家計全体をしっかり把握できる状況にしていく必要があります。

上記の点を考慮した上で、下記の点についての見直しをご提案いたします。

固定費

ご相談者様の家計では、固定費の書き出しがまずできていないということが挙げられます。

家賃や水道光熱費や生命保険料など毎月固定で支払っている支出を書き出すことから始めましょう。

■参考:家計簿の固定費については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計診断
家計の固定費とは?家計簿をつけていなくても内訳を調べる方法!家計には「固定費」と言われる「必ずかかる支出」があります。 実は、家計における「固定費」の割合はかなり高いものです。 家計の...

固定費と生活費を足し上げる

 

ご相談者様の家計では、まず上記の通り、固定費の支出を書き出しを行い、次に今回書き出した生活費と合算してみましょう。

毎月の固定費が月15万円なら、今回いただいた内容によれば毎月の生活費は10万円ですので、ふたつをたしあげると基本的な生活に必要なお金は25万円と分かります。

■参考:家計の生活費については以下の記事で詳しく紹介しています。

生活費に毎月いくら使ってる?気になる生活費の内訳は?生活費に毎月いくら使っていますか? どんぶり勘定の方だと、生活費に毎月いくらつかっているのかも分からない方が多いですよね。 ...

特別費

特別費 2万円

ご相談者様の家計では、月々2万円の特別費を見込まれていますが、おそらく年間24万円には収まっていない可能性が考えられます。

今一度特別費についても書き出しを行ってみましょう。

■参考:特別費については以下の記事で詳しく紹介しています。

【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ) 毎月あるわけではないけど、年間を通じて考えるとある支出を「特別費」と言います。 固定資産税、車検、自動車税など高額になりやすい特別費をわが家は年1回「特別費一覧表」を作成することで管理しています!...

食費

食費 1万円

ご相談者様の家計では、月の食費は1万円と極端に少ない予算でやりくりされていることが分かります。

お子さんは成人されていますが、ご一緒に住まれているのであれば4人家族。お二人とも独立されているのであれば2人家族となります。

仮に2人家族としても、総務省の家計調査によれば2人家族の食費の平均は56,222円です。

食費の平均に比べ、あまりに低すぎる食費は栄養の取れない食事となりますので、食費についてはもう少し多く取ってもよいでしょう。

■参考:食費の平均については以下の記事で詳しく紹介しています。

食費・日用品節約術
食費は月平均いくら?17人の節約主婦たちの収入・世帯構成別食費と内訳例!食費の平均っていくら?うちの毎月の食費は高い?安い? 毎月の食費の平均が今のままでいいのか、いくらでやりくりすればいいのかわからな...

■参考:2人暮らしの食費の平均については以下の記事で詳しく紹介しています。

2人暮らしの食費の平均
2人暮らしの食費の平均は?節約主婦のリアルな食費を公開します2人暮らしの食費の平均はいくら?と気になっている方はいませんか? 実際に2人暮らしの方は、2人暮らしの方の食費の平均が知りたいとい...

家計を見直すとどうなる?

ご相談者様の家計では、上記の点についての見直しを行いながら、全体的な配分を考えると、最低限以下の程度の割合をまずは目指すところから始めるのが望ましいのではないかと考えます。

固定費 月15万円(固定費の割合50%)
生活費 月13万円(食費を月3万円増加と仮定)
貯蓄 月2万円

月2万円、年間24万円の貯蓄をするプランです。

ご年齢やご家族の状況を考えると、大きな教育費は今後必要なく、まもなく住宅ローンが終わるなど、固定費が削減できる可能性があればもう少し貯蓄が伸ばせる可能性も十分にあります。

また、ボーナスなどがあればさらに貯蓄を伸ばすこともできます。

全体的な収支のバランスを考えながら今一度再配分を検討してみましょう。

ご年齢から考えると、今から定年までの数年間は家計の中でも貯め期に当たります。

この時期を逃すと再び貯めにくい時期になってしまいますので、今のうちにしっかり家計を立て直しておくことをオススメします。

■参考:家計の見直しの基本については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計管理
家計簿の見直し方のポイントは「固定費・変動費・特別費」!家計を見直したいけれど、何から始めたらいいか分からない。 そのような時は「固定費・変動費・特別費」の3つに支出を分けることから始め...
関連記事

読者の皆さんからいただいた月収から考える家計の過去記事一覧はみんなの家計簿公開からご覧いただけます。

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください