電子マネーの使い方

ディズニーランド®&ディズニーシー®で使える電子マネー割引!

電子マネーの使い方

こんにちは!家計簿&家計管理アドバイザーのあき(@aki_kakeibo)です!

東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®で2018年11月5日から「電子マネーでの支払い」ができるようになったのはご存知ですか?

電子マネーを利用することで、東京ディズニーランド®や東京ディズニーシー®の利用料金がお得に割引できるように…!

ここでは、家計簿&家計管理アドバイザーが「東京ディズニーランド®や東京ディズニーシー®の電子マネーを利用した支払い方法」について紹介します!

東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®の電子マネー決済

東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®で使える電子マネー

東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®で使える電子マネーは以下の通りです。

  • QUICPay
  • QUICPay+
  • iD
  • Suica
  • Kitaca
  • PASMO
  • manaca
  • TOICA
  • ICOCA
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA

たくさんの電子マネーの名前が挙げられていますが、大きくまとめると使えるのは以下の3つです。

  • QUICPay
  • iD
  • 交通系ICカード

記事作成日時点では、楽天PayやLINEPayやPayPayなどには対応していませんが、上記の電子マネーであれば東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®のほぼすべてのショップやレストランで使うことができます。

私も実際に東京ディズニーランド®にいってきましたが、ほぼすべてのショップやレストランで電子マネーを利用することができました。

わが家ではチュロスやポップコーンのワゴンで電子マネーを利用しました。

小さなワゴンでも使えたので、とても便利でしたよ。

ディズニーランド&ディズニーシーで使える電子マネー(ワゴン)東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®で使える電子マネー(ワゴン)

東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®で電子マネーが使えない場所

東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®では電子マネーが使えない場所もあります。

  • バルーンベンダー
  • 身につけグッズや光るグッズなどを販売している一部の商品ワゴン
  • 切手、ギフトカード、フードバウチャー(食事券)等

電子マネーが利用できない場所については、公式HPなどで確認し最新の情報を入手しておきましょう。

公式:電子マネーのパーク内利用について

さらに実際に行ってみてわかりましたが、東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®の駐車場やチケット購入にも電子マネーは使えませんでした。記事作成日時点では、駐車場やチケット購入に電子マネーが使えないとは公式HPにも記載されていませんでしたので、ちょっと意外でした。

ディズニーランド&ディズニーシーで使える電子マネー(駐車場)東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®で使える電子マネー(駐車場)

ただ、クレジットカード決済には対応していますので、電子マネーではなくクレジットカード決済を利用することができました。画像のレシートでもVISAでの支払いになっています。

東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®で電子マネーを利用すると?

ディズニーランド&ディズニーシーで使える電子マネー

東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®での支払いを電子マネーにすることで「各電子マネーの会社が提供しているポイント付与」が行われます。

例えば還元率1%の電子マネーをパーク内で50000円分利用すると500ポイントが付くことになります。

直接即時割引されるわけではありませんが、後日のポイント付与により割引と同じになります。

東京ディズニーランド®&東京ディズニーシー®で利用できる各電子マネーのポイント還元率を調べてみると以下のようになります。

QUICPay

QUICPayはクレジットカードと連携することで利用できる電子マネーです。

代表的なクレジットカードとして楽天カード、Kyashなどがあります。

楽天カードを利用すると還元率は1%、Kyashを利用すると0.5%~1%となります。

還元率は各クレジットカードによって異なりますので、利用しているクレジットカードの還元率を確認しましょう。

交通系ICカード

代表的な交通系ICカードとしてしてsuicaがありますが、suicaについては2019年10月からJREPOINTの付与サービスがスタートしています。

モバイルsuicaなどを利用してVIEWカードからチャージをすると還元率は1.5%

ディズニーリゾート®がJREPOINT加盟店であればさらに利用ポイントが2%貯まるのですが、残念ながら現在のところディズニーリゾート®はJREPOINT加盟店ではないようです。

iD

iDは基本的にはNTTドコモの電子マネーです。ただ、近年はイオン銀行やプリペイド型のソフトバンクカードやメルペイ、三井住友のデビットカードなどもiDに対応しています。

NTTドコモのdカードを利用してiDで支払うと、通常の還元率は1%です。

ただ、NTTドコモではiDでの支払いに対するキャンペーンを行っていることも多いので還元率が上昇している期間もあります。

※電子マネーの還元率については記事作成日時点の還元率を記載しています。最新の情報については各公式HPにてご確認ください。

わが家が利用した電子マネーは?

わが家も先日ディズニーランドに行ってきたのですが、わが家が利用した電子マネーは「iD」

わが家はドコモユーザーのため、ドコモのdカードのiDを利用しました。

ドコモのdカードのidのポイント還元率は通常1%ですが、現在ドコモでは「dポイントスーパー還元プログラム」を実施中で、最大7%還元となります。

わが家は7%還元まではいきませんが1%以上の還元率になっているので、わが家が行ったときは上記の電子マネー中では一番お得にポイントが貯まると判断しiDで支払いました。

ちなみに、ドコモのdカードは黙って店員さんに差し出すだけではiD払いにはなりません

「iDでお願いします」と必ず一声かけなければ「通常のクレジットカード払い」として処理されてしまいます

通常のクレジットカード払いになってしまうと、「dポイントスーパー還元プログラム」の対象外となり還元率1%に下がってしまいますので注意が必要です。

ディズニーランド®&ディズニーシー®で使える電子マネー(まとめ)


ディズニーランド®&ディズニーシー®で電子マネーを利用するだけで電子マネーのポイント還元が受けられます。

ただし、ポイント還元率は各電子マネーによってことなりますし、時期によっては、QUICPayに登録したクレジットカードのキャンペーンなどの方がお得など各社のキャンペーンの時期によって大きく左右されますので、最新の電子マネーのポイント還元率を調べて上手に利用しましょう!

なおディズニーリゾート®はクレジットカードではJCB系列。JCBのキャンペーンも合わせてチェックするとお得なキャンペーンが見つかることもありますよ!

関連記事

その他の電子マネーの使い方については、電子マネーの使い方からご覧いただけます。

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください