特別費

【特別費】先取りしていた特別費を実際に使った時は?

特別費

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

初めまして!
ブログ拝見させていただいて家計簿見直しました!

かなり分かりやすくさっそく年間予定もたてました。
そこで、分からないのが特別費年間予定についてです。

例えば、年間予定で美容室年間八万をボーナスから取り置きます。

実際に美容室に行くときはボーナスから取り置き貯金していたお金を使いますが、その際はどのように家計簿につけられますか?月の収入にボーナス分をプラスするのでしょうか?

分かりずらかったらすみません…

どうぞ、宜しくお願いします。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「とりわけした特別費を実際に使った時」についてですね。

特別費を使う時

例えば、年間予定で美容室年間八万をボーナスから取り置きます。
実際に美容室に行くときはボーナスから取り置き貯金していたお金を使いますが、その際はどのように家計簿につけられますか?

ということですが、
こちらには2つの方法があります。

1.ボーナスから取り置き→一時保管用の口座に入金する

2.ボーナスから取り置き→毎月の家計簿の特別費欄に美容室年間8万円と記入する

このどちらで対応するかによって方法が変わります。

1.ボーナスからの取り置き→一時保管用の口座に入金する

の場合は、

1.ボーナスが出たら8万円を1時保管用の口座に入金
2.口座間でお金の移動をするだけなので家計簿には何も書かない
3.実際に使った時に毎月の家計簿の特別費欄に記入する

で対応します。

2.ボーナスから取り置き→毎月の家計簿の特別費欄に美容室年間8万円と記入する

の場合は、

1.ボーナスが出たら8万円を封筒などに入れて保管
2.毎月の家計簿の特別費欄に「美容室年間8万円」などと記入し、支出としてつける
3.実際に美容室に行く時は、8万円が入っている封筒からお金を出して支払う
4.すでに支出として記入してあるので、使った時は家計簿には何も書かない
5.余ったお金やおつりはそのまま封筒に入れておく
6.最終的に余ったお金は、来年に繰り越したり、貯金箱に入れて家計の管理外にしたりする
7.端数298円が余ったという時は、年間の家計簿のその他収入欄に「戻り金298円」などと記入して、残高を調整し、家計に戻してもOK

で対応します。

私は、基本は上記1の方法ですが、
旅行代や家電買い替えなどは2の方法で行っています。

1の方法は、予算と実際の金額のズレに対応しやすいというメリットがあります。

2の方法は、予算内なら自由が利くので、思い切ってお金を使いやすいというメリットがあります。

質問者様は、
おそらく2の方法で対応していると思
いますので、
実際にお金を使った時には、
年間の家計簿にも毎月の家計簿にも何も記入する必要はありません

気になるようでしたら、
取り置きしている封筒などに「1月美容室4000円」などとメモしておきましょう。

ノートの空いているページにメモ欄を作成してもいいですね。

最後になりましたが、ブログをご覧いただき、特別費の予算にチャレンジくださりありがとうございます。

少しでもお役に立てたら嬉しいです!

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

お知らせ
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています!
家計のことで困ったことやちょっとした質問疑問などお気軽にどうぞ!
ご相談希望の方はこちらから⇒家計相談・家計診断のお問い合わせ
■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。
・お問い合わせ
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください