手取り年収400万円の家計

夫からの生活費は10万円~12万円。3人家族で厳しいです。

家計診断

読者の皆さんからの家計相談に家計簿&家計管理アドバイザーがお答えする無料家計相談&家計診断コーナー

今回の相談者様は、30代、20代のご夫婦でお子さんが一人。夫からの生活費は月10万円~12万円。お子さんが生まれ3人家族でやりくりが厳しいと感じているご様子です。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

●家族構成●
夫(33)妻(29)子(3ヶ月)

1、収入
夫 手取り年間399万円
児童手当 年間18万円
合計 年間417万円

2、銀行支出(出産前)
ガス代 平均月12000円
医療保険 月16000円
企業年金保険 月16000円 ボーナス月19000円
通信費23000円

あき計算補足 合計 6.7万円(他ボーナス3.8万円)

3、現金支出
食費 月4万円
夫朝昼代月2万円
日用品月15000円
教材費月3500円
水道  平均月5000円
電気代 平均月9000円
車維持代 平均11000円

あき計算補足 合計 10.3万円

財形貯蓄 月26000円。ボーナス月29000円 給料から天引き済み

(特別費予定)
・今年、4月末車検9万(小型車)
もしかしたら買い替えかも
・帰省代(広島〜大阪)年間135000円
・妻の友人結婚式参列 祝儀3万
・妻側の親族一周忌あり 1万

○困りごと
・妻が生活費を指定して、毎月生活費をもらう形(約10ー12万)で現金支出でやりくりしているが、交通費が毎月貯金から支払いまたは生活費から3ヶ月かけ捻出、厳しいです

・夫が自由に使っている小遣いがわからない
・子どもが生まれ、電気代など生活費がアップし、妥当な予算が知りたい
・年間貯蓄目標額80ー90万達成したい!
・子どものため貯蓄、住宅購入頭金を貯めたい!
・車代は夫の実家帰省のため、高速代含んでいます
毎月夫の実家に帰り、10000円ほど高速代がかかり、また妻の帰省先が遠距離のため、往復3人で38000円かかります(夫はこの節約に反対している)
・出張先の滞在費を月5000〜10000円予備においてます
・水道代 月7000円、電気12000円と上がりました
・医療保険は給料天引きで、月8000円近く払っているものもあるようです、積立式にしており、補償が被っているかもです。

収入支出が合わず、知らず知らずに貯金からおろしているかもしれません。
わかりにくい点あれば、教えてください

こんにちは。家計簿&家計管理アドバイザーのあきです。

ご相談者様は30代、20代のご夫婦、小さなお子さんがおひとりということですね。

現状の家計状況を見直しながら、家計の改善点について一緒に考えてみましょう。

年間収支の確認

具体的なご相談に入る前に、ご相談者様の年間収支を見てみましょう。

収入417万円
支出234.4万円

いただいた内容が支出の全てだった場合は、年間182.6万円の貯蓄が可能な家計です。
しかし、年間80万円から90万円の貯蓄を実現したいとお考えのようですから、実際にはこれだけの貯蓄はないと考えられます。

財形貯蓄 月26000円。ボーナス月29000円 給料から天引き済み

こちらがありますので、少なくとも31.2万円+5.8万円で年間37万円の貯蓄はあるようです。給料天引き済みとのことですので、年間収入は454万円のようです。

企業年金保険 月16000円 ボーナス月19000円

こちらも全額貯蓄とすると、年間23万円の貯蓄もあることになり、年間60万円の貯蓄はすでにあることになります。

現状では財形貯蓄と企業年金のみが貯蓄とすると、その他使途不明金が182.6万円(約月15万円)あるということになります。

家計を確認

次に、ご相談者様の毎月のやりくりに必要なお金を見てみましょう。

毎月の支出

銀行支出(出産前)

ガス代 平均月12000円
医療保険 月16000円
企業年金保険 月16000円 ボーナス月19000円
通信費23000円

あき計算補足 合計 6.7万円(他ボーナス3.8万円)

現金支出
食費 月4万円
夫朝昼代月2万円
日用品月15000円
教材費月3500円
水道  平均月5000円
電気代 平均月9000円
車維持代 平均11000円

あき計算補足 合計 10.3万円

毎月の生活に必要な基本的なお金は約17万円(年間204万円)となっています。

質問者様は月10万円~12万円を生活費としてご主人からもらっているということですので、おそらく上記の現金支出のやりくりを担当されているのではないかと考えらえます。

・水道代 月7000円、電気12000円と上がりました
・出張先の滞在費を月5000〜10000円予備においてます

こちらの情報から考えると、出産後、水道代と電気代がさらに上がり、さらに滞在費の予備を貯めている現在では月10万円でのやりくりはかなり厳しい状況になっていると推測されます。

特別費の支出

さらに、特別費の予算についても確認してみましょう。

(特別費予定)
・今年、4月末車検9万(小型車)
もしかしたら買い替えかも
・帰省代(広島〜大阪)年間135000円
・妻の友人結婚式参列 祝儀3万
・妻側の親族一周忌あり 1万

毎月の固定費や生活費以外の特別費としては年間26.5万円を想定されているご様子です。

こちらはおそらく予測される特別費で、実際の特別費についてはご主人が管理されていて、よく分からないというところかもしれません。

■参考:特別費とは?

【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ) 毎月あるわけではないけど、年間を通じて考えるとある支出を「特別費」と言います。 固定資産税、車検、自動車税など高額になりやすい特別費をわが家は年1回「特別費一覧表」を作成することで管理しています!...

家計の見直し

ご相談者様の家計では、以下の点の見直しをオススメします。

水道光熱費

ガス代 平均月12000円
水道  平均月5000円
電気代 平均月9000円

質問者様の家計では、水道光熱費が毎月約3万円と3人家族としては高いと言えます。
3人家族の水道光熱費は全国的に見ても2.3万円前後ですから、月5千円でも節約できると違います。

水道光熱費については、お住まいの地域によっては仕方がないという場合も多いのですが、今一度基本的な節約を検討してみましょう。

3人暮らしの水道光熱費の平均|節約主婦のリアルな電気ガス水道代公開!3人暮らしの水道光熱費の平均のまとめです。 統計調査の水道光熱費だけでなく、実際に3人暮らしであるご家庭の水道光熱費を「電気代」「ガス代」「水道代」別にまとめました。 わが家が3人暮らしだった時の水道光熱費についても紹介しています。...

保険

医療保険 月16000円
企業年金保険 月16000円 ボーナス月19000円
・医療保険は給料天引きで、月8000円近く払っているものもあるようです、

保険についても月4万円、ボーナス払いを入れると年間約52万円の支払いがあるようです。

一部は給料天引きのようですが、保険の支払いも収入に対して高めという特徴があります。

貯蓄型の保険もあるようですので貯蓄はできています。

しかし、毎月の家計のやりくりが苦しいと感じるのであれば、貯蓄ができても現金が貯まらないという家計になりやすい傾向があります。

家計管理
学資保険は本当に必要?学資保険で破綻!学資保険が払えない危険な家計子どもが産まれたら学資保険に加入したほうがいい?と気になる方も多いのではないでしょうか。 子どもの学費の準備として学資保険への加入...

通信費

通信費23000円

通信費についても、大人二人分と考えるとやや高めです。

別途WIFIの料金や受信料などが含まれている可能性もありますので、何を通信費として計上しているか今一度確認しましょう。

あきの家計簿
家計簿で「通信費」を作る時のつけ方の注意点日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。 ※その他免責事項をお読みください。 今回のご相談内容 は...

現金支出

食費 月4万円
夫朝昼代月2万円
日用品月15000円
教材費月3500円
水道  平均月5000円
電気代 平均月9000円
車維持代 平均11000円

生活費として月10万円~12万円をもらってやりくりしている部分が現金支出とすると、やりくりが少し厳しい状況と推測されます。

特に、お子さんが生まれ水道光熱費が上がっているということですので、毎月のやりくり費用から水道光熱費を支払うと食費などに使う費用が圧迫される可能性があります。

また、夫朝食代など一部ご主人の費用なども混在しており、何を食費として考えるかという点やご主人の小遣いと現金でのやりくりがうまく分別できていない印象も受けます。

家計管理
小遣いの範囲はどこまで?浪費を招く使い道や内訳に要注意!小遣いの範囲はそもそもどこまで? 小遣いの使い道や内訳は? 毎月決まった小遣いをもらっていると、どこまでを小遣いとして管理し...
食費・日用品節約術
食費とは?家計簿ではどこまでが食費か分け方を決めるのがコツ!食費といっても、家計簿ではどこまでを食費として扱えばいいのか迷うことはありませんか? 家計簿につける時は、外食もお総菜も食事に関わ...

使途不明金

使途不明金 月約15万円(年間182.6万円)

質問者様の家計で一番大きな見直しが必要となるのは、使途不明金です。

今回いただいた内容には家賃などが含まれていませんので、もしかしたら家賃などの支払いが別途ある可能性もありますが、こちらの支出の内訳を出すことができるだけ家計の改善が十分に見込める可能性があります。

全額旦那様の小遣いになっているということはないと思いますが、ご主人が別途やりくりで毎月使っている費用が月15万円ほどあるのではないかと推測できます。

奥様がすべての家計のやりくりをお引き受けになるのであれば、家計簿をつけるなどしてこの使途不明金の内訳を出すようにしましょう。

あきの家計簿
1日1行!簡単でズボラでも続く!なのに確実に貯まる!裏ワザ家計簿「つけるだけで貯められる家計簿」は、本当に存在します。 家計簿を10年以上つけてきて、長い間つけているのに貯められなかった経験があ...

夫から生活費をもらっている家計

質問者様の家計の状況としては、旦那様が毎月やりくりされている費用が大きな使途不明金となっているため、家計を改善することでどれだけ貯蓄を伸ばせるのかはっきり分かりません。

今後は、この使途不明金を出さないように奥様が家計の全てを管理するのか、このまま生活費をもらうことでやりくりを続けていくのか話し合ってみましょう。

ご主人から生活費をもらってやりくりするのであれば、食費や日用品といった最低限必要な費用として毎月7.5万円をもらうだけにとどめ、水道光熱費など毎月変動しやすい支出は旦那様にやりくりしてもらうという方法もよいでしょう。

おそらく月10万円~12万円という生活費があっても、水道光熱費など変動しやすい支出と食費や日用品といった支払いを混ぜてやりくりしようとするとやりくりがしにくくなる可能性があります。

貯蓄については、旦那様が今後もやりくりをされるのであれば、奥様は毎月の生活費のやりくりだけに集中し、貯蓄は旦那様にお任せしても良いでしょう。

現状では、旦那様がやりくりされている部分と、奥様がやりくりされている部分が混在していることで、家計管理に混乱が生じているものと考えられます。

いずれにせよ、お子さんがこれから大きくなると食費や日用費などの支出はさらに増えますので、現状と同じ支出を負担するのであれば月10万円~12万円でやりくりするのは徐々に不可能になっていくことが予測されます。

家計管理
夫から生活費をもらっている家計の注意点!夫から生活費をもらっている家計の管理方法はどうすればいいの? お金が足りなくなって追加でもらってしまうけど、夫からいくら生活費をもらえ...

今後の家計はどうなる?

質問者様の家計は、お子さんが小さい今は貯め期と言われる時期です。

上記の点の見直しを進めることで貯蓄を伸ばすことも充分可能な家計であると推測されますが、旦那様の協力がなければ進みません。

今後どのように家計を管理していくのがご家族にとって最もベストな方法なのかを考えながら今後の家計管理の在り方を検討してみてはいかがでしょうか。

家計管理
夫から生活費をもらっている家計の注意点!夫から生活費をもらっている家計の管理方法はどうすればいいの? お金が足りなくなって追加でもらってしまうけど、夫からいくら生活費をもらえ...
関連記事

その他、同じくらいの年収の方の家計簿は手取り年収400万円台の家計カテゴリーからご覧いただけます。

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください