手取り年収600万円以上の家計

年間150万円以上貯金の家計簿!双子で小学生の子供がいます。

家計診断

読者の皆さんからの家計相談に家計簿&家計管理アドバイザーがお答えする無料家計相談&家計診断コーナー

今回の相談者様は、30代のご夫婦で双子のお子さんがいらっしゃいます。ご夫婦の手取り年収は932万円。すでに年間150万円以上の貯蓄をされていますが、家計に対する客観的な意見が聞きたいとご相談いただきました。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

あきさんはじめまして。

一年近く前にこちらのサイトに出会い、以後は全相談に目を通すほど熟読させていただきました。笑。

この度は、自分たちの家計を第三者の方に見ていただいたらどのような感想をいただけるのか、客観的なご意見をいただきたくメッセージを送らせていただきました。

お忙しいところとは重々承知していますが、ご意見頂戴できましたら嬉しいです。

●家族構成●
夫(32)、妻(34)、子(小1)、子(小1)

1、手取り収入
夫 年間880万円
妻 無し
児童手当 年間12万円
住宅ローン減税40万円

合計 年間932万円

2、銀行支出
住宅費(ローン、管理費、修繕積立) 年間220万円(月16.5万円+ボーナス年間20万円)
電気代 年間7.5万円(月6千円)
ガス代 年間5万円(月4万円)
水道代 年間4万円(隔月6千500円)
通信費(スマホ2台、Wi-Fi) 年間12万円(月1万円)
生命保険料 年間9.6万円(月8千円)
教育費 年間58.2万円(月4万8千500円)

合計 316.3万円

3、現金支出
食費 年間60万円(月5万円)
日用品、医療費 年間12万円(月1万円)
美容院 年間12万円(月1万円)
夫小遣い(昼食、飲み会、ジムなど) 年間63万円(月4万円+ボーナス15万円)
妻小遣い 年間27万円(月1万円+ボーナス15万円)
娯楽費 年間36万円(月3万円)

合計 210万円

4、特別費
固定資産税 15万円
ふるさと納税 23万円
旅行費 80万円
学資保険(年払い残り3年) 50万円
年金保険 23万円
被服費(コンタクトレンズ込み) 45万円

合計 236万円

以上支出合計 762.3万円

5、昨年の貯蓄実績
昨年は年間で180万円ほど貯蓄が出来ています。
貯蓄には学資保険、年金保険を含みます。
※よって使途不明金は60万円ほど。使途不明金には上に計上していない交通費、双子の学校関連で支払ったもの、家族の突発的な習い事などがあると思われます。

こんにちは。家計簿&家計管理アドバイザーのあきです。

ご相談者様は30代のご夫婦、双子のお子さんがいらっしゃるということですね。

現状の家計状況を見直しながら、家計の現状について一緒に考えてみましょう。

年間収支の確認

具体的なご相談に入る前に、ご相談者様の年間収支を見てみましょう。

収入932万円
支出762.3万円

収支は年間約169.7万円の黒字の予定ということですね。

学資保険(年払い残り3年) 50万円
年金保険 23万円

貯蓄型の保険がありますので、年間73万円はさらに貯蓄ができていると考えると、年間貯蓄額は242.7万円になります。

使途不明金は60万円ほど。使途不明金には上に計上していない交通費、双子の学校関連で支払ったもの、家族の突発的な習い事などがあると思われます。

こちらの記載がありますので、実際には使途不明金を入れて年間182.7万円前後の貯蓄ができていると推測されます。

家計を確認

次に、ご相談者様の毎月のやりくりに必要なお金を見てみましょう。

毎月の支出

住宅費(ローン、管理費、修繕積立) 年間220万円(月16.5万円+ボーナス年間20万円)
電気代 年間7.5万円(月6千円)
ガス代 年間5万円(月4万円)
水道代 年間4万円(隔月6千500円)
通信費(スマホ2台、Wi-Fi) 年間12万円(月1万円)
生命保険料 年間9.6万円(月8千円)
教育費 年間58.2万円(月4万8千500円)
合計 316.3万円

食費 年間60万円(月5万円)
日用品、医療費 年間12万円(月1万円)
美容院 年間12万円(月1万円)
夫小遣い(昼食、飲み会、ジムなど) 年間63万円(月4万円+ボーナス15万円)
妻小遣い 年間27万円(月1万円+ボーナス15万円)
娯楽費 年間36万円(月3万円)
合計 210万円

合計 526.3万円

毎月の生活に必要な基本的なお金は約43.8万円となっていますが、住宅ローンのボーナス払いや小遣いのボーナス時の上乗せがあります。

ボーナス払いを外して考えると毎月必要な基本的なお金は約39.6万円となります。

ご相談者様の月収は分かりませんが、手取り年収から考えるとおそらく月収40万円以上はあるものと考えられますので、毎月黒字の状況と推測されます。

特別費の支出

さらに、特別費の予算についても確認してみましょう。

固定資産税 15万円
ふるさと納税 23万円
旅行費 80万円
学資保険(年払い残り3年) 50万円
年金保険 23万円
被服費(コンタクトレンズ込み) 45万円

合計 236万円

毎月の固定費や生活費以外の特別費としては年間236万円を想定されているご様子です。

学資保険や年金保険など貯蓄性のある保険も支出として計上していますのでやや高額になりますが、貯蓄分を引くと年間163万円ほどとなります。旅行や衣服費にもしっかりと費用を割いており、非常に潤沢な家計であることが分かります。

■参考:特別費とは?

【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ) 毎月あるわけではないけど、年間を通じて考えるとある支出を「特別費」と言います。 固定資産税、車検、自動車税など高額になりやすい特別費をわが家は年1回「特別費一覧表」を作成することで管理しています!...

家計の見直し

ご相談者様の家計では、以下の点の見直しをオススメします。

住宅ローン

住宅費(ローン、管理費、修繕積立) 年間220万円(月16.5万円+ボーナス年間20万円)

質問者様の家計は、住宅ローンの負担が非常に重いという特徴があります。

現状では収入が高いので住宅ローンが高額であっても支払いに困ることはありません。

しかし、これからお子さんの教育費が徐々に上昇すると見込まれること、家計をささえているのがご主人の収入だけであり万が一減収となった場合を考えるとリスクが高いと見込まれることから、これだけの住宅ローンを抱えていることが将来的に大きな負担になる可能性があります。

家計にゆとりのある今のうちにボーナス払いの分だけでも早期に繰り上げ返済を行うことを検討してみてはいかがでしょうか。

家計管理
住宅ローンの繰り上げ返済!返済額を減らす返し方は?当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...

その他の家計で大きく気になるところは特にありません。

小遣い、娯楽費、特別費、使途不明金と娯楽費にかける支出が多めではありますが、一定の貯蓄をしたうえで現状の家計状況ならこれだけの娯楽費用があっても全く問題ありません。

高収入であっても娯楽費用が多すぎることで貯蓄ができない場合は問題になります。

家計診断
「お金が貯まらない生活習慣」とは?高所得でも貯まらない!のはこれが原因だった?贅沢しているつもりはないのになぜかお金が貯まらない。 その原因は「日々のほんのちょっとの習慣の差」の影響かもしれません。 収入は...

今後の家計はどうなる?

質問者様の家計は、現状の家計についてはゆとりもあり貯蓄のしやすい家計です。

ただし、現状ではお子さんがお二人とも小学生で貯め期であること、ご主人のお給料が高いことなどが要因として挙げられます。

収入が高い方は、お子さんの教育にも熱心になりやすい傾向があります。

中学受験や高校受験に向けて塾通いなどがはじまると、とたんに貯蓄ができなくなる可能性があります。

お子さんが将来どのような進路に進まれるかによってかかる費用は異なりますので、将来的な家計の設計を随時行いましょう。

貯金術
子ども1人育てるのにいくらお金がかかる?子育て費用の総額を調査しました!子どもを一人育てるのにいったいいくらかかるの? これから子どもが育っていくと家計は将来どのように変わっていくの? わが子はか...
関連記事

その他、同じくらいの年収の方の家計簿は手取り年収600万円台以上の家計カテゴリーからご覧いただけます。

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

POSTED COMMENT

  1. K より:

    あきさま
    この度は丁寧な回答をありがとうございました。
    自覚はあるものの、やはり住居費が重たいですよね。。
    改善課題として改めて認識できましたので、今後の家計設計に取り入れていきたいと思います。
    最後に、世間はコロナでまだまだ落ち着きませんが(そして家計も緊急事態モードですが涙)、あきさんもご家族もお身体ご自愛ください。今後もあきさんのご活躍楽しみにしています!

    • あき より:

      Kさんコメントありがとうございます。
      Kさんの家計は貯蓄のしやすい家計ですから、収入減となった時のリスク分散さえできればほぼ完璧です。
      Kさんご一家様もお体にお気をつけてお過ごしくださいね。
      またのご相談楽しみにお待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください