ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収400万円の家計

【家計診断】年間71万円の貯金が可能だと思います。

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

はじめまして。
ブログ、書籍ともに拝見いたしました。

2年ほど家計簿をつけてきて年間の大きな支出(固定資産税や車検など)を把握し慌てずに支払いができるようにお金の確保するようにしています。

今までは医療費や美容費などの予算を細かく確保し、食費などにしわ寄せがいかないようにしてきましたが、全体としていくら余裕があるのか把握するのが大変なこと、また日々の生活費は必ず赤字となり予備費から補てんしています。

貯蓄額も多くなく、また、現在育休中で生活に充てられるお金が少なくなり予備費の確保が難しいので、この機会に見直したいと思っています。

家計診断の程、よろしくお願いいたします。

●家族構成●
夫(34)、妻(35)、子(4)、子(0)

※今年度の予定です。
1、収入
夫 年間290万円
妻 年間78万円
手当 年間54万円
その他 年間13万円

合計 年間435万円

2、銀行支出
住宅ローン 年間74万円(月6.1万円)
車ローン 年間18万円(月1.5万円)
車保険 年間9万円(月7千円)
医療保険 年間4万円(月2千円)
生命保険 年間8万円(月6千円)
解約返戻金型保険 年間26万円(月2万円)
保育料 年間40万円(月3万円)
電気代 年間21万円(月1.8万円)
水道代 年間8万円(月6千円)
通信費 年間18万円(月1.5万円)
新聞ほか 年間6万円(月5千円)

合計232万円

(特別費予定)
固定資産税 8.5万円
車税 6.5万円
車検 18万円
タイヤ 9万円
団信、地震保険 3.5万円
町民税 6万円
町内会費他 7千円
NHK 2.5万円

合計54.7万円

3、現金支出
食費 年間54万円(月4.5万円)
日用品 年間18万円(月1.5万円)
夫小遣い 年間24万円(月2万円)
娯楽費 年間18万円(月1.5万円)
特別費(上記以外) 年間40万円

合計 154万円

(昨年度貯金実績)
生活費 5.3万円
教育費 13.2万円

(今年度貯金予定)
生活費 14.6万円(上記収入以外から)
教育費 30万円(上記収入以外から)

(昨年度貯蓄実績)
生活費 8.6万円
教育費 13.2万円

年間で赤字にならないように予算を立てましたが、貯蓄に回せる分がない、医療費積み立て(つもり)を確保できていないこと(できれば確保したいです)、現金支出の予算が正直厳しい(月5千~1万円ほど赤字になりそうです)のが悩みです。

よろしくお願いいたします。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

質問者様の家計状況ですが、

ここまでしっかり家計状況をまとめられているのは、とてもすごいと思います。

家計簿をしっかりつけ、今までも管理されてきたということがよく分かります。

また、支出自体も、節約し大きくはみ出さないように気をつけていることがよく分かります。

全体的に、頑張っている、という印象を受けます。

2.車に関する費用について

質問者様の家計で、一番気になるのは、車に関する支出です。

家計の中で車に関する支出が突出しています。

車税 6.5万円
車検 18万円
タイヤ 9万円
車ローン 年間18万円(月1.5万円)
車保険 年間9万円(月7千円)

年間60万5千円

です。

車税が高いことから、二台、もしくは排気量の大きな車をおもちなのかな?と推測いたします。

もしも、大きな車をお持ちなのでしたら、
次回の買い替えではもう少し小さな車にした方が、今の家計には優しい車といえます。

また、車の保険や、タイヤはこの値段でなければいけないものでしょうか?

わが家は、車の保険は年間で4万円も払っていないので、もう少し安い保険を探してみてもいいと思います。

タイヤも必須でないなら外しましょう。

車検代も、2台にしては安すぎるし、1台にしては予算として高すぎると感じます。

車が1台ならば

私だったら・・

車検 13万円
タイヤ 0万円
車保険 年間4万円

くらいでなんとかなるようにします。

これだけでも、年間で19万円の節約になります。

3.新聞ほかについて

新聞ほか 年間6万円(月5千円)

こちらの支出も、余裕があるならかまいませんが、余裕がないのであれば、思い切ってやめましょう。

車と合わせて年間で25万円節約できます。

4.特別費について

特別費(上記以外) 年間40万円

こちらの特別費の内訳が分かりません。

現金で特別費を年間40万円確保できれば、決して少ない方ではないので、ここに何が入っているのか?今一度確認してみて下さい。

4.生命保険

生命保険も収入にたいしてやや高めという印象です。

解約返戻金型保険 年間26万円(月2万円)
医療保険 年間4万円(月2千円)
生命保険 年間8万円(月6千円)

年間38万円

保証は手厚いと思いますが、将来のための備え、もしものための備えのために、今の生活のゆとりを犠牲にしている印象です。

解約返戻金付きの保険は解約するのはもったいないので、そのままでいいと思いますが、医療保険、生命保険については、本当にそれだけの保障がないと心配なのか?今一度ふりかえってみて下さい。

将来のための保障を優先し、今は我慢をし続ける生活の方が自分の理想というのであれば、それはそれでかまいません。

ちなみにわが家は、年間で22万円しか保険にはかけていません。

全額解約返戻金付きの保険で、医療保険には加入していません。

でも、その分、

自前医療保険で積み立てをしていること、
夫に万が一の場合も、現在は両親が健在のため、同居をすれば両親または自分の自宅を売却することである程度の資金を準備できること、

など将来自分が準備できることを事前に検討しているので、
それほど大きな不安はありません。

不安ばかりが先行してしまうと、いくら準備していても「まだ足りない」「まだ心配」になってしまうので、ほどほどで手を打つのもひとつの策です。

5.全体的にもう少しずつ削れる

おそらく予算という事で、少し多めに見積もっているのだと思いますが、

日用品 年間18万円(月1.5万円)
水道代 年間8万円(月6千円)
通信費 年間18万円(月1.5万円)

年間44万円

この3つの支出ももう少し全体的に一回り小さく出来ると思います。
電気代も、、と思いますが、ここはあえて電気代はそのままとします。

わが家の場合は、5人家族で

日用品 年間12万円
水道代 年間5万5千円
通信費 年間16万円(3台分)

年間33万5千円

なので、この3つを少しずつ絞るだけでも、年間約10万円ほど節約できます。

水道代は、これでもわが家はかなり上がった方で、

家族が4人で、小さい子しかいなかった時は、年間4万5千円くらいでした。

質問者様はまだお子さんも小さいですし、4人家族ですから、もう少し削ることは不可能ではないと思います。

ここまでで、車と合わせて年間35万円の節約ができます。

もしも、格安スマホにすることができれば、年間40万円ほど節約できるでしょう。
(私も、ドコモ歴15年以上なので、ドコモ愛が強く、携帯を格安スマホにすることができていないので、強くお勧めするわけではありません。)

6.全体的に支払いが多め

車のローン、車の支出、生命保険、税金・・と
毎月支払わなくてはいけない支出が、収入にたいして多めです。

ただし、特別費を多少しっかりめに確保されているので、多少のレジャーは確保できているのではないかと思います。

また、生命保険にしっかり加入されるなど、家族のために頑張ってなんとかしたいという気持ちのある方なのではないかな?と感じます。

ただ、ちょっと理想を追いすぎているという気もいたします。

次回は、車は現金一括で購入したいものです。

支払い多めだな~
ゆとりが少な目だな~

と感じる家計の方には

必ずといっていいほど、

車のローン

または

奨学金の返済

があります。

ねばならない支出は、ローンを組む前に回避できるようにもっていかないと、のちのち自分が苦労することになります。

7.もしも私だったら・・

収入 年間435万円

住宅ローン 年間74万円
車ローン 年間18万円
車保険 年間4万円
生命保険 年間8万円(医療保険とこみで)
解約返戻金型保険 年間26万円(月2万円)
保育料 年間40万円(月3万円)
電気代 年間21万円(月1.8万円)
水道代 年間6万円(月6千円)
通信費 年間15万円(月1.5万円)
新聞ほか 年間0万円(月5千円)

合計232万円→212万円

(特別費予定)
固定資産税 8.5万円
車税 6.5万円
車検 13万円
タイヤ 0万円
団信、地震保険 3.5万円
町民税 6万円
町内会費他 7千円
NHK 2.5万円

合計54.7万円→41万円

3、現金支出
食費 年間60万円(月5万円)
日用品 年間12万円(月1万円)
夫小遣い 年間24万円(月2万円)
娯楽費 年間24万円(月2万円)
特別費(上記以外) 年間40万円

合計154万円→160万円

支出合計 441万円→413万円

貯金 年間 6万円の赤字→22万円の黒字

くらいで手をうつかな?と思います。

格安スマホにすることができれば、年間27万円の黒字となります。

生活費 14.6万円(上記収入以外から)
教育費 30万円(上記収入以外から)

と記載がありますので、おそらく家計の収入にいれていない収入があるのかな?と感じます。
こちらの資金を加算すれば、年間66万円~71万6千円の黒字となります。

(最近は、家計診断をする際に、あえて一部の収入を入れない方が多いです。収入をあえて少なく見積もったり、支出をあえて大きく見せたりすると、正確なまた少しでもお役に立てる診断ができない場合が多いです。質問者様のように、この収入を入れていません!など、なるべく正直に書いていただけると参考になります)

毎月の予算が厳しく、月5千円~1万円の赤字が出るという事ですので、食費と娯楽費の予算は上げさせていただきました。

これだけの黒字があれば、やりたいとおっしゃっている自前医療保険も十分に可能かと思います。

お子さんがもう少し大きくなり、収入自体を増やすことができるようになれば、さらに家計は見違えるように変わっていくでしょう。

私が考えた予算は、詳細がよく分からないまま自分なりの解釈でしていますので、多少の誤差や、ここは無理というところもあると思います。

あくまで参考までに^^

最後になりましたが、

ブログのご高覧&書籍のご購入ありがとうございます^^

質問者様の家計がよりよいものになりますように、陰ながら応援しています!

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください